FC2ブログ

旅立ち

今朝、マメがとうとう旅立ちました。
17歳と、一か月にあとちょっと。アズキには敵わなかったけれど、それでも充分長生きしてくれました。

小さい時から死ぬ間際まで、本当に手のかかる子でしたが、私たちが寝ている間に静かに逝ってくれました。

先週月曜に義父が緊急入院して、昨夜も誤嚥したということでばたばたの一週間。
昨日も、もし義父が危篤になったときにマメが逝ってしまったらどうしよう?と話し合っていたばかり。
そんな空気を読んでくれたのかなぁ?なんて思ったりします。

今は悲しみより、安らかな顔で旅立ったことにほっとする気持ちの方が大きいです。
今後次第にペットロスの悲しみに襲われることでしょうけれど。




休載してからずっと、マメが旅立ったらこのブログをやめようと考えていました。
6年ちょっと、ですかね。こちらももう充分かなぁと。
これからはラジオ番組なんかに投稿してみようかな?なんて考えています。


これまでお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



年寄りに振り回された’16夏。そして休載継続します。

気がつけば、8月もあと3日なんですねぇ・・・

バイト期間中とあって、ブログをお休みしていましたが、今月は先月末に引き続いて年寄りに振り回された1か月になりました。
先月は義母が突然発熱しましたが、今月はお盆のころに義父が突然発熱。tたら救急車かなぁ・・・などと一時は危惧しました。

人間の年寄りのほうはまぁなんとか持ちこたえたわけですが、毎晩悩まされ続けているのが老犬マメ。

昼間はそれほどでもないのですが、一番鳴いてほしくない夜中や早朝に大声で鳴くことが多く、そのたびに相方や私、そしてRINGOが飛んで行くという状態。

これでは安心してログへ行くこともままなりません。

先週末も今週末も家にいて、ブログを書こうと思えば書けないことはなかったのですが、これら年寄り関連のあれこれで精神的に参ってしまって、とても書く気になりませんでした。
バイトに行くことが息抜きになっているという、かなり困った状態。今もかなり文章を絞り出すようにして書いています。

そんなわけで、もうしばらくブログをお休みしようと思います。
書くことといったら愚痴にしかならないような気がしますし・・・

台風が近づいていますし、あちこちで大雨の心配も。
皆様もお気をつけてお過ごしください。

本のなかからおいしいものを

義母は昨日から平熱に戻りました。
熱が下がった途端、義父に対する世話焼きがまた激しくて、それに義父が反発するので蝉のようにうるさい(苦笑)。

そんなふうに一見元気回復に見える義母なのだけれど、一昨日の肝機能検査の結果はあまり芳しいものではありませんでした。
昨日は超音波検査をして、多分胆石が詰まっているんじゃないかなぁという見立て。
一昨年それで入院したので、明日また診察に行って、中核病院へ回されるかどうか決まります。
入院はともかくとして、明日の午前中はバイトには到底行けそうにありません。皆に迷惑がかかるなぁ・・・

ここ数日ぱっとしない話ばかりだったので、今日は話題を変えましょう。

毎日の献立を考えるのは主婦にとってはとても苦痛なもの。
栄養面や経済面、夏場は特に衛生面にも気を遣わなくてはいけませんしね。
我が家ではそれに加えて、義父が出来るだけ食べやすいもの、という問題も加わりますのでよりやっかい。
冬は煮る料理が多くなるので、当然軟らかめのものが多くなるわけであまり悩まないのですが、夏場は野菜も生でしゃきっと食べたいじゃないですか。そのあたりの兼ね合いが難しい。

おまけに今年は畑でキャベツがよく出来たので、それを「処理」しなくてはいけなくて。
夏場のキャベツは冬のそれと違って、少々ごわごわして固めなのですよね。加熱しても今ひとつ、冬のキャベツに比べるととろけるような軟らかさやうまみに欠けるし。
今回ログでほぼ最後のキャベツの収穫をしましたが、どうしましょうねぇ、こんなに・・・
知り合いやご近所にももちろんもらっていただくのだけれど、それでも結構な量が残ります。

さて、ここで出てくるのが、朝ドラで放送中の「とと姉ちゃん」のモデルになった大橋鎭子さんが編著した「すてきなあなたに」。
雑誌「暮しの手帖」のなかにあるコーナーの文を月ごとの章に分け、本にまとめたもので、今私の手元にあるのは2、3、5、6巻。
6巻は大橋さんが亡くなられたことを知って、購入を決めました。
今どき珍しい上製本。ハードカバーに紙のケースがついているというもので、当然重く、寝る前に読むには少々つらいものがあって、買ったもののなかなか読めずにいました。
この前、ログの空き時間に読むのにちょうどいいと思い、持って行って読みかけのままだった5月から8月まで読みました。
話のなかでよく出てくるのが食べもの。
そのなかにちょうど、キャベツを使ったおいしいものについての文章が載っていて、これは帰ってから作らなくちゃ!と、ログへ置き去りにする予定だったその第6巻を持ち帰って、早速作ってみたのが「コーティングサラダ」。
これはキャベツにニンジンなど好きな野菜を刻んで軽く塩をしてしばらくおき、水けをぎゅっと絞ってからオイルをかけて和える、というもの。
作って食べてみると、コクのある浅漬け、という感じ。多少日持ちもするというところも気に入りました。

これを食べていて思い出したのが、以前駅前にあった市場のなかにあった総菜屋さんで売っていた「スタミナ漬け」。
どうしてスタミナなんてつけたのかよくわかりませんが、味は同じようなもので、違うのは確か茹でたゲソ(やわらかいもの)も少し入っていたところ。最後に食べたのはずいぶん前になってしまうので、あまり確かではありませんが。
そのお総菜屋さんは家族経営で、サラダなどもとても味がよくて繁盛していましたが、他の店舗がどんどん辞めていってさびれ、その総菜屋さんもやめ、やがて市場全体店じまいとなりました。
その市場で利用していたのは、総菜屋さんと八百屋、魚屋、そして肉屋さん。
野菜や肉、魚はまぁどこでも手に入りますが、そこで作って売っていたもの、サラダとか揚げものだとか、そういうものは同じ味にはもう出会えないのだなぁと思うと、とても残念な気がします。

話が飛んでしまいましたが、もうひとつ、第6巻に載っていて作ってみたいと思ったのが、東京にあるケルンという名前のレストランで出されたコールスロー。
作り方も載っていて、読んでいたらキャベツの切り方に工夫があるのでした。
この切り方はどこかで見たような・・・と思ったら、記憶が間違いなければ、日本橋のたいめいけんで出される、こちらも初代からの名物であるコールスロー。この作り方を当代だったか先代だったかがテレビでやっていて、そのとき見た切り方と同じような気がするのです。
出来上がったものを見ただけではわからないのでしょうけど、ちゃんと陰で工夫されているんですね。

そして、これは「すてきなあなたに」とはまるで関係ありませんが、畑で作っていたトウモロコシが、ハクビシンの被害に遭いつつもなんとか少し収穫出来ました。
生で齧っても甘~い♡
上手なゆで方を検索していたら、冨田ただすけさんの「白ごはん.com」で、トウモロコシご飯というのを見つけました。
生のトウモロコシを塩を入れてお米と一緒に炊き込む。ただそれだけのシンプルうまいご飯。
昨日炊いてみて、ここにコンビーフをほぐして混ぜ込んだら、きっと合う!と勝手に思いつきました。近いうちに試してみたいと思います。

朝ドラを観ていて、暮しの手帖を懐かしく思い出していたら、先日発売の号に第一号のよりぬき復刻版が付録でついている、と知って思わず買ってしまいました。図書カードが残っていてラッキー♪
久しぶりに手にしましたが、私はこれまで一度しか暮しの手帖を読んだことがありません。しかも買ったのではなく、図書館かどこかで読んだだけ。
かなり前なのですが、おそらく花森さんは亡くなられたあとだったと思うけれど、まだまだ花森さんがいらした頃の雰囲気を漂わせた誌面ではありました。
その頃のことを思うと、編集長も代わって雰囲気はずいぶん垢ぬけた感じになっていましたね。
前編集長の松浦弥太郎さんが就任されたときは、それまでの誌面とずいぶん変わってしまって賛否両論だったようですが、今はどうなのでしょう。
私は今回買ったものは、それなりに面白く読ませていただきました。
なんといっても、読むところが多い=文章が多い!
それも、どれを読んでも結構面白いので流し読み出来ない=疲れる(苦笑)。
隔月刊なので、ゆっくり楽しませていただこうと思っております。

さて、明日から8月。
行けるかなぁ、バイト・・・・・・

タイミング的にまずい、ってどこかの政治家も言っていたけど

明後日からバイトが始まる、というのに、昨日義母が発火=発熱しました。
このところどうも顔色が、と思っていましたが、昨日は朝なかなか起きられず、デイサービスにはなんとか行ったものの、お昼を食べた(こちらもいつもより少なめ)あとずーーーーーっと寝ていて、さすがにこれは怪しいと検温したら38.2度。おー、これはなかなかご立派な数値(苦笑)。
夜の診察に連れて行き、採血をしたあと点滴を受けて帰宅。採血のとき簡易検査で炎症が起きているのが判ったため、点滴に抗生剤が入れられました。
帰宅後はずっと寝たまま。
途中起こして薬だけでも、と思ったけれどとても無理と判断。気になりつつもそのまま寝て、今朝は熱もほぼ平熱になっていました。汗をぐっしょりかいたのがよかったようです。
採血の結果のこともあるし、今日も点滴をしたほうがいいということなので、このあとまた連れて行く予定です。なんとか今日明日のうちによくなってもらいたいですね。
今も義父に世話を焼いて、それに義父が反発するというやりとりが聞こえてきました。ということはそれだけよくなりつつある、ということと思いたいですね。少々やかましいですが(笑)。

元々8月はバイトなので、ブログは基本お休みにしたいと思っております。明日はなんとか更新したいとは思っていますけどね。

ログのプチ鬱

最近ログへ行ってもあまり写真を撮らなくなっていることに気づきました。今回も全く撮っていません。
それだけ「日常」に近くなったということかもしれませんが、気持ちや体が疲れているのかもしれないな、とも感じています。
今回も私はそれほど農作業を手伝っていませんが、重い野菜の積み下ろしや帰宅してからバタバタと片づけや洗濯をしたりで、今朝はかなりの疲労感。
相方など、普段も外で仕事をしているのに、何を好んで日陰もない畑で暑い中頑張っちゃうのか(苦笑)。
おかげでこのところずっと頭が痛いという、熱中症状態が慢性化しています。

もう少し、楽にならないものでしょうかねぇ・・・・・・

彼の場合、自分をいじめて快感を得ているようなマゾ的な感じがしないでもないんだけれど(笑)、そばでそんな様子を見ている私はかなり苦痛です。
かといって、私としても精一杯手伝っているつもりなので、これ以上はもう無理無理~!だし。

と、愚痴とぼやきから始めてしまいましたが、今回はジャガイモとキャベツの最後の収穫とネギの定植がメイン。
今年いつもと違うのは、ジャガイモの地上部がなかなか枯れないこと。いつもならもうすっかり枯れてしまっているはずなのに、まだ青々としているのもあったりして。さすがに虫に食われて葉はボロボロなのが多いですが。
種イモを手に入れるのが遅くて、久しぶりに植えた男爵は種イモ自体が小さかったせいか、出来た芋も小さくてかなり残念。
キャベツもモンシロチョウのレストラン兼ゆりかごで、虫喰いが多いです。名古屋と違ってナメクジはほとんどいませんが(というか見たことがない)代わりにゲジゲジがいて、収穫したキャベツの下からもぞもぞと出てきます。
昨日の帰り際には、プチログの南の軒先にアシナガバチの巣を発見。結構大きくなっていました。
飾り板があってパッと見には全く気づかない場所。
虫の苦手なひとには、田舎暮らしは無理でしょうね。という私も決して得意じゃありませんが。

このところ日帰り温泉にも出かけず、ログのお風呂で済ませています。
そのお風呂タイムを少しでも楽しくするために、最近入浴剤を使うようになりました。
ログの風呂は追いだき出来ないので、かえって風呂釜に影響がなくていい。
でも田舎なので、残念ながら近くの店にはあまり種類がありません。
大きな容器入りのものを買っても、なかなか減らずに固まってしまいそうなので、分封タイプのものを通販で探してみました。
こちらは逆に種類がありすぎて困る(笑)。
そんななかで2種類選んでみましたが、名古屋の風呂にはこういうものを入れなくなったので、ログでのお風呂タイムがちょっと楽しくなりましたね。

ログ行きが少々「義務化」しつつあります。
ご近所さんであるAさんのログから、サックスを練習する音が聞こえてくるたび、いいなぁと羨ましがる私。
サックスが弾けるということも羨ましいけれど、そういう趣味の時間をログで楽しめるというところがより羨ましい。
楽しみはあてがってもらうものじゃなく自分で探すもの、と解っちゃいるけれど、なかなかそういかないところが残念です。
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード