FC2ブログ

ききわけのない年寄り

昨日一昨日はログへ行ってきましたが、今回も二日目が雨になってしまいました。
そのため、お昼前にログを出発して瀬戸の義弟の店に寄り、まあまあ育ったキャベツを置いてもらいました。虫喰いもありますが、それだけおいしい?(苦笑)
なにしろキャベツ畑の上にはモンシロチョウがたくさん乱舞していましたのでね。

そのログでの夜、一昨日になりますが、まず相方の携帯のLINEのお知らせ音が鳴り、その後私のスマホ(修理中のため代替機)にRINGOからメールが届きました。
その日彼は夕方からバイトでちょうど帰ったくらいの時間(午後10時過ぎ)だったのだけれど、LINEには動画が貼ってあり、観ると、居間の畳の上に敷いた敷きパッド(まだ先月買ったばかり)の一部に濡れたところがあり、その一部青くなっていて、カメラはその後四つん這いになって進んでいく義母の後ろ姿をとらえていました。
これはおかしい、とRINGOに電話。
おしっこを漏らしたかと最初は思ったのですが、そうではなくどうやら吐いたようです。
RINGOも不在でその場にいなかったし、年寄りふたりの言うことはあまり(と言うより全く)あてにならないので、本当のところはよくわかりませんが、夕方マメの散歩から戻ってから調子が悪くなったようです。

実は数日前から彼女の顔色がちょっとよくないような気がしていたので、また去年のような胆のう炎という可能性もあるかも、と思ったものの、ログにいてはどうにもできず。
もし様子が急変したりしたら躊躇わずに救急車を呼んで、と彼には伝えて、姉HEICOに電話をし事の次第を伝えました。
彼女もその日は仕事があってしかも遅番で帰ったばかり。申し訳ないなと思いつつ、何かあったら弟を手伝ってもらうように頼んでその晩は落ちつかないまま就寝。

一夜明けて、RINGOも早めに起きてくれていて、一応落ち着いているということでひとまず安心はしたのですが、今も昼寝している義母の足の裏がなんとな~く黄色みを帯びているように見えなくもない、ような・・・疑心暗鬼かもしれませんけどね。
念のために肝機能の検査を受けた方がいいかもしれません。

今日は今日で、ケアマネージャーが来月のケアプランを持って我が家を訪問したのですが、もうずっと行きたくない病を発症している義父は「もう行かない」の一点張り。
まぁ私が行きたくないのなら、ケアマネに直接言って、と言いはしたんですけどね。
他人相手だからもう少し遠慮するかと思ったら、まさかの「拒否の壁」。
その前にもいろいろあって、今日の私は朝からキレまくりで、精神状態が非常によろしくありません。
慰めと言えば、スマホが修理から戻って、なんとか元の設定に戻せたこと、くらいでしょうか。

スマホの設定は済みましたが新しいパソコンの方はまだまだこれから。
このあと作業に入る予定ですけど、しかし、暑いなぁ・・・・・・
スポンサーサイト



プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード