FC2ブログ

本のなかからおいしいものを

義母は昨日から平熱に戻りました。
熱が下がった途端、義父に対する世話焼きがまた激しくて、それに義父が反発するので蝉のようにうるさい(苦笑)。

そんなふうに一見元気回復に見える義母なのだけれど、一昨日の肝機能検査の結果はあまり芳しいものではありませんでした。
昨日は超音波検査をして、多分胆石が詰まっているんじゃないかなぁという見立て。
一昨年それで入院したので、明日また診察に行って、中核病院へ回されるかどうか決まります。
入院はともかくとして、明日の午前中はバイトには到底行けそうにありません。皆に迷惑がかかるなぁ・・・

ここ数日ぱっとしない話ばかりだったので、今日は話題を変えましょう。

毎日の献立を考えるのは主婦にとってはとても苦痛なもの。
栄養面や経済面、夏場は特に衛生面にも気を遣わなくてはいけませんしね。
我が家ではそれに加えて、義父が出来るだけ食べやすいもの、という問題も加わりますのでよりやっかい。
冬は煮る料理が多くなるので、当然軟らかめのものが多くなるわけであまり悩まないのですが、夏場は野菜も生でしゃきっと食べたいじゃないですか。そのあたりの兼ね合いが難しい。

おまけに今年は畑でキャベツがよく出来たので、それを「処理」しなくてはいけなくて。
夏場のキャベツは冬のそれと違って、少々ごわごわして固めなのですよね。加熱しても今ひとつ、冬のキャベツに比べるととろけるような軟らかさやうまみに欠けるし。
今回ログでほぼ最後のキャベツの収穫をしましたが、どうしましょうねぇ、こんなに・・・
知り合いやご近所にももちろんもらっていただくのだけれど、それでも結構な量が残ります。

さて、ここで出てくるのが、朝ドラで放送中の「とと姉ちゃん」のモデルになった大橋鎭子さんが編著した「すてきなあなたに」。
雑誌「暮しの手帖」のなかにあるコーナーの文を月ごとの章に分け、本にまとめたもので、今私の手元にあるのは2、3、5、6巻。
6巻は大橋さんが亡くなられたことを知って、購入を決めました。
今どき珍しい上製本。ハードカバーに紙のケースがついているというもので、当然重く、寝る前に読むには少々つらいものがあって、買ったもののなかなか読めずにいました。
この前、ログの空き時間に読むのにちょうどいいと思い、持って行って読みかけのままだった5月から8月まで読みました。
話のなかでよく出てくるのが食べもの。
そのなかにちょうど、キャベツを使ったおいしいものについての文章が載っていて、これは帰ってから作らなくちゃ!と、ログへ置き去りにする予定だったその第6巻を持ち帰って、早速作ってみたのが「コーティングサラダ」。
これはキャベツにニンジンなど好きな野菜を刻んで軽く塩をしてしばらくおき、水けをぎゅっと絞ってからオイルをかけて和える、というもの。
作って食べてみると、コクのある浅漬け、という感じ。多少日持ちもするというところも気に入りました。

これを食べていて思い出したのが、以前駅前にあった市場のなかにあった総菜屋さんで売っていた「スタミナ漬け」。
どうしてスタミナなんてつけたのかよくわかりませんが、味は同じようなもので、違うのは確か茹でたゲソ(やわらかいもの)も少し入っていたところ。最後に食べたのはずいぶん前になってしまうので、あまり確かではありませんが。
そのお総菜屋さんは家族経営で、サラダなどもとても味がよくて繁盛していましたが、他の店舗がどんどん辞めていってさびれ、その総菜屋さんもやめ、やがて市場全体店じまいとなりました。
その市場で利用していたのは、総菜屋さんと八百屋、魚屋、そして肉屋さん。
野菜や肉、魚はまぁどこでも手に入りますが、そこで作って売っていたもの、サラダとか揚げものだとか、そういうものは同じ味にはもう出会えないのだなぁと思うと、とても残念な気がします。

話が飛んでしまいましたが、もうひとつ、第6巻に載っていて作ってみたいと思ったのが、東京にあるケルンという名前のレストランで出されたコールスロー。
作り方も載っていて、読んでいたらキャベツの切り方に工夫があるのでした。
この切り方はどこかで見たような・・・と思ったら、記憶が間違いなければ、日本橋のたいめいけんで出される、こちらも初代からの名物であるコールスロー。この作り方を当代だったか先代だったかがテレビでやっていて、そのとき見た切り方と同じような気がするのです。
出来上がったものを見ただけではわからないのでしょうけど、ちゃんと陰で工夫されているんですね。

そして、これは「すてきなあなたに」とはまるで関係ありませんが、畑で作っていたトウモロコシが、ハクビシンの被害に遭いつつもなんとか少し収穫出来ました。
生で齧っても甘~い♡
上手なゆで方を検索していたら、冨田ただすけさんの「白ごはん.com」で、トウモロコシご飯というのを見つけました。
生のトウモロコシを塩を入れてお米と一緒に炊き込む。ただそれだけのシンプルうまいご飯。
昨日炊いてみて、ここにコンビーフをほぐして混ぜ込んだら、きっと合う!と勝手に思いつきました。近いうちに試してみたいと思います。

朝ドラを観ていて、暮しの手帖を懐かしく思い出していたら、先日発売の号に第一号のよりぬき復刻版が付録でついている、と知って思わず買ってしまいました。図書カードが残っていてラッキー♪
久しぶりに手にしましたが、私はこれまで一度しか暮しの手帖を読んだことがありません。しかも買ったのではなく、図書館かどこかで読んだだけ。
かなり前なのですが、おそらく花森さんは亡くなられたあとだったと思うけれど、まだまだ花森さんがいらした頃の雰囲気を漂わせた誌面ではありました。
その頃のことを思うと、編集長も代わって雰囲気はずいぶん垢ぬけた感じになっていましたね。
前編集長の松浦弥太郎さんが就任されたときは、それまでの誌面とずいぶん変わってしまって賛否両論だったようですが、今はどうなのでしょう。
私は今回買ったものは、それなりに面白く読ませていただきました。
なんといっても、読むところが多い=文章が多い!
それも、どれを読んでも結構面白いので流し読み出来ない=疲れる(苦笑)。
隔月刊なので、ゆっくり楽しませていただこうと思っております。

さて、明日から8月。
行けるかなぁ、バイト・・・・・・
スポンサーサイト



プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード