FC2ブログ

バイオリンリサイタル初観賞

今日日中は相方の仕事の手伝いでしたが、思ったより早く終わって時間が出来ました。
昨日は夕方から相方と出かけるため、午前中から掃除だ洗濯だ買い物だ夕食の準備だ・・・とフル回転。ち~っとも休みにならない一日だったので、今日のほうが仕事に行ったと言っても余裕があるくらい。

昨日相方と出かけたのは、名古屋の伏見にあるしらかわホール。
バイオリニストの宮本笑里ちゃんのリサイタルを聴きに、いや、観に行った、というほうが正確かも?
地下鉄の伏見が最寄り駅なのだけれど、そこから結構歩かなくてはならないので、ひとつ手前の栄で降りて徒歩でホールまで向かうことにしました。
その途中、通りから南方向にある科学館のほうを見たとき、二人してびっくり!
まもなく公開される新しいプラネタリウムがそこにありました。
ビルに挟まった隕石?

いやぁ、まるで空から降ってきてビルに挟まった隕石か、はたまた巨大パチンコ玉か・・・(笑

世界最大級とかいう触れ込みも納得の大きさ。公開されたらぜひ一度訪れてみたいところです。

話を元に戻しましょう。
しらかわホールは今回が初めて。小ぢんまりとした小ホールです。席は700弱でなかなかしゃれた造り。ロビーなどに置かれたソファも高級感があります。
演奏前にホールの様子を撮ろうとしたら、係のオネエサンが飛んできて(本当にすぐに来た!)

「お客様、申し訳ございませんが・・・」と、実に申し訳なさそうな表情で撮影禁止を告げました。

う~ん、演技派(笑

後で相方に、「外にそう書いてあったぞ」と言われたけれど、本当に全く気づきませんでした。それに演奏中はもちろん禁止だと思っていたけど、まさか演奏前も、とは。
私のようなおっちょこちょいばかりではなく、ホール内でペットボトルで水分を補給していた人のところにもすぐさま飛んで行く徹底ぶり。狭いホールなので、目が行き届くのでしょうね。
ホールは小さいものの、座席はゆったりとしていてすごく楽でした。

さて、肝心の宮本笑里ちゃんの演奏について。
まず第一部は、トルコブルーのやや短めの丈のワンピースドレスで登場。遠目(一階席の一番後ろの一番右端)でもその可憐な美しさは十分わかります。
第一部は比較的ポピュラーな小品を数曲演奏。なかには彼女自身が作曲したものも含まれました。
彼女の作品はまだしも、クラシックの曲は他の演奏者のものに比べるととても真面目に弾いているなぁ・・・という印象。優等生の、ちょっと型にはまった感じで、少々個性に欠けるとでも言いましょうか。まぁ、彼女の雰囲気には合っている演奏とも言えるでしょうけれど。

そして、第二部。今度はピンクのタフタのロングドレスで登場。こちらも有名なツィゴイネル・ワイゼンとベートーヴェンのバイオリンソナタ「春」。
ベートーヴェンのときはうっとりと眠ってしまった(苦笑)のだけれど、ツィゴイネル・ワイゼンのほうはちょっと物足りない感じでした。もう少し情熱的でアクの強い演奏法のほうが曲のイメージに合っているような気がしました。
まぁ、まだまだ若い彼女。これから歳月を重ねるにつれ、演奏にも厚みが増して表現力もさらについてくることでしょう。どちらかと言えば、外見から人気に火が着いた感のある彼女。実力面で今後に期待したいです。


スポンサーサイト



あと1日

一か月のバイト生活もあとわずかとなりました。
いつもより少し短い2月なのに、なんだかすごく長い間だったような気がしないでもないし、逆に、あらもう終わり?みたいな気もします。
仕事の内容自体はハードということはまるでなくて、暇をつぶすのが大変という場合のほうが多かったかもしれません。
4月も同じところで仕事の予定ですが、こんな給料泥棒状態ではあまりにもったいない!と思い、係長に出勤時間について相談。まだ返事はいただいていませんが、次回は本当にちょっとだけ仕事、ということになるかも。
収入が減るのは残念ですが・・・まぁでも、家のことができないストレスからは少し解放されるかもしれないと思えば、ね。それに、すごい睡眠不足なので、早起きしなくてもいいならそのほうがベター。

この話を始業前に係長にお話していたら、私のお世話係?であるイケメン職員Oさんも寄ってきて話に加わり、後で私の席にやってきました。
彼も自分の仕事が忙しく、私に仕事をあてがう余裕があまりなくて、私は暇つぶし作業を自分で探し出して地味~に行っていたいたため、そのことをとても気にしていた様子。

「すみません。自分の仕事でバタバタして余裕がなくて・・・」

う~ん、本当にどこから見てもイイ男だなぁ・・・

羨ましいくらい色白で細身。少女マンガから出てきたような顔立ち。これでもうちょっとだけ背が高ければ申し分ない?いや、これでも十分、か
背丈より、今よりもう少し、ほんのちょっとだけ気配りが出来るとほぼ完璧だと思います。もしかしたら案外天然なのかも(笑

そうそう、4月から今まで45分だったお昼休みが以前のように1時間になるようでとてもうれしい♪
職員さんはその分終業時間が遅くなるようですが、私たちのようなバイトは関係ないもんね。
区役所のそばに桜のきれいな場所があるので、お弁当持って花見しながらお昼、というのもよさそうだな。

さて、明日は相方の仕事の手伝いをするため、多分ブログの更新が出来ません。せっかくのお休みなのに~!!
仕方がないので、「猫の手」を貸してやるわ(苦笑

大根からレンコンへの変貌

今回のバイトは、いつもの課の仕事とは違ってほぼ一日座りっぱなし。
そのため、普段からむくみやすい脚がなおのことむくみやすくなっています。

つい先日もお風呂に入るときに靴下を脱いでびっくり!
足首のところに靴下のゴムの跡がついてしまうのはいつものことですが、その上のひざ下部分がパンパンにむくんで、足首だけがぎゅっと縮まったような外観に。

もともと「お大根」な脚の私なんですが、これではよく育ったレンコンじゃないか!!!(爆

仕事で使っている椅子が合っていない、ということはずっと感じていました。
ちょっと動くと軋んで鳴くし(私の重さのせいもあるけど)、腰も痛くなる。
最初高さが低くて作業がしにくかったので座面を上げたのだけれど、そのせいか太腿の下側の、椅子の先端部分が妙に血管を圧迫している感がずっとあり、この状態が続くとエコノミークラス症候群になるかも・・・なんて考えなくもなかったのですが、このむくみの状態を見て危機感激増。

HEICOに脚を見せると、「それはよくないわ!」と言って、自分が履いていたむくみ解消ソックスを試すように提案されました。
こんな細いソックス、この脚に入るんかいな・・・・・・
と思いましたが、なんとか履けるものですね。
20分が限度ということですが、履きなれないしサイズも合っていないので、5分くらいで嫌になって脱ぎました。

そういうグッズに頼るのではなく、根本的に仕事のやり方を変えようと考えて、まず椅子の座面の高さを下げてみました。
少々作業はやりにくくなりましたが、それだけで太腿への負担は減った感があります。
次に、手を伸ばせば届くところにあるものを取るのにも、いちいち立ち上がるように心がけました。
たまたまその日はちょこちょことだけれど動く作業があったので、その夜のむくみのレンコン加減?は明らかに違いました。

むくみの解消も大切だけれど、全体にむくんだ、いや太っているこの体型をなんとかしたいなぁ(苦笑
昨日HEICOと履歴書用の写真を撮りましたが、データをCDに残すと次が楽と言われて一瞬悩んだけれど止めました。だって、明らかに免許証の写真より顔がふっくらしているんだもの!花粉症で目が痒いのでアイメイクもしていないので、小さな目がより存在感ないし(泣
もう少し美人度が高い(自分で書いていて吹き出しそうになった)写りのときにCDに焼いてもらうことにしましょう。

女性管理職観察記

なんだかとっても久しぶりに更新している気がする・・・
今週は本当に、心身ともに余裕のない一週間でした。
週の頭が誕生日だった、なんて嘘のようだわ(苦笑
毎日が充実、というより、忙殺されていたような感じです。こんなではいかんなぁ・・・とは思うものの、自分の気持ちだけではどうにもならないわけでして。

バイトのほうはいつの間にか折り返し点を過ぎ、出勤はあと6日。私のなかでカウントダウンが始まっています。
昨日、管理をしている職員のIさんから、4月の仕事の分の履歴書と通勤届の用紙を渡されました。
以前はいちいち住民票を取らなくてはならなかったけれど、運転免許証か保険証のコピーでOKということになったらしい。
毎回300円の出費を惜しむわけではないですが、その都度出さなくてはならないのでね。少々面倒ではあるのですよ。混んでいない時期ならまだいいですが。
その履歴書に貼る写真が品切れになったので、同じく履歴書用の写真が必要なHEICOと今日撮りに行くことになっています。それから、去年もらった花粉症の薬がそろそろなくなるので、そのための診察に午前中は行かなくちゃいけないし。あぁ、仕事行ってると面倒くさい~

今仕事をしている福祉課は大きく分けると障がいと介護の二つ。
そのうち月曜と金曜が障がい、火曜から木曜が介護の仕事です。
バイトの席は一番奥の窓ぎわ。プリンタなどで見えないけれど、その向こうは課長席。
この課長は選挙の投票所の事務方の責任者で、区役所のなかでは唯ひとりの女性課長。係長になると女性がうんと増えるんですが、さすがに課長級以上では少数です。

このW課長はとてもおしゃれ。どちらかというと、いかにも・・・といったかっちりとしたスーツ姿ではなく、もっと軟派な感じで、公務という職種からしても、こんな恰好でええの???と思わないでもなかったのですが、最近では見慣れました(笑
話し方もものすごくフランクで、上司上司したところはあまりありません。

一番あれ?と思ったのは、毎朝の朝礼のとき、隣の課では必ず課長の一言から始まったのに、ここではそれはなくて、各係長がそれぞれの係のところへ行って行っています。
正直なところ、隣の課でバイトをしているとき、課長の挨拶はほとんど聞き取れなかった私。聞こえが悪いということもありますが、一番奥からさほど大きくもない声で話して、末端まで届くはずはない。何かしゃべってるけど・・・という感じで、窓口近くの席の職員はほぼ聞いている「ふり」(苦笑

一方、W課長。毎朝の訓示?はありませんが、昨日たまたま朝礼時に介護の係長が不在だったため、W課長が代わってその日の当番の確認などを行っていました。こういうところに目端が利いて、しかも自分で動く。
半月ほど同じ職場で仕事ぶりを垣間見て、私の彼女に対する評価はだんだん上がってきました。
実は、一番最初に彼女が区役所に配属されたとき、その外見(ファッション)にあまりいい印象を抱くことができず、それをずっと引きずっていたんですが、いや、外見だけで判断してはいけませんね。

来月は先日リコールされた市議会選、そして4月はバイトと統一地方選と、彼女が転勤しない限りまだご縁が続きます。彼女の仕事ぶり、まだしばらく楽しめそう?です。

53歳

全国的にチョコの飛び交うバレンタインデーの本日、めでたく53歳の誕生日を迎えました。

なかなか理想的な大人の女性になれない私ではありますが・・・
52歳の昨年は、運転免許を取る、という暴挙に出てなんとか成功。
さて、53歳の一年はどんなことをしでかすのやら(自虐的笑

皆様、乞うご期待?
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード