FC2ブログ

恒例

3年前とは真逆の結果となった衆院選が終わってほぼ一週間。
例によって、投票日当日は朝早くから夜遅くまでの長時間拘束。
前日まで頚と背中の凝りの痛みを心配していたのだけれど、意を決して?出かけた近くの接骨院でしっかりマッサージしてもらったのが功を奏したのか、当日はずいぶん楽になりました。
その結果というか反動というのか、朝のうちから睡魔にずっととりつかれてしまい、気づくとうとうと・・・・・・危ないあぶないアブナ~イ!!!
それでなくても事前に渡された書面に選挙人(=有権者)からの苦情が書かれていて、そこには投票所従事者の私語(おしゃべり)、居眠り、用もないのに名簿を見る=個人情報の閲覧、などなどについて注意するように、とあったので気をつけなければと思っていたんですけどね。
超ラッシュというような混み方はなかったものの、五月雨的に切れまなく投票に訪れる人が続いてあまり暇もなかったのに、このザマですわ。緊張感が足りませんね。

翌日からは普通にバイトに出勤。
幸いバイトの仕事自体はあまり忙しくなく、家に早く帰って家事や年賀状のあて名書きをしたいと思うくらい。
そのバイトも残すところあと4日。今回のバイトはいつもより、より早く毎日が過ぎていく感じがしています。

さて、52歳で免許を取得してから丸2年となった昨日の夜は、ここ数年恒例となった競馬絡みの忘年会、勝手に名付けてARIMAの会が行われました。今年で4回目になりますね。
RINGOはこれに参加するために休みをもらいましたよ(苦笑
参加者は私たち親子4人と、HEICOの競馬友達のYさんご夫妻。
最初は長いつきあいが続く恋人同士だったYさんたちもめでたくゴールインして、今ではYさんたちがHEICOの友達だったことも忘れるくらい家族ぐるみでのお付き合いになっています。

今年はRINGOの小麦騒動もあり、加えて偏食のYさんの奥様・E子さんが食べるものに困らないように、ということで会場はしゃぶしゃぶの居酒屋に。
去年、たまたま行った運を天に任せるくじ引きで、有馬記念1着になったオルフェーブルを引いたHEICOは、今年の会は「ご招待」、ということでタダで参加。
そのくじ引きが今年も行われました。
去年とは少々趣向を変えて、まずHEICOを除く5人でじゃんけんをして、一番と二番目に勝った人が二つずつ、そのあとは勝った順にひとつずつくじを引いていきます。HEICOは一番最後。
ひいたくじには、今年の有馬記念の枠の数字が書いてありますが、一着に入る馬の枠をひいた人が来年はご招待、ということですね。

まずじゃんけんから始まったわけですが、どうしたことか、今までじゃんけんでそれほど勝ったことのない相方と私が、あいこでしょ、もないままとんとん拍子に勝ってしまいました。
そこで二つずつくじをひいたわけですが、私がひいたのは4枠と6枠。
そこには数字だけではなくE子さんのひと言コメントが書いてあって、例えば私がひいた6枠にはこの有馬のレースで引退するオーケンブルースリがいるので「来るか?ブルースリ」と。RINGOのひいた5枠のくじには、「激アツ!ルーラー(シップ)」とある。さてさて、誰が当たるでしょうねぇ。うっふっふ♪

毎回きめ細やかな心配りをしてくださるY夫妻にどっぷり甘えて楽しませてもらっているだけの私。料理もそれなりによかったし、店員さんがとても感じよかったですね。お店の名前は「しゃぶしゃぶ 温野菜」です。バイト仲間の飲み会に利用してもよさそうだな、なんて思いました。
さ、貴重な三連休です。手つかずの年末年始の準備に精を出しましょう!

心配

昨夜遅くから降ってきた雨。今も降り続いています。
外仕事の相方にとっては悩ましい雨ですが、自分の仕事が休みの私にとっては恵みの雨。RINGOにおにぎり弁当(土曜日はいつもこれ)を作らなければならないけれどそれほど急ぐわけではないので、今朝は6時過ぎに起床。
昨日RINGOが帰宅したのが23時を回ってから。それからそんなに帰宅が遅くなった諸々の事情を聴いていたりしたら、日付が変わってしまいました。今日が休みで幸いです。

明日の今頃はもう投票所で座っていなくてはなりません。
6時半出勤で、7~20時は投票時間。その後後片付けを大急ぎで済ませて区役所の開票所へ向かい、帰宅するのは投票率にもよるけれど、おそらく23時を回ってからになるでしょう。寝るのはやっぱり日付が変わってから、でしょうね。

昨日バイトが終わって区役所を出るとき、正面玄関のエントランスホールで新聞社と通信社の記者が3人ほど、出口調査を行っていました。
こういう調査を基に早々と当確を出すのでしょうけれど、毎回思うのは、開票も始まっていないうちから当確を出すことに対する不満。
開票する我々のやる気が萎えちゃう、というものです。

投票所、開票所のどちらの仕事にしても、そろそろ足を洗いたいと思いたくもなるわけなんですけどねぇ・・・
今中心になってお世話係をしている女性会の中心メンバーがかなりいい歳になってきて、どのタイミングで引退するかが気になるところ。引退されるとより辞めにくくなりそうだもの。
それより心配なのが、このところ調子のよくない頚から肩、肩甲骨辺りの痛み。
今みたいにパソコン作業をしていると、どんどん凝りがひどくなってきます。
いつもリハビリに行っている整形外科ですが、最近マッサージをしてくれるのがたまたま同じ若い女性の先生。まだ入って1年未満なのだけれど、経験値はともかくとして、マッサージの時間が明らかに短いんです。
私の肩がガッチガチなためかもしれないけれど、ちょっとねぇ・・・同じ料金払ってこんなに差があっては困ります。
今日は近くにある接骨院にでも行ってみようかなぁ、と思案中。
この前ものを食べるとき頚に痛みが走った折に治療したカイロプラクティックもいいんだけれど、遠い+治療費が高いのがネック。おまけに、どうもそこの先生が好きになれない。好きじゃなくて構わないんだけれど、生理的に嫌、と思うタイプなんです。多分向こうもそう思っていることでしょう(苦笑

なんてぼやきになってしまいました。明日はもちろんブログはお休みです。一週間後はもう少し楽しい話にしたいですね。それでは。

冬の小ネタ:クリスマス

先月秋の風情に模様替えした呉服屋さんの坪庭のディスプレイを、今月に入って少々クリスマスっぽくしてみました。
そのときに使ったのがこの小さな飾りもの。

元はと言えば・・・

オーナメントは買いましたけど、ベースの部分はオリジナル。
もちろん私が作ったわけではありません。
この、枯れ木のように見えるもの。材料は合板なんですが、実は廃物利用なんです。
元は、と言えば、お隣の木工職人・Yさんが仕事でカットしてもらった、家紋の一部。木のように見えるこの形は実は、柏の葉の葉脈にあたるところ。
Yさんの工房を見学させてもらったとき、足元に転がっていたこの木?を見て、何か使えそう!と思い、
「これって要らないんですか?」と尋ねると、不要だから捨てるとのこと。
「じゃ、私にください!」とちゃっかりいただき♪

サンドペーパーをかけて、写真右の1つだけ蜜蝋ワックスを塗ってみました。最初は色づけしようと思ったのだけれど、ペーパーかけるのだけでも大変で断念。でもそのほうが木らしくてよかったかも。
オーナメントのうち、リンゴとプレゼント包みは既に家にあったもの。もう一種類何か、と思って探したのだけれど、手近なお店ではあまり小さなものは売っていなくて、やっと見つけたのがこれ。
マップピンを使ってとめてみました。もっと頭の小さいのがよかったんですが、こちらも売っていなくてこれで妥協。
台の部分は薪のなかから手頃な太さと木肌のものを選んで、相方につけてもらいました。
白い砂利の上に置いたら、なんだか雪原のなかにあるみたいで自分では気に入っています。

そして今日の午後。
買い物に出かけた雑貨屋さんでふと目にとまったのが、雪だるまの編みぐるみ。

お家に連れてって、って言われちゃったのよ

「ボクをお家に連れてって!」と呼ばれた気がして、つい買ってしまいました。本当は帽子を探しに行ったのに(苦笑
こうした飾りものを自分のために買うのは久しぶりです。
いずれログに連れていこうかと思っていますが、それまでしばしパソコンの前にいてもらうことにしましょう。

さて、冬の小ネタもこのくらいでやめようかと思いますが、最後に可愛らしい和菓子がやってきたのでご紹介。

銘がわからなくて残念!

写真を加工しなかったのでやたらデカくてごめんなさい!
蛍光灯の光の下なのでちょっと青みがかって写っていますが、緑色はもう少し若草色っぽいです。銘は不明。半田の松華堂さんのもの。
今日テレピアホールで行われた、表千家のお茶会の和菓子。相方は参加しませんでしたが、そこで使う竹の四つ目垣の搬入出で昨日今日と出かけていて、たまたま会った方にいただいたようです。明日の朝のお抹茶のときいただくとしましょう。あぁ、楽しみ楽しみ♪

冬の小ネタ:餅

先日バイトから帰ると義母が「お米屋さんが、今年はお正月のお餅つかないって言っていた」と告げました。
思いがけない話だったので、ちょっとびっくり。
なんでも奥さんの膝の具合が悪く、重いものを持ったりするのが大変なので今年は止める、とのこと。
もしかすると、大変な思いをするほどの注文もないのかもしれませんが、お餅大好き一家の我が家としてはゆゆしき問題。
だって、手軽に手に入る〇〇の切り餅とかいう袋入りのお餅、カビは生えにくいかもしれないけれど、絶対おいしくない!と断言出来ます。焼いたときなど本当にそう思う。

そんなわけで、急遽お餅の調達先を検討することになりました。

〇〇餅、という名前の餅菓子を売っているお店か和菓子屋さんかなぁ・・・でも、忙しい年末、あまり遠くないほうが好ましいし。

電話とかネットで調べようかしら、などと思っていた昨日のこと。
前日泊まりに来た娘のHEICOとお茶しに出かけたのですが、離れた駐車場から店へ向かう道すがらにある地元の小さな和菓子屋さんの店頭に、お正月のお餅の注文を呼びかけるチラシが貼ってありました。
ここなら自転車でも来られるし、とお茶の帰りに立ち寄って注文。
最初取りに来るつもりで30日に、と告げると「午後がいいんだけど、何時にします?」と。そうねぇ、何時にしよう・・・とちょっと悩んでいたら「近く?」と訊いてきたので「うん、中学校のすぐ東側」と答えると学区の地図を出してきました。
ここだと指し示すと、「それなら何時になるかわからないけど、届けてあげるわ」と言ってくださるではありませんか。
ここでは以前、HEICOだったかRINGOだったか、入学のときに紅白饅頭を頼んだことがあるくらいで、後は通りがかりに数回おまんじゅうを買ったくらい。お餅の注文は初めてなんだけれど、快くそう言ってくださったのでお言葉に甘えることにしました。

あぁ、やっぱり地元のこういうお店ってありがたい。

こちらのお店も、年齢が年齢だからいつまでやれるかわからないけど、とおっしゃっていました。どこも後を継ぐ者がいないのは同じですね。件のお米屋さんにしても、息子さんふたりと娘さんがいらっしゃったはずですが、後継ぎになる様子はなさそうだし。スーパーやドラッグストア、ホームセンターでもお米が買える時代だもの。

出来れば来年の年末もこうしてお餅をお願い出来るといいな、と思いつつ、ついでに買ったおまんじゅうを持って店を後にした私たちでした。

冬の小ネタ:膨張

今朝は相方の目覚ましで5時半に目が覚めました。
それからトイレに行って身支度を整えて台所に向かうまでの時間、およそ10分。
計ったわけではありませんが、冬場、服の脱ぎ着に時間がかかるのでどのくらいなのかなぁ、と思って時計を見たらそんなところだった、というわけ。

冬の着ぶくれを私は十二単と呼んでいます。本当のそれと比べたら、優雅さは欠片もありませんけど(苦笑

痩せている義父や相方は寒がりです。特に義父の場合は異常と言えるほど。まぁほとんど骨と皮しかないような体型なので仕方ありませんが。
私は肉布団?のおかげでそこまで寒がりではないし、冬生まれで冬の凛とした寒さや空気が大好きではあるのですが、それでも昨シーズンも今年のこの急な冷え込みもかなり堪えるようになってきました。

なにしろ築40年を越す古家で、薪ストーブひとつで暑いと思えるログと違って、隙間風+底冷えのする寒い我が家。このパソコンのある部屋もホットカーペットだけが暖房器具なので、寒いことこの上なし。
そんなわけで、家にいるときの私は思いっきりコロコロに着ぶくれています。肉だけでも充分膨れているのに(苦笑

夏なら着替えに1、2分くらいしかかからないのにね。その分睡眠時間が減っちゃうというもの。あぁ、もっと朝寝したい・・・・・・
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード