FC2ブログ

健康習慣

先日義母が散歩中に具合がおかしくなってから、RINGOが代行してくれたときを除いて、マメの散歩は私が担当しています。先ほども朝の散歩へ行ってきました。
近くの公園を軽く一周し、隣接する中学校をぐるりと周って帰ってきます。

公園の前と少し離れた名鉄の駅近くに、朝6時から開いている喫茶店があります。
そんな朝早くからお客さんが入るのかしら、と危惧する必要はまるでなさそう。
私はなんとなく、公園へウォーキングやラジオ体操(防災用ラジオが設置されていて、体操のときはスピーカーで音が公園中に鳴り響きます)を終えたあとに、モーニングを楽しむのだと思っていましたが、そうでないひともいるようです。
今はまだ夜明けが遅いので、公園を歩きながらその喫茶店の中の様子がよく見えますが、車を公園の際に停めて(もちろん駐禁)朝食がてらコーヒーを飲んでいるひともいるようでした。今朝は土曜ということもあって、やや少なめでしたけど。

私もやってみたいなぁ。早朝のモーニングコーヒー。

朝起きるとコーヒーを淹れていますが、喫茶店のモーニングはまた別物だもの。

そんな時間に歩いているのは、高齢の男性が多い。そのうち女性も増えてきますが、朝の支度があるせいなのでしょうか。
夏場に比べると今の時季はそうやって早朝に歩いたりする人はかなり少ないです。夏は本当に多いですね。今は昼間の暖かい時間に歩いている人が多いです。

マメの散歩を抜きにしても、こうして毎日歩くと健康によさそう。特に朝の空気は気持ちいいです。
今朝は雲がありましたが、よく晴れた昨日の朝、広い公園のグラウンド越しに少しずつ明るくなっていく東の空を見ながら歩くのは最高!でした。

さて、いつもなら散歩担当の義母ですが、先ほどやっと起きてきました。
早くに目が覚めて、起きる頃になってまた寝てしまったようで、まだ頭がぼ~っとしているようです。最近じゃ24時間営業でぼ~っとしているようなものですけど(苦笑
こういうとき彼女は言いわけばかりして、次の動作がなかなか伴いません。
いつの間にか認知症の薬も2種類に増えていた、ということは、診察のときにも判るくらいになってきたんですね。最初は私が先生にお願いして出してもらったのだけれど。

今はバイトもないしお弁当作りもそれほどないのでいいけれど、来月までには少し回復してくれないかしら。それもそのうち望めなくなるんでしょうね。

疲労困憊の二日間

タイトルの「疲労困憊」って、こうして入力変換すればすぐ出てきますが、自分では決して書けない漢字のひとつです。

二日間と書きましたが正確には一日半といったところでしょうか。
一昨日の午後、区役所に出かけました。バイトの手続きもあったのですが、ついでに義父母の介護認定をしてもらうための申請をするためでもありました。
まず市民課へ行って住民票記載事項証明を公布してもらいました。これはバイトの手続きに必要。このところ免許証のコピーでよかったのですが、またひとつ面倒になりました。1回300円かかるし、このためにわざわざ区役所まで出向かなくてはならなくなりましたし。
ほぼ一カ月おきのバイトの都度、履歴書や通勤届を書くのさえ面倒なのにね。

それは短時間で終わって、一番気骨の折れる介護認定申請のため福祉課の窓口へ。
もう一昨年になりますが、2月と4月にバイトでお世話になった福祉課。気心の知れた職員さんだといいな、と思っていたら、某劇団の主力俳優でもあるIさんで内心ほっとしました。
手続きや話をしながらふと奥に目をやると、バイトの大先輩、Hさんの姿が見えました。彼女はほとんどこの福祉課専属でバイトしています。竹を割ったようなさばさばした性格で、私の大好きなひとでもあります。
書類を作るためIさんが席を立つと早速(笑)Hさんが窓口まで、どうしたのよ~とやってきました。
彼女もご自分のお母様の介護をしていたはずなので、そのことを訪ねると、施設で看てもらっているとのこと。
「とうとうアンタもそういう時代になったのねぇ」との感想と、励ましの言葉をもらいました。
申請の次は調査員(福祉課の職員または専属の調査員)が家を訪れての調査。おそらく来月になることでしょう。そのときはバイトをお休みしないとね。

最後にようやくバイトの手続きをしに、民生子ども課へ。
担当のOさんに書類を渡し、介護認定の調査でお休みをもらうことになりそうだということも伝えて、バイト仲間のところへ顔を出してようやく帰宅。

この時点でも結構やれやれ感があったのに、ここからもっとやれやれとなる事が起きました。

夕方、当日の夕食と翌日のおでんの準備、そしてRINGOの弁当のおかず作りとを並行して、自分でも手を広げ過ぎてしまったなと思いつつ作業をしていたところ、家の電話が鳴りました。
それは、少し前に犬の散歩に出た義母からで、
「なんかうまく歩けなくなった」と言うではありませんか。
話しぶりからすると、脳梗塞とかではなさそうだけれど、義父に来てもらってという義母の要請は却下してとりあえず私が徒歩で様子を見に行きました。
電話で説明したのから想像したのとは全く違う場所で義母は座りこんでいました。
ぱっと見には特に変化はなかったものの、立ちあがって歩こうとするとふらついて歩くのが怖いという始末。

何にしろ犬がいては動きづらいので、ひとまずマメを家に連れて帰り車で義母を迎えに。
公園に着くと、散歩仲間の方がついていて、義母が車に乗るのを手伝ってくれました。こういうとき知ったひとがいてくれると本当に助かりますね。

その日散歩に出る直前まで義母はこたつで昼寝をしていて、中途半端な時間眠ったあと急に起きて散歩に出たからかとも思いましたが、公園で「なんだか震えてきた」と話していたのを思い出し、熱を測らせたところ、いつもなら35度台という冷血人間(笑)の彼女にしては少し高めの36.2度。
その後は寝かせて、ご飯も義父と同じくお粥にして様子をみることに。

翌日の昨日は義父が去年秋に受けた白内障の手術の術後診察の予約が10時に入っていました。
義母はといえば、ほぼいつもの時間に起きてきたものの、あまりぱっとしない様子。
そのためいつも彼女が担当する犬の散歩や洗濯をしなければなりません。
幸いRINGOが休みで、いつもならまだ熟睡中の時間に起きて、大事な妹?のマメを散歩に連れて行ってくれました(夕方の散歩も)ので、私も朝食の準備などと並行して洗濯を済ませ、義母に寝ているように言い含めて義父を連れて病院へ。

これがまた待たされて・・・・・・

下手をすると駐車場にとめるのも待たされますが、それは大丈夫だったのだけれど、診察が終わって病院を出るまで約3時間。
しかも目薬を出すと言われていたのに処方箋が出ていなくて、そこでまた待たされて。
帰宅すると1時近くになっていました。
それから大急ぎで昼の支度をしていたら、少し前に義父の妹から電話があったとのこと。今は我が家からわりと近くに住んでいる義父の弟の家にいるという話。
ということは、そのうちやってくるなぁ。よりによってこんなバタバタの日に・・・
一応病院に行っていると話したようなので、少しは配慮があるかも、と思いつつ食事がやっと済んだころやってまいりました。
我が家では来客も食事するのも居間。今の季節はこたつですが、まだその上には食後の食器などがのったまま。

えぇ~い、どうにでもなぁれ!(やけくそ:苦笑

幸いそれほど気を遣う人たちではないので、まだよいのですけどね。
このとき、ひょんなことから、義父がかかりつけ医からもらっている飲み薬をきちんと飲んでいないことが判明。
そのときも昼ではなく夜の薬を飲もうとして慌てて止めました。ちゃんと小袋に一回分ずつ分けてもらっているんですけどねぇ。

1時間ほどで客が帰ったあと、今度は先ほど出してもらった処方箋を持って、普段義父が診てもらっている近所の眼科へ。
ここの午後の診察は3時からなので、今回出た目薬が今までのものと併用していいかどうかを先生にお聞きするためでしたが、そこで出してもらっている目薬が冷蔵保存ということを知ってびっくり!もちろん冷蔵庫になどしまっていません。
しかももう一種類目薬があるはず、という話だったのに、最近2種類もさしていないような記憶。
先生からは、義父が自分でさすのではなく、家族が管理してさしてあげたほうがいいと思います、とのお言葉。
先の診察でも言われていたのですが、白内障の術後はもう大丈夫なのだけれど、右の目にかなり傷がついて目やにが出る状態が続いているのです。
以前右上顎がんで右目の下の骨を取ってしまっていて瞼が完全に閉じ切らないのも原因のひとつなのでしょうけど、目薬をもっときちんとさしていればもう少しましなはず。

そんなわけで、私がいるときは目薬をさしてやらなくてはならなくなりました。とても本人や義母に任せておけませんから。来月バイトに行くまでに改善するといいんですけど。

さて義母のほうはというと、珍しく客が来て、家族以外のひととおしゃべりに花が咲いたことも幸いしてか、熱も下がってだいぶよくなったようです。改善されないようなら、夕方かかりつけ医に連れていかなくてはならないかとも考えていましたが、そのまま様子見となりました。

さて、そんなドタバタの途中にもうひとつ。
それはまだお昼ごはんを食べ終わらない、午後1時ごろのこと。友人、ニナリッチ子さんがやってきました。
少し早い私の誕生日プレゼントとともに手渡されたのが、バイト仲間のTさんが書いた「論文」。
バイト仲間というのは少々語弊があります。というのも、彼女は元々区役所で仕事をするようになったのは派遣ででした。その後、今は臨時職員ということで同じ課の生活保護担当の係で仕事をしています。
そのTさん、来年度からは嘱託職員になることを目指していて、その選考のひとつに論文があるのだそうです。
先月のバイト中から頼まれてはいたのですが、その論文の添削をしてほしい、というのです。

長年広報部でその手のことをやってはきましたが、そんな人の就職に関わるような論文の手直し、なんて・・・
まぁ誤変換の指摘くらいは出来るかも、と引き受けました。
夕方の食事の支度をする前にざっと目を通しましたが、元々の文章がしっかりしていたので、少々言い回しを変えるくらいで充分。久々にWordを使ってTさんへの激励?のひと言も添えてプリントアウトしてファックスで流しました。
ほどなくして彼女からお礼の電話がかかってきて、これでいきま~す♪と明るい声。え?このままでいいのか???
実は名古屋市ではこの嘱託職員の採用について不正があったことが発覚したため、選考がかなり厳しくなっているらしいのです。それなので、かなり見通しはよくないみたいなのですが、ま、後は運を天に任せるしかないですね。

夜にはHEICOに、弟RINGOが職場で加入している保険についてメール。
去年の小麦アナフィラキシー騒ぎもあって、その確たる診断が下っていない今のうちに保険に入っておいたほうがいいのではないか、と私もHEICOも思っていて、彼女が最近知り合った保険会社勤務の熱唱男子に訊いてくれる話になっているのです。
病気のことがなくても、若いうちから入っておくほうが保険料も安いですからね。

長時間の病院での待ち時間やパソコンでの入力などで、体中がっちがちに凝ってしまいました。あ~、疲れた疲れた。

さて先述の介護認定。そのための調査を今月29日に、という電話が昼前にかかってきました。
本当はこの日、免許の書き換えに行くつもりでいたのですが・・・来月のバイト期間中よりは助かるのでOKしました。もしかしたらちょっと配慮してもらえたかもしれません。
なんだかバイト期間中よりずっと忙しい気がする年始めです。

It's a hard day, today and yesterday

ちょっと英語的に変、だと思います。タイトルが・・・ま、気にするなって(笑
でも本当に昨日今日とかなり精神的にハードな日、だったのでありますよ。肉体的にもくったくた。
ということで、今日はこれで失礼いたします。
明日は普通に更新したいなぁ・・・

日々の食事

今日は出勤前に病院で診察を受ける息子、RINGO。
去年の5月の救急車騒ぎから定期的に診察に行っています。
呼吸苦はもちろん、蕁麻疹もすっかり出なくなりましたし、運動+小麦のアナフィラキシー検査もとりあえずひっかからなかった彼ではありますが、これから暖かくなってくるとどうなるかわかりません。
というのも、彼にはハルガヤなどイネ科の花粉症の抗体反応が出ているから。これは相方や私も同じです。
ちょうど蕁麻疹が出始めたのがそんな時季だったこともあり、素人考えではありますが、その花粉症と何か因果関係がありそうな気がしてならないんですね。

なるべく小麦を使ったものは彼の口に入れないようにして、毎日の料理を作っている私。
彼自身も外食では小麦を使うのは醤油くらい、と思われる寿司や牛丼などを選ぶようにしています。もっとも、おやつに食べているものには小麦を使ったものもありますけど。
担当医からは、それほど気にしなくてもいいと言われてはいるものの、私としてはもう少し自重しろよという思いもあります。

彼のための脱・小麦と、固いものが食べづらい義父のために柔らかなものを、という2つの条件をクリアするメニューを考えるのは、結構大変。
肉でも、柔らかめで値段も安い鶏肉をもう少し頻繁に使いたいところだけれど、義母が鶏肉嫌いなので、そういうときは別にひと品考えなくてはなりません。

RINGOでもうひとつ難儀なのがお弁当のおかず。
ほとんど冷凍食品は使えません。
私がバイトに行っていて相方にも弁当を持たせるときには弁当は計3つ。そのおかず全て手作りというのも手間がかかるので、RINGOの分は時間のあるときにまとめて作って冷凍しておくようにしています。
先日も鶏むね肉のひき肉を使ったひと口サイズのハンバーグを作りました。
前回のとき、卵の量がちょっと多かったなと思ったのでひと工夫。
その日の晩ごはんのメニューを合挽き肉のミートボールのトマト煮込みにして、卵を両方に分けて入れることにしました。
ついでに、鶏だけだとこくが少し足りないようにも思ったので、合挽き肉を少し混ぜて。
つなぎのパン粉は、米パンを焼くときにどうしても出来てしまう、上のほうの生焼けの部分を細かくくだいて。ここは冷蔵庫に入れておくとわりと簡単にくずれるので楽。
私は生のままでなく、焼いてから冷凍するようにしています。

いい感じになりました

見た目はなかなかよさそうな。ちょっと合挽き肉を入れるだけで、焼いたときの色も少し変わりますね。
試食してみたところ、合挽き肉がいい仕事してるじゃないの~(笑
片やミートボールのトマト煮込みはこんなふう。

こちらも小麦不使用

キャベツに枝豆、そして米粉100%のショートパスタと一緒に煮込みました。パスタを入れることでとろみを出すというわけ。歯ごたえはまるっきりありません。アルデンテ、ではなく、なしデンテ(苦笑

一番困るのがパン粉を使うカツやフライ物。米パンのもちっと感があだになってうまくぱらぱらのパン粉が作れません。ハンバーグやミートボールのつなぎくらいならまだいいんですけどね。ちょっとフードプロセッサが欲しいなと思い始めている今日この頃です。

初釜

昨日の成人式は大荒れのお天気でどこも大変でしたね。
名古屋でも昼下がりまで、しっかりと雨が降りました。風は雨が上がってからのほうが強かったですが、そこそこ吹いていましたし。

そんな成人の着物姿に負けじ?と、相方は昨日、お茶の師匠の初釜のお手伝いで早朝から犬山へ。こういうときのお手伝いは、着物に袴。
先日竹を取ってきて作った花入れも床の間に飾っていただきました。

花入れだけは現代もの(笑

相方がスマホで撮ったものを転送したもの。薄暗いこともあって、なおさら画質が悪いですけど・・・
有楽苑内の重要文化財の書院の床の間の設え。このなかで新しいのは花入れと生けられた花くらい。
掛け軸はいつも師匠が用いる宝船で、表千家の七代の家元が描き八代が箱書きをした、という由緒ある代物だそうです(皆相方からの受け売り:笑)
肝心の花入れ、茶色の部分が多いですが、周りが古めかしいので全て青いよりこのほうがいいように思えます。
実は胴の部分にちょっとした傷があったりしたんですけど、これではわかりませんよね。

雨のせいで、お客様はいつもより少なかったそうですが、それでも160人くらいかなぁ、と言っていました。
お茶会では余興としてくじ引きがあり、毎回相方がいただいてくるのは色紙とか短冊くらいのものでしたが、今回は一番いいのが当たった!と喜んで帰ってきました。女物のバッグだから、よかったら使えと言ってもらいましたけど、包みを開けたら思ったとおり、着物のとき用のバッグで、私の好みでもなかったので速攻で却下。
お稽古に来る女性陣の誰か欲しいひとにあげることに。
私としてはバッグより、ふくやさんのおいしい和菓子のほうがうんとよかったな。花よりだんご、なので(笑
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード