FC2ブログ

不便もこの程度は我慢しなくちゃ、ね

仲秋の名月

初めて夜景モードで撮ってみた、仲秋の名月です。
残念ながら月の出は雲に隠れて見えませんでしたが、お風呂と夕食を済ませて戻ってきたらきれいに辺りを照らしていました。
ログのデッキから写しましたが、月があるので実際はここまで暗くありません。でも月のない夜は本当に暗いです。星はその分きれいに見えるんですけどね。

その仲秋の名月に合わせて、いつものお散歩コースで秋の野の花を摘んできました。

秋の野の花

2週間前だったかに咲いていた萩はもう終わっていて、どこにあったかもわからなくなっていて残念でしたけど、吾亦紅などで充分間に合った感じです。お団子はなし、ね(笑

こんなきれいな十五夜だったのに、その4日前には台風18号の直撃を受けたログのある阿智村。特にログのある伍和周辺で被害が大きく、その結果として断水してしまったり、お隣のIさんでは雨漏り被害も出てしまって、うちのログはどうなっているんだろう・・・と心配しつつ出かけました。
幸い雨漏りはほとんどありませんでした。ミニログは窓枠の下のほうに、水が流れたような跡が2~3すじ残っていましたが床に溜まるほどではなかったようだし、物置のプチログも壁際の床に少々濡れたような跡があったくらいで、なんとか飛ばされずに済みました。

今回のログ行きは断水していると聞いていたこともあり、事前にポリタンクを3つ買い込んで水をくんで持っていきました。

屋内キャンプ(笑

屋内キャンプのような・・・(苦笑
この写真のが10ℓ入りのもの。あと20ℓのを二つ持っていきました。
これにはコックがついていましたが20ℓのものはノズルが別売りで、相方はそれに気づかずタンクだけを買ってきてしまいました。
口径が同じくらいだから大丈夫だろうと思ったのだけれど、この10ℓのものが空になったあと付け替えたら見事水漏れ。いや~ん、もったいな~い!!!
そのまま使っていてはまずいかも、と空いたペットボトルややかんを駆使して10ℓのほうに移し替え、コックも付け替えてやれやれ・・・と思ったら、
さっきまで大丈夫だったのに、水漏れてるし~~~!!!(涙目

ホームセンターで売ってるものって、所詮こんなもの、なのかしらん・・・

幸いにも昨日の朝、いつの間にか水道が復旧していて、用意してきた水は半分も使わずに済んでしまいましたけど、もっと深刻な災害時にこれでは、と考えてしまいました。値段が張っても、もっとしっかりした造りのものを選ぶべきですね。
それから、あまり容量が多いものもかえって使いづらいことがよくわかりました。20ℓなんて女性ではほぼ無理。10ℓでも、液体というものはちゃぷちゃぷと揺れ動いて持ち運びしづらい。次に買うならその点も考慮したいです。

水道は復旧しましたが、断水ということを念頭に食事などの買い物や支度をしてきたので、今回はあまり料理らしいことをせず、その点ではずいぶん楽をさせてもらいました。
そのうち夕食では、いつもお昼ばっかりで、一度夜に行きたい!とかねてから思っていたカフェ・ブランブランさんで念願のディナーとなりました。

パルマの生ハム

地物野菜のトマトパスタはピリ辛

ラムさん、旨し

イチジクのタルト

イチゴのシュークリームは食べづらかったけどおいしい

パルマの生ハムは、取り分けてから写真を撮っていなかったことに気づいて慌てました。
あと、私は地物野菜のトマトソースのパスタ。相方は骨付きラムのグリル。
以前ラムの親であるマトンを食べて失敗した・・・という経験のある私でしたが、一口味見させてもらったら、おいしい!思わず思いだす、何回目だったか忘れたTV「孤独のグルメ」に出てきたアフガニスタン料理のラム。
松重剛さんが「ラム、うまい」と心の声で語ったあの声が、私の脳裏によみがえる・・・・・・

そこまでで結構おなかいっぱいだったのに、せっかくだから、とデザートまで頼んじゃった。イチジクのタルトといちごのシュークリーム。
ココット型に入ったシュークリームの奥に写っている二重のグラスに入っているのは、キャラメル風味の紅茶。
飲み物はオーダーしなかったのだけれど、サービスで。こういうところがうれしいですよね♪

さて、ありがたいことに昨日朝水道が復旧したので、これはやらねば!とやったのが洗濯。
ここのところログへ来ると、お天気もよいので手洗いで洗濯をして、翌日の義母の洗濯の負担を減らすようにしています。まぁ乾きが悪くなるこれから先は減ってくるでしょうけど。
洗うのは洗剤もよくなっているし酸素系漂白剤なども使うので、意外と楽に汚れが落ちます。相方の仕事着のひどい汚れなどは、掃除用の歯ブラシを使って少しこすり洗いをしてやるだけで洗濯機で洗うより確実に落ちます。
問題は脱水。手絞りだとものすご~く握力が要ります。体重はあっても力なしの私。
そんな私の手絞りでも、ありがたいことに、ログの太陽と風のおかげで帰るまでには乾いてしまいます。
昔のひと(といっても義母の若かりし頃くらい)はこうして洗っていたんだもんね。それに比べると、現代人は楽ばかりしているような気がします。水道だってそう。川や井戸へ水汲みに行くことを思えば、一時の断水くらいで不満を言っていては・・・と思いました。

さて、相方は着々と農作業を進め、大根や葉物野菜の種を蒔きました。

大根など冬野菜の種まき

初日はぐ~たらしていた私(苦笑)も、昨日は洗濯・掃除、そしてプチログの中を半分片づけて、窓の開閉がやりやすいようにしました。
適当にものを入れていたら、だんだん収集がつかなくなってしまっていたプチログの中。そのものを乗り越えて?窓を開け閉めしに行くのが面倒かつ危なくってしかたない!床もだんだん汚れてきて土足で上がりたいと常々思っていたので、ドアから中を見て右半分のものを出し(ほとんどが薪が入った段ボール箱)、ざっと掃き掃除してドアから窓までの通路部分にあたるところに段ボール箱をつぶしたものを敷いて土足OKゾーンを確保、その後シーズン初めに使いたい薪の入った箱を入口近くに、あとは空いたところになるべくロスのないように置いていきました。
建ててほぼ1年経ったプチログ。最初はきれいだった床もだんだん薄汚れてきました。それに、ミニログもそうだけれど常にひとがいるわけではないので臭いが籠って不快。木の匂いって本来はいい匂いだと思うんですが・・・締め切った状態ではだんだん不快になってくるものですね。

ずいぶん長々書いてしまいましたが、最後に、ずっと空き地状態だったうちのログの北側の土地。ここにログ会社の社長の娘さんご夫妻が家(もちろんログだわね)を新築することになり、昨日地鎮祭が執り行われました。
その地鎮祭が始まる前、相方が「おい、米ないか?」と訊いてきました。
地鎮祭のとき神様にお供えするお米を忘れてしまったようです。
うちでは月初めと月の半ばに行くときに、榊と洗米、塩とお神酒に水を神棚にお供えしていますが、今回断水していることもあり、神棚に供える分の米を洗って持って行っただけ。
お供えしているものでよかったら、ということでレンタル(笑)。無事役目を果たせたようです。

お隣が建つと中央アルプスは・・・

これが地鎮祭前の様子。この枠の中に建てられるわけで、おそらくロフトのあるタイプになると思われます。となると、うちのログから中央アルプスはちょっと見えなくなりそうな・・・・・・
景観が変わってちょっと残念ではあるものの、少し歩けば見ることが出来ますからね。
地鎮祭が終わるのを待ちかねた業者の人が、早速地盤強化のためのパイプの埋め込み作業に入りました。どんなのが建つのかなぁ。他人事ながら楽しみ、です。





行くことにしました

明日明後日と、予定通りログへ行くことにしました。
ここで行かないと次にいつ行くか、と考えたとき、お天気によっては種まきの時季を逸してしまう可能性があるからです。

昼すぎ役場に電話で問い合わせたところ、まだ復旧には時間がかかりそう。
幸いログのある地域限定らしいので、お風呂は温泉に行けばいいし、食事もここぞ!とばかり外食中心で、と考えています。

先ほど相方に水を入れるポリタンクを買ってきてもらいました。
それとペットボトルの水やお茶で、一泊二日ならなんとかなるんじゃないかな。
ログで仲秋の名月を眺めてきますね。

出かけづらい状態

しょっぱなから昨日の記事の訂正を。

先ほどニナリッチ子さんからいただいたコメントに返事を書きながら検索したら、姉から届いた香典返しの泉州産シルク毛布は、正しくは

            シルク混毛布   であることが判明いたしました。

でもねぇ、言いわけになるけれど、一番上に乗っていたタグに「シルク毛布」って書いてあったんですよ。これ見たら絶対100%シルクだと勘違いすると思いません?
シルク混ではありますが、シルクの割合は高い方で値段も高め。この前通販で買った2枚のアクリル毛布を合わせた値段よりうんと上でした。
で、シルクの他の素材は綿。天然素材のよさ・・・と言っておきましょうか(笑

さて、昨日夕方、ログのお隣、Iさんからメールが届きました。
なんと、断水がまだ続いているんだそうです。
明日ログに行くつもりでいるのに、これは困った・・・・・・
相方は行く気満々なんですが、水が出ないと一番困るのがトイレ。
食事は、一泊二日くらいならコンビニとか外食でなんとかなるし、飲み水もペットボトルの水やお茶を持っていけばしのげるし、お風呂は温泉に行けば問題なし・・・だと思うけれど。

メールの文面だけだと、断水している地域がどれくらいの地域なのか、限定的なのか広範囲なのかもよくわかりません。

おまけに、昨夜から義母にめまい発生。
元々よくめまいを発症するひとなんですが、これがいつまで続くかもわからない。

う~ん、出かけづらい・・・・・・

というわけで、明日出かけるかどうかまだはっきりしません。どうなるかしら???

早すぎた、かと思ったけど

台風一過とはよく言ったもので、昨日の風雨が空気中の塵や埃を洗い&吹き飛ばして秋の空気を連れてきました。爽やかな秋の朝、と言った感じです。
我が家の朝顔に負けないくらいきれいな青い空。
台風被害に遭った方は後片付けが大変だとは思いますが、その片づけを応援するお天気になりそうですね。

ログのある阿智村も昨日は台風の直撃を受けました。お隣のIさんにメールでお聞きしたところ、雨漏りはもちろん、道路が通行止めになったり断水している、ということでした。
うちのログは外見上は大丈夫ですよ、ということだったのですが、中はカーテンがしてあるのでうちも雨漏り被害が出ているかも。
明後日また出かける予定にしていますが、もし布団が濡れていたらどうしよう???物置にしているプチログはコーキングもしていないので、中の薪が濡れちゃっているかもしれないなぁ・・・そのつもりで出かけないといけませんね。

さて、ぐっと秋めいてきた昨夜。まだ羽毛布団を出すのは早いかな?と思ったので、毛布を使うことにしました。
今年の春に、これまで親子3人が使ってきた毛布がかなりくたびれてきたので秋になったら買い替えようと、日記や手帳のマンスリーの9月の欄外に、毛布と掛け布団カバー(こちらはRINGOと私のもの)を買い替えるとメモしておきました。こうでもしないとすぐ忘れちゃう(苦笑

すると今月初め、姉のところから香典返しの品が送られてきました。
以前リクエストしておいた乾ししいたけか、と思いきや、軽いけれどなんだか箱の形が・・・
開けてみたら、泉州産のシルク毛布。あらら。うれしいのかがっかりなのか、ビミョ~な気分(笑

私とRINGOが使ってきたのも、シルク毛布。
自分じゃ買いませんよ。実家にあったのを持ってきたんです。
15年前、父が亡くなったあとで家の片づけをしていたところ、まだほとんど使っていないシルク毛布を見つけました。
もったいないから私が使う、と言うと、母が「まだ使っていないのもある」と箱に入ったままの色違いを出してきて、そちらも一緒にお持ち帰り。
シルク毛布は薄くて、こんなんで大丈夫?かと思うのだけれど、そこはシルクの実力。暖かいです。
薄いので体にしっかり沿っているのもいいのかも。

でも今回買い替えようと思ったときに、シルク毛布の選択肢はありませんでした。それはなぜか。
アクリル毛布の暖かさをログで実感したからです。

ログで使っている寝具は、ほとんどがもらいもので未使用のものか、こちらで使っていたもの。
そのなかに、カールマイヤーのアクリル毛布がありました。
もらったときには、えぇ~こんなの趣味じゃない、と思ったきれいな黄色にいかにも、な花柄。自分じゃ絶対買わない、と当時は思ったものでした。

ところが

ひとの心は変わるのよ(笑

使ってみて、ものすごく暖かく肌触りがいいことに気づきました。アクリルなので扱い(洗濯など)楽だし。
次に買い替えるならこういうのにしよう、と思っていたところにやってきた、まさかのシルク毛布(苦笑

まぁ、せっかくのものなのでありがたく使わせていただきましょう。

色がアイボリーなので、皮脂で汚れが付きやすい男どもには使わせられない=私が使用。
男どもには通販で探して、お値打ちなアクリル毛布を購入しました。違いのわからない奴らだし(笑
出来ればきれいな色の無地がよかったのだけれど、無地だと色が微妙なものしかなく、冬場あまり地味な色だと気分が暗くなりそう、と明るい地色の柄ものの毛布にしました。正直、寝るときに柄は見えないのだけれど。
ここが若いときと好みが変わったと思うところです。若かりし頃には絶対柄ものは選ばなかっただろうし、まして明るい色ではなく、素材も色もナチュラルなものを選んでいたはず。

これが、歳をとるによる心境の変化、というものかな。

ブランド名は忘れたけれど、昔、40代以上のミセス向けの高級ブティックに置いてある服が、どれもきれいな色合いだったことを思いだしました。
若かった私は、どうしてあんなきれいなパステル、またはブライトカラーのものばかりなんだろうかと不思議に思っていましたけど、今なら解るような気がします。

話が逸れてしまいましたが、まだまだ我が家の冬支度のうち買い替え予定のものがまだあります。
それは、この部屋のカーテン。
冬場に使っていたものが、気づいたら結露でカビが発生!もうかなり使っていて、イメチェンもしたかったのよね。カーテンって模様替えするのに手っ取り早いと思いません?
昨日もカインズに出かけたついでに見てみましたけど、う~ん、決め手に欠けるなぁ・・・
今日か明日、そのカーテンを物色しに他の店に出かけようと思っています。
出来ればログのカーテンのようなあっさりしつつも存在感のある、かと言って邪魔にもならない(どっか矛盾してないか???)ような、控えめな自己主張のある色柄がいいなぁと考えています。妥協せずに探そうっと♪

ふるやのもり

台風18号が接近しています。
夜中のうちは雨が降り続いてはいたもののそれほど強いものではありませんでしたが、夜が明けて少しずつ東風が強くなってきたなぁ・・・と思っていたら、先ほどから私のすぐ右手で雨だれの音が始まりました。
雨だれ、と言っても、この前牛田君が演奏したショパンの前奏曲「雨だれ」ではなく

雨漏り    です。

今は結構楽しい?リズムを刻んで雨が落ちてきています。まるで読経のときの木魚のような(苦笑

うちの構造のどこがいけないのかわかりませんが、台風のような強い東風が吹く雨のときこうして雨漏りするんです。

問題は、この雨漏りのする部屋にRINGOと私のパソコンがある、という事実。

天井板も汚いシミが出来てふやけたような状態のまま。大雨のたびに、というならすぐ直さないとと思うのだけれど、台風時くらいなので日常は忘れちゃう。

今読経が休憩に入ったらしく(笑)、一旦雨だれは収まりましたが、またこのあとも続くでしょうね。

私が子どもの頃に住んでいた家もよく雨漏りしました。当時は借家の長屋暮らし。
うちのすぐ前に排水口があって一段と低くなっていて、今より下水設備もよくなかったせいもあって、ちょっとの大雨(という表現はなんかおかしいけど)ですぐ下水があふれ、町家造りの我が家の通り庭はすぐ浸水しました。
上から下からの水攻めは勘弁してほしい~(苦笑

そんな状態だったので、大雨や台風が来そうなときには事前の準備として、履物を上にあげていましたっけ。
今の家ではそういう準備はあまり必要ありませんが、今回の台風の雨漏り対策として、濡れちゃまずいものは雨漏りゾーンから隔離。夜中のうちに雨漏りが始まっても大丈夫なように、あたりに新聞紙を敷いておきました。
今も洗面器に雑巾を敷いたものをひとつ、その新聞紙の上に置いてあるのだけれど、先ほどから新たにその新聞紙の部分に落ちる音がし始めました。や~れやれ。

パソコンももう少し遠ざけたほうがいいかもしれないので、このへんで。皆様もどうかお気をつけて。被害が出ないといいんですけど。
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード