FC2ブログ

必要経費、ではありますが

昨日ログの電気料金のお知らせが届きました。
金額を見てびっくり!
9519円・・・・・・(絶句
12月24日~1月26日までのものですが、ほぼ無人のログに毎年冬場はこれだけの電気を使っているのです。
水道の凍結防止のためなのでどうしても必要なのですが、これは結構痛いですね。実際に住んでいたらいったいどれだけかかるやら。

冬場でも日差したっぷりな阿智村のこの地域では、屋根に太陽光パネルを設置しているお宅がとても多いです。うちのログにもあったらいいのになぁ、とよく思います。
強度の問題もあるでしょうけれど、屋根が無理なら地面にでも設置できるたらいいのに。でも資金がないので、真剣に調べようともしない私。やるなら消費税が上がる前の、今でしょ!なんですけど。

他にもウォシュレットが取り換えたいとか洗濯機が欲しいとか、そこそこ高価なものに対する物欲がふつふつとわき上がる今日この頃(笑

スポンサーサイト



ルージュ・マジック?

厚顔無恥というか面の皮が厚いというか、たいていの化粧品は使っても肌トラブルを起こさない私の顔。
よって使う化粧品にもこだわりがあまりなく、しいていえば出来れば無香料がいいけれど、弱い香りで好みのものならあっても可だし、メーカーも絶対ここで全品揃えなければ、ということもないので、もうバラバラバラエティ(笑
そして、高価なものはひとつもございません。
特に化粧水など、質より量。乾燥肌なのでたっぷり惜しげもなく使いたい、となるとあまり高いものは財布との兼ね合いもあって買えませんから。

メイクもアレルギー性結膜炎のこともあって目元には一切施さなくなったので、アイラインやアイシャドウは不要になってかなり経ちました。眉だけは「まろ様」になってしまうので、アイブロウペンシルだけは持っていますが。
それらメイクに関するもののほとんどと化粧水、そしてクレンジングはオルビスのものを使っています。前述のアイブロウペンシルは気づくと残りわずか!ということがほとんどなので、スーパーに買い物に行ったときに買っています。もちろんカウンセリングなしのやつね。

そのメイクのうちの口紅。
ローズ系とレッド系の2本だけに絞って持っているのだけれど、そのうちのレッド系の残りが少なくなったので、そろそろネットで注文しなければ・・・と見てみると、あれ!
新製品への切り替えで、在庫限りで販売終了とある。しかも!私の欲しい色は既に販売終了の文字が・・・

オルビスを使うようになって結構経ちますが、この口紅に関してはこれで商品入れ替えが2回目。そのたびにお気に入りの色が使えなくなって次にどれを替わりに選ぼうか悩んでしまうのです。

口紅というものは不思議なもので、中には「見たままの色」を標榜する商品もありますが、たいていの場合使うひとの唇の色で微妙に色が違ってしまうもの。
ネット上の、唇に塗った色見本写真を見て、代替をどれにするか考える・・・というほどまだ色の種類がなく(6種類)、そのうちレッドは1つしかなかったので試しにそれを購入することにしました。
オルビスのいいところは買った品数だけどの商品でもサンプルが無料でもらえるところ(マニキュアなどはサンプルなし)。
他の色がどんななのかも気になるので、リップのサンプルをもらうことに。

ログから帰ると商品が届いていました。
早速開封して、わかりやすいサンプルを見てみると、あれ?!
私が買ったリップの色が、思ったよりずっと暗い!それにレッドとあるわりにはローズ系に見えるし・・・
これは返品、かなぁ。
かと一度思ったけれど、一応自分で試してみてからに。
昨日試しにサンプルを塗ってみました。
すると、あら!
見た目よりずっと明るい赤に!!
下唇にそのサンプル、上唇に今まで使っていたものを塗ってみたけれど、ほぼ変わりなし。というわけで、返品するのはやめて使うことに決定。
それにしても、口紅の色って、謎ですねぇ・・・・・・

まぁそうやって新しい商品が出るたびに、値段が上がっていくのはいたしかたないことでしょうか。というより、値段を上げたくて刷新するのか?おそらく後者、でしょうね。

往きはよいよい、帰りは・・・

冬場れの木曽駒

快晴の空の下の木曽駒です。
以前はログのデッキからこの雄姿が見られましたけど、建築中のお隣のログで見られなくなりました。でもログの室内や畑からは充分楽しめます。これは畑から撮りました。

いつものように中央道を走って、恵那山トンネルを抜けたところにある温度計の数字を見るのを楽しみ?にしている私。一昨日も今日は何℃かな~とちょっとわくわく。よく寝ちゃって見そびれることもあるんですけどね(苦笑
その温度は   マイナス5℃   でした。さっぶ~~~っ!
山陰げで陽があまり差さないところではあるのだけれど、それでも滅多にお目にかかれない数字。

ログのある地域は日当たりがいいので、そこまで寒さは感じないもののやっぱり寒いには違いありません。
畑仕事はないのだけれど、それでも「外男」の相方。お隣の木工職人さんの仕事で出た木くずを、畑に焼却炉を3つ据えてぼうぼうと燃やしていました。ちょっと設置した位置がお互いに近すぎて、火の様子を見ようとすると相方はどこへ行っても熱で暑くてたまらなかったらしい。火がついたらどうするの~!
そして「家女」の私のほうは、確定申告に向けて売上や売掛金のチェック。よくやるんです、記入漏れ・・・それと医療費の計算。
ログだと集中出来て仕事がはかどりました。義父母の言動に気を配らなくていいし、他にやることもあまりないからでしょう。
もうひとつ、クラフトバンドの材料を持ってきていていました。余った材料を使って(4色ほどあるけれど、どれも残りわずか)何か出来ないかと考えていたからなのですが、うっかりボンドを持ってくるのを忘れてしまって、作ることが出来ませんでした。あらら残念~!小さいかごが3つほど作れそうだったのに。でも作ったあと、どーすんの?それ・・・

さて、最近ログへ来るときの相方の楽しみのひとつが、農協のスーパーに売っている鯛焼きと餅。
特に鯛焼きはお気に入りで、前はクッキングヒーターのグリルで焼いていたのですが、薪ストーブの季節になり、その上にアルミホイルを敷いて焼くようになりました。
うちのストーブは小さくて、オーブンの様に使うことは出来ませんが上部はかなり高温になるので、例えばお湯を沸かしたり、鍋の保温などは充分可能。
なので、鯛焼きもストーブの上に乗せてしばし待つと

イケメン?の鯛焼き

このように、目鼻立ちくっきりのイケメンの鯛焼きに。
皮がかりっとするのがいいんですよね。
そしてこの鯛焼きは安い!1尾あたり70円。しかも鯛焼き評論家(笑)の相方によると味もいいのだそう。
大判焼きとか鯛焼きとか、それほど違いなさそうに思うのだけれど、やっぱりおいしいのとそうでないのがあるみたいですよ。私はほとんど食べないのでよく判りませんが。

月曜夜から昨日朝にかけてはかなり冷え込みました。

初見(笑

外の直接陽の当らない場所に置いた100均の温度計。100均とは言えど、機能はそれほど悪くないと思うのですが、マジか?と思えるこの気温(苦笑
夜なんかも、薪ストーブで暑過ぎると思う室内から星を観に外へ出ると、それはもう冷え冷えで。サウナから水風呂に入ったような感じ?で、暖まっていた体もすぐに冷え切ってしまうほど。
お隣飯田市の朝の最低気温がマイナス5~6℃くらいだったので、やはりこっちのほうが冷え込むんですね。

この写真を見て、自分の指先がガサガサなのに気づきました。
お湯を使って家事をするので乾燥するのは当然なんですが、薪ストーブがねぇ、それに輪をかけるんです。
おかげで、お風呂で使ったタオルがパキパキに乾きましたけど。

昨日も朝から天気がよかったので、相方は延び延びになっていたデッキのペンキ塗り。
デッキって出入りのとき必ず使うところなので、ペンキ塗りのタイミングが難しいんです。しかもうちのデッキは屋根がなく、すぐにペンキがはげちゃうし。
私はといえば、食事の支度と後片付け、あちこちの掃除をしました。
いつもあまりやらないところも掃除しましたが、それでも狭いログのこと。わりと短時間で終わってしまいます。
あとは読書もしましたが・・・

昨日は名古屋に帰らなければならない、と思うと、今まで以上に憂鬱でした。
一泊二日の現実逃避が終われば、また「いつもの」煩わしい日常が待っているわけで。
相方は冗談めかして「お前だけここに残ればいいがや~」ともろ名古屋弁で言うんですが、それはそれで相方やRINGOの食生活が心配だし。
バイトに行っている月も、週5日のうちに家のなかがどれだけ汚れるか、ということにあまり気づかない(気にならない!?)のですよね、彼。

嫌々戻ってきましたが、案の定帰る早々「・・・」と思うこと山積。
家を留守にするのも気になりますが、それでも私はログへ行く!仕事にも行く!家のなかばっかりじゃイライラがつのるばっかりだもんね。

片づけは奥が深い

町内の廃品回収に立ち会って、先ほど帰って来たところです。これも保健委員のお役目。
今朝は冷え込みがなかったので助かりました。

昨日は午後から、先日片づけ途中だった文具の入った引き出しと、2階の義父母の服を片づけました。2時間ちょっとでしたが、引き出しはともかく、2階の部屋のいたるところが汚いこと汚いこと!
だいたい2階に上がると、湿気臭いんです。
でも認知症になると嗅覚が衰えるそうで、義母も同様。昔交通事故で頭を強打して、ただでさえ普通より劣っていた嗅覚がほぼ全停止に近くなっているようで、その湿気臭さに全く気づいていません。

昨日は幸い暖かなほうだったので、南北の窓を開け放してマスクを着用していざっ!

掃除機、から拭き、固く絞った雑巾での水拭き、またしても大量に出たごみを袋に押し込みと、ひとりで全部やったのだけれど、これ誰かと一緒にやってビフォーアフターの喜びを分かち合いたかったなぁ・・・
というより、誰ひとりこの部屋の惨状を理解していないんだもの。
私一人がギャーギャー騒ぎ立てているだけのようで、片付いたのは喜ばしいけれど、誰に褒めてもらえるわけでもなく、疲労感・徒労感に苛まれるだけやんか。

あぁ、あほくさ。

この「あほくさ」を助長したのが、義母の鏡台に置いてあった紙筒。
大きな姿見のある、鎌倉彫のようなレリーフが施されたこの鏡台。もちろんもれなく埃まみれで、レリーフの部分など掃除しにくいだけやんか、とぶーぶー言いながら拭き掃除しました。
その上に、賞状などを入れる紙筒が2本、こちらも埃まみれで置いてあったので、中に何か入っているのかいな?と見てみると、2本とも空。

なんやこれ。要るの、か?

と思って階下の義母に訊きに行くと、自分の失敗を言いわけするかのようにいろいろ言うわけです。
要約すると、中の賞状は(多分川柳の句会でもらったもの)処分したけれど、なんだか未練があってその紙筒をとっておいた、ということらしい。
ここで私は、なんで紙筒に未練、なんだ???と不思議に思うわけです。
中に入っていた賞状に、ならまだしも解るけど。
まあでも、思い入れのあるものならとっておけばいいんじゃないか、と義母の話を聞きながら埃を拭き取っていた私の手からその紙筒を強引に奪い取ろうとして、自分で処分する、とおっしゃる。

あんたが思い入れがあるから、こうして拭いてるんじゃないの!!!
置いておくなら、ちゃんと掃除したらどうなのっ!!!!!

いやもう、まじキレです私。

ちょっと片づけただけでこのありさまですから、まだまだある膨大な量の、私に言わせれば「ごみ」を始末するには、さらなる葛藤が待ち受けているのでしょうね。あ゛~~~やだやだ!

一方、文具の引き出しの方はというと、私ひとりで使っているものでもあるしある程度のリストラも行ったので、とても気分良くお片づけ完了。
ものが少なくなって取り出しやすくなったし、筆記具、貼るもの・切るものとゾーン分けも行ってわかりやすい。
なにより数が多く、かつ転がって始末が悪かったマステを、今まで筆記具を入れていた細い缶に立てて並べたので、柄も見やすく扱いやすくなりました。
この引き出し、常時使う1軍、とまではいかないけれど2軍とも言えないものばかり。なのでざっくり収納だけでもダメなんですよね。

他の家族にとってはどーでもいい話なのかもしれませんが、暮らし愛好家としては少しずつでも家のなかを整えていきたい。
本当はもっと大々的にモデルチェンジ?したいところなんですが、あまり変えてしまうとどこに何かあるか、私しか知らないという事態になりかねません。既にその傾向あるし(特に認知症や高齢者)。奥が深いなぁ、整理収納って・・・

さて明日明後日とログへ行ってきます。今夜から冷え込むそうなので・・・でも薪ストーブ焚けば名古屋のこの家よりうんと暖かいですからね。

本の話じゃなかったのか?

昨日も歯医者に行ったけれど、虫歯の親知らずを抜くのはまたも次回に持ち越し。
でも次回は一応全ての処置が完了するんじゃないかな~、と思っています。そうじゃないと困るし。
バイトが始まることもありますが、この季節風邪をひきやすいし、もう少し経つと今度は花粉症のシーズン。くしゃみや咳、鼻水など、どれも歯の治療をするには問題あるじゃないですか。
という私も少し風邪気味かな?と思うので、来週金曜まではひどくならないようにしたいと思っています。

さて、楽天ブックスで予約していた川上ユキさんの新刊が、発売日より2日遅れでようやく昨日届きました。予約商品は発売日に届くように手配、なんて書いてあったのにねぇ。ちょっと努力が足りないんじゃないの?

TVや雑誌でも活躍している川上さんの新しい本は「収納をカエテミル」。「カエテミル」シリーズの3冊目。
私が彼女の本を最初に買ったのが、「もっとカエテミル」というシリーズ2冊目の本。1冊目は読んでいませんが、買ったきっかけは書店で平積みにされていて、彼女自身が描いた表紙絵に目が止まったこと。

色がきれいで、かわいい!
力の良い感じに抜けた線と、ちょっとスモーキーな色合いがいいなぁ。

昨日の大橋歩さんもそうですが、私イラストレーターの書いた&描いた本が昔から好き。
文章と絵の両方楽しめるんだもの。
西村玲子さんや中山庸子さん、杉浦さやかさんと変遷し、今一番のお気に入りが川上さん。でもあくまで彼女の本が好きであって、TVとか雑誌は全く見ませんが。

「カエテミル」シリーズはイラストがメインで、読んで解るより見て解る整理収納の本。右脳派タイプのひとにおススメですね。
私は左脳派なんですが、それでもこの手の本は見ていて楽しいし(ここ、結構大事なポイントかも)、やる気が出てくるんですよ。
昨日も読み終えた後無計画に引き出しをひとつ片づけ始めてしまい、時間内に収拾できなくなってしまったアホな読者なのでありますが(苦笑

整理収納には勢いも必要ですが、勢いだけ、ではダメということがよくわかりますね。

この前やった引き出しもそうなんですが、引き出しひとつと言っても大きさによってかなりのものが入っていて、整理するのにどえりゃあ時間がかかっちゃうことが多いです。
そして、要らないまたは使わないものが本当に多くてねぇ・・・
昨日片づけていた引き出しは文具用のもの。
頭を悩ませているのが筆記具。特に鉛筆!ほとんど使うことがないのに、以前国勢調査のバイトのときに渡された鉛筆が全部で20本くらいあります。うち半分は未使用のまま。他にも亡父が国鉄勤務のとき使っていた、いや未使用だから使っていないけど(笑)古い鉛筆も数本あるし。
なぜかボールペンの替え芯もかなりある。買った記憶があまりないけど、使えるんだろうか・・・
かなり昔にお隣さんからいただいたカラーペンも、書けるけれど使わずして20年くらい経ってしまったので、これは処分。
他にも以前HEICOから無理矢理押しつけられた?裏にエジプトの王と王妃の石像がプリントされた便箋も明日の廃品回収に回したり。

かわいいというだけで買ってしまった、動物の形の輪ゴムやクリップも使ってなんぼ!と、使いやすい場所に移動させて。
マステもよく使っていますが数も多くて。引き出しのなかで転がるのが難ですよねぇ。使いやすく戻しやすいしまい方を検討しなくては。

本のことを書いているうちに、片づけの話になってしまいました。さあ、書いてばかりいないで、そろそろ動かなくっちゃね。
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード