FC2ブログ

決めたときから、旅は既に始まっている

昨日は隣の三重県で特別警報が出されるほどの豪雨になりました。夜中はどうなるかと心配でしたが、何も知らずに眠れるほどの状態で済んでいます。
夜明け過ぎから風の音が大きくなってきて、今はひっきりなしに唸るような音を立てて吹いています。雨は今のところ、それほど強くは降っていません。

去年までは台風というと、このパソコンのある部屋の雨漏り対策が大変でした。
雨漏りの困ったところは、雨が家のなかに入りこむ場所が特定しづらいこと。
去年の台風シーズン過ぎに、一応ここからと思われる場所を修繕してもらいましたが、それ以降では初の台風襲来です。
昨夜は念のため、雨漏りしても機材に影響が出ないようにビニールシートをかけたりと対策を施しましたが、さて、どうでしょうね。

さて、昨日も雑誌を買いましたが、クレジットカードのポイントを図書カードと引き換えたこともあって、最近本の購入が多いです。
でも最近気づいたのだけれど、図書カードの存在ばかりではなく、精神的に落ち着かないとき、気持ちが揺れ動いているときに本を、それも家にあるものではなく、まだ読んだことのない本を読みたがる傾向が私にはあるようです。
一種の精神安定剤と言えるかも(苦笑
家にいた二ヶ月間、義父母のことでイライラすることが多かったので、余計にそうだったんでしょうね。

この前買った、奈良にある超有名なカフェ、「くるみの木」のオーナー、石村由起子さんの「暮らしのコツコツ」という本を読んでいて、なんとなく奈良に行きたくなってきました。奈良のことが書いてあったわけではありませんが。
同じ「ゆきこ」という名前ではありますが、いやもう、えらい違いであります。
私が前に読んだ石村さんのことを書いた記事を読んだとき、「このひとがお姑さんだったら、やっていけない」と真剣に思いましたね。実際は私とそれほど歳が違わないんですけど(苦笑

この本は近くの書店では見当たらなかったし、本を買いに出かける時間もなかったのでAmazonで購入しました。
すると閲覧履歴からのおすすめに、奈良や京都に関する本や雑誌が並び始めました。
Amazon商法にまんまとひっかかるのもくやしいんだけれど(笑)、でもそこに出てくる本などは私のツボを突いてくるものが、確かに多いのは事実。
それらを見るうちに、急に京都へ出かけたくなりました。
それも、神社仏閣ばかりではない、なにか別の京都が見てみたい、と。

そこで、決めました。
9月に入ったら、京都へ行こう。
そしてその「なにか」を決めるために、京都本を買いました。タイトルも「おひとり京都の愉しみ」。
中古で本体¥131、配送料¥257。送料のほうが倍近く高い、なんてねぇ。
5年ほど前に出版されたもので、状態はとてもよく、ほとんど新品。

その本のなかで紹介されていて興味を惹いたのが、元小学校だった校舎を利用した、京都芸術センター。
文章を読むうち、いつだったか京都で見かけた近代建造物を思い出しました。
味のある近代建造物、好きなんだよなぁ。
調べてみたら、戦災に遭っていない京都にはたくさんそういう建物が残っていました。

これよ、これ!
こういう建物に、会いに行こうじゃないの。

いくつかお目当てを決めて、あとは気の向くままに。
若い頃は最初から最後まで、行く場所を決めて動きましたけど、この歳になったら好奇心と体力・気力を天秤にかけて、重たいほうへというのがよいと思うのです。
なのでなかなかツアーでの旅行に出かけられないのですよね。勝手気ままが許されないから。
今から出かけるのがすごく楽しみです。

と、書いていたら先ほど強い風がびゅーっ!と吹き荒れました。こんな天気ですがRINGOは仕事。相方がこれから車で送っていくところですが、被害がこれ以上大きくならないことを祈るばかりです。

きれいの参考書

台風で相方と、RINGOを職場に送るついでに買い物に出かけました。
普段は一緒に買い物に行くことはあまりありませんが、今日は彼が欲しいものもあったので。
ひとりだとさくさく出来る買い物もふたりだと時間がかかってしまったりするわけですが、今日は逆にそれを楽しんでいた感があります。
たった2時間ではあるけれど、なかなかよい時間の過ごし方が出来たかな?

そのとき書店にも寄って、久しぶりに雑誌を買いました。
普段あまり雑誌は買わないのですが、図書カードもあることだし、ね。
買ったのは「大人のおしゃれ手帖」という、宝島社から出ているもの。
“日常のおしゃれと暮らし”を素敵にする40代、50代のライフスタイルマガジン、というふれこみで、私もなんとかターゲットの範疇にあるかな?ということで、以前からちょくちょく立ち読みはしていました。でも買うのは初めて。

最近の女性誌には付きものになっている付録も、もちろんありました。
9月号の付録は青いフラワー柄の巾着付きトートで、中身が見えないし大きさもほどほど。この手の付録としてはいいほうじゃないかな。
私の感覚では、付録と言えば子ども向けの雑誌についているもの、というところなんですが、今では書店の店頭に各雑誌の付録が展示してあるくらいポピュラーなものになりましたが、やっぱり出版物は中身で勝負!していもらいたいな。
今回買った決め手になったのは、メイン記事の「センスが怒る40代、50代の家と服」。
『おしゃれな人は暮らしも素敵!』という副題がついていますが、これ、逆じゃないかな?と私は思う。
おしゃれな人が必ずしも素敵な暮らしぶりとは限らないような気がします。
逆に、素敵な暮らし方をしているひとは、自分なりのおしゃれ哲学を持っているような気がしますね。

私は、と言えば、そのどちらでもなく。
もちろんどっちもダメダメです。

いつもどことなく片付けきれない家のなか。
そして、清潔であることだけはなんとかなっているけれど、小柄で太めの50代後半の自分に似合う服がどんななのか見極めきれていない実情。

どっちも、もう少しなんとかならないか!と苛立ったりしてね。

この雑誌は、受験生が使う参考書のような気分で買ってみました。あくまで、教科書として、ではなく。
おそらく暮らし方もおしゃれも、自分に適しているものは自分で探し出し、見つけなければならないんじゃないかな。
おしゃれに関しては、ときには他人の意見も参考にはするけれど。
私の場合、やっぱり一番参考にするのは、娘・HEICOの意見。彼女は私にとっては小姑のような存在。姑なんぞ全く怖くなくなった今、世界最強と言えるかもしれません。
でも彼女の意見は核心をついているし、変に阿ることもお世辞もない。
相手の言っていることは本当か?と疑う必要もないし(心やさしい私の友は時にこちらが傷つかないように無理することがあるので)。

その最強のアドバイザーは最近恋人が出来て忙しく、母親のことなんぞ構ってくれません。いいよ、いいわよ。自分のことは自分でするさっ!(投げやり:笑

夏の冷えにご用心

昨日は夕方過ぎころから急に涼しくなり、久しぶりに扇風機もなし、しかも長袖のパジャマで充分心地よく眠れました。あぁ、もっと寝たかった・・・(笑
いつもより30分ほど余分に寝ていましたが、そのうち義母が起き出すだろうと嫌々起床。
このところ寝起きに腰が痛くてたまりません。バイトでずっと座ったきりなのがいけないのかしら・・・
そのうえ、昨夜は大丈夫でしたが、その前三晩、夜中にふくらはぎがつって激痛で目が覚める、というより、ふと目覚めて伸びをしたときにつった、というのが正確かな。
とにかくふくらはぎの筋肉を鷲掴みにされた上に雑巾しぼりしたような感じで、隣で寝ている相方を起こすような声を上げるわけにもいかず、ひたすらストレッチをしながら痛みに耐えていました。

これはおそらく、冷えが原因。
パジャマのズボンは長いけれど、どうしてもまくれ上がってしまいます。
そして扇風機。これもよくないと思いつつ、暑さのためつい使ってしまうのですよね。
効きすぎるクーラーもなんですが、扇風機の風、というやつは結構厄介。
私は頚が急所のひとつなので、ここにあまり扇風機の風が当たりすぎると、てきめんに気分が悪くなります。
寝る時も直接風が当たらないようにはしているんですが、難しいですね。

さて、本当は今日明日とログへ行く予定にしていました。
でも台風には勝てません。ケンカを売る方が無謀、というものです。
往きはまだよいとして、帰りがかなり微妙なタイミング。帰れないと困るし、第一年寄りに家は任せられませんから。
バイトで日中家にいないので、私のストレスはかなり軽減されていましたが、今日明日は結構また溜まりそう(苦笑
台風に備えて準備もしなくちゃいけないし、一週間ろくに掃除していないので家じゅうの汚れも気になります。
まずは掃除にとりかかりましょうか。時間があったらまた更新するかも、です。

ログ・夏の楽しみ

今朝は久しぶりに熱帯夜から解放されて、よく眠れました。やっぱり自然の涼しさは違いますね。

先月末の二日間ログへ行ってきました。
今回はあまり収穫するものはありません。唯一のものが、未熟なものを生で食べるコリンキー。
去年も、もういいわ~と言うくらい勝手に(笑)たくさん出来ましたけど、今年もやっぱりごろごろと。

今年もごろごろコリンキー

これが初日に収穫した分。ちょっと小さめだった3つは翌日収穫しました。
ちょっと熟しすぎたものもありましたが、それはそれで生でではなく、加熱調理して食べれば食べられないわけではないので。ちなみに昨夜はカレーに入れました。ニンジンと思って食べると超軟らかいので、えっ!?となるのが面白い(笑
このコリンキー、去年は苗の生育も本当に旺盛で、隣近所を「荒らし」に行くほどだったのですが、今年はそこまでの勢いはありません。苗の周辺に生えている雑草を抜いたら、なんだかとてもしょぼくれて見えます。

畑にあるのは芋、カボチャ

これは帰宅直前に撮った写真で、一番手前がコリンキー。隣に植えた細長い、その名も「ながちゃん」というカボチャの生育具合と比べても、元気のなさが一目瞭然。
まだ生り花がありますが、今度収穫出来るのはあまり多くないんじゃないかな。
その隣のながちゃん、一見すると全く出来ていないようにも見えるのですが、勢いよく伸びた葉っぱの下に結構隠れた存在がごろごろしていました。こちらはもっと熟さないと収穫出来ません。楽しみです。コリンキーみたいに黄色だと目立って判りやすいから、収穫するとき便利なんですが、こっちは慎重にやらないと、と思っております。
今年の梅雨は空梅雨傾向でしたので、特にサトイモは今後の生育が心配です。

さて、夏にログへ行くと楽しみなのが、散歩で出会う野の花。

野の花2

これは前回、7月20、21日に行ったときに摘んだ花。ナデシコは田んぼをやっていたHさんが亡くなって休耕中の田んぼののり面に咲いていました。水が張ってあったら採りに行けないところでしたが、自然に楚々と咲くナデシコのきれいなことと言ったら!
残念だったのは、いつもなら咲いているツリガネニンジンが、草刈りとその後バーナーで焼かれたため全く姿がなかったこと。管理する側から言えば仕方のないことなのかもしれませんが、う~ん、残念・・・・・・

そしてこちら。

驚異の生命力!

これは野の花、ではなく、以前誰かが植えたものが今年も咲いたのではないかと思われる、ルドベキアの仲間。
花を摘んだのは上の写真と同じ日だったのですが、この写真は今回撮ったもの。つまり10日経っても生きていた!という驚異の生命力。結構暑い日もあったし、水も残りわずかだったんですけどね。

野の花3

今回摘んだのがこれ。前回のと似ていますが、いずれにしてもその辺に咲いている花だけで充分楽しめるのがうれしい季節です。暑いけど(笑

まぁ夏は暑いのが当たり前。湿度が低い分、名古屋よりまし、ってもんです。
この暑さとお日様、そして風を利用しない手はない!ということで、前回から使い始めたのが

ぐっと増す生活感(笑

もの干し竿。
これを設置して洗濯ものを干すだけで、一気に増す生活感(苦笑
まぁこっちに移住したら毎日こんな風景なんですが。
このもの干しセット、相方がいつだったかお客様のところで要らなくなったものを、不用品回収業者よろしく持ってきて、ずーーーーーっとログの外の片隅に放っておかれていたもの。まだまだ充分間に合います。

ログが増えて、広々感が乏しくなってきました


先ほどの畑の写真と同じときに撮った写真。
お隣も建ってかわいい子どもさんたちの声もして賑やかになったのはいいのですが、こうしてみると、広々とした当初の雰囲気は残念ながら減ってしまいました。まぁでも、ちょっと視点を移せば広大な景色が広がっていることに変わりはないですからね。

最後に、夏場結構暑くて水やりもしてもらえないという過酷な土地に移植されて、初めて咲いたアジサイの写真を。

移植して初めての開花

朝晩は涼しいので、まだあちこちできれいに色が残ったアジサイを見かけますが、我が家もやっと仲間入り出来ました。このアジサイの傍にはコスモスも成長中。こちらも開花が楽しみです。

シーズンですから

昨日一日行っただけですぐ土日になってしまったバイトって、なんだか気が抜けたビールみたいな感じがしますが、まぁ最初はウォームアップというか、こんなくらいでいいのかもしれませんね。
昨日は5時半から公園の早朝掃除があったので、念のために4時半に起床。そして今回は洗濯ものが多い夏場ということもあって出勤時間を9時半からにしてもらったのですが、まだ慣れなくて時間の使い方がうまくいっていない感じがしました。
バスの時間まで、妙な空き時間が出来てしまったりで、いや、もったいない。
まぁこれもそのうちペースがつかめるんじゃないかとは思っていますけど。

水・木曜と出かけたログの話もしたいのですが、まずは昨日起きた「事件」について。いや、「事故」と言うべきか。

バイトが終わってからバスが来るまでに間に、すぐ隣にある銀行のATMで振込、その向かいにあるドラッグストアで買い物をするべく急ぎ足で歩きながらスマホをふと見ると(本当は歩きながらはいけないのよね)メールが一通。珍しく相方からと、思ったら

顔 刺された C病院の 救急で 点滴 終わって 今 現場に戻る

なんかモールス信号のような文面ですが、こういうのが苦手な相方、これだけ打つのに多分数分かかったことでしょう(苦笑

咄嗟に蜂だ、と思ってタイトルを見ると「アシナガバチ」とありました。あぁ、またか~。
昨日の現場は自宅から近いところで、広い庭にたくさん木々が植わっていて、私たちは「ジャングル」と呼んでいます。
以前は私も手伝いに行ったことがありますが、掃除をしていたら白骨化した猫がいてびっくりしたことがありましたっけ。まぁかえって骨になっていてよかったとは思いますが(苦笑
以前もそこで顔を刺されて、さながらガッツ石松のように変貌したことがあったのだけれど、今回は救急処置として点滴を受けたことと、刺されたのが右目の目尻の下あたりだったため、顔の腫れは右半分で収まりました。

でも、 look like a bulldog (笑

あと右手の甲も刺されて、ぱんぱかぱんに腫れあがってまん丸。まるでドラえもんの手みたいじゃない~。色は違うけど(苦笑

救急外来でかかりつけ医に診せるように言われていたので、夜診察に出かけ、もう一度点滴を受け薬ももらって帰宅しました。
一夜明けた今日は、まだしっかり?腫れています。

本当は明日明後日と、毎年恒例になっている日本海への海遊びにおやじ仲間と出かける予定になっていたのですが、もちろんキャンセルとなりました。
もしかしたら、私がこの海行きについてあーだこーだと文句を言っていたのが神に通じたのかも。
だってじじばばのお守りを私に押しつけて?自分だけ遊びに行くなんて、なんだかちょっと面白くないなぁって思っていたんです。
相方には気の毒ですが、今回は諦めてね。でも毎年一度は海に入りたがるひとなので、いずれまたどこかへ行くって言いだしそうですが。

グリーンカーテンの新顔

この花はマンデビラ。
今年グリーンカーテンに初めて使ってみました。
というのも、種を蒔いた朝顔の発芽がおもわしくなく、これでは間に合わない!と朝顔の苗を買いにいったらもう扱っていなくて、仕方なく買ったのがこのマンデビラ。黄色2つと白1つと買って植えたら、この黄色が他の苗2つより成長が早く、今朝初めて開花。

その後プランターからは遅ればせながら朝顔が次々発芽して、今やごちゃごちゃになっております(汗
私としては青い朝顔とマンデビラの黄色や白との組み合わせがどんなふうになるか、とても楽しみにしています。でも朝顔はまだ発達途上だし、あと2つのマンデビラもつぼみはまだまだ小さいので、その様子をお知らせ出来るのは相当後になりそうです。

それにしても、蜂には充分気をつけてくださいね。相方は1つ巣を見つけて取り除いたので、もう大丈夫と思いこんでしまったのが失敗でした。ジャングルにはいくつも巣があって不思議じゃありませんからね。もしかしたら、スズメバチだって・・・おぉ怖!


プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード