FC2ブログ

干し柿シーズン

相方は昨日朝、義父を大学歯学部の付属病院へ連れていきました。
今年の春から歯を抜いたり型をとったりして、半年かけて作った義歯が「合わなくて痛い」と一度つけてそれっきりだったためです。
多分半年入れ歯をつけずにいるうちにつけ方を忘れたというか、うまくつけられなくなっただけなんじゃないか、と私は思っていましたが、多少金具を締めたくらいで、あとはつけ方のレクチャーを受けて帰って来たようです。
昨夜外して、さて今朝はうまくつけられるでしょうか。私は多分またあーだこーだと言って外してしまうんじゃないかと予測しておりますが。

書きたかったのは入れ歯の話じゃなく、帰宅後お昼になるまで相方が採った我が家の渋柿。

うちの渋柿はかなり大きくて、しかもかなり大量に生ります。年によって表と裏とありますが、裏年にしてもかなりの数。で、今年はどうかというと、多分表年。
1時間半ほどで相方が採った数がおよそ300。まだ木に残っていて、見渡すと100はありそうな感じです。
毎年ご近所や知り合いで干し柿を作りたい人におすそ分けしていて、昨日も早速お隣へ50個お嫁入り。今朝洗濯ものを干しに二階へ行ったら、もう皮をむいて吊るしてありました。仕事、早ーっ!(笑

私も収穫の手伝いをしました。と言っても木に登れないので、相方が猿のように木に登って採った柿の入ったバケツを受け取る係。
で、どうしても上ばかり向くことになる→頚痛悪化、となるわけでして。
パソコンを使うとこれに輪をかけてしまう。
上ばかりじゃなく、下ばかり見ることの多い台所仕事もよくなくて、結局は同じ姿勢が続くというのが一番いけないみたいです。

そんなわけもあって、ブログの更新を休み休みにすることにしました。
どうせ来月はバイトや選挙であまり更新出来ないので、休み休みはずっと休みになっちゃうのかもしれません。
ブログを休んだところで仕事でパソコンを使うので、なかなか痛みは治まらないとは思うのですが。
次に更新するときには、ちょっとはましな状態になっているといいなぁ。
スポンサーサイト



下向きな気持ちを上方修正するには

昨夜は久しぶりにHEICOがやってきて、帰りは車で送ったために就寝したのは日付が今日に替わってから。
それからしばらくして、マメのけたたましい鳴き声が聞こえてきました。
これまで数回同じような状態になったのですが、てんかんとまではいかないのだけれど、体が突っ張ったようになってしまうのです。
以前飼っていた犬は本当のてんかん持ちで、発作のあとはしばらくフラフラして足元も頭のなかもよれよれでしたが、マメの場合はしばらく横たわっていたかと思うと急に起き上がって、ごく普通の状態にもどります。
なので、相方も私もマメのことが気になりつつ、温かい布団から抜け出せずそのまままた眠りに。

ところがしばらく眠ったあとトイレに行きたくなって起きてから、眠れなくなってしまいました。それが午前3時半前。
それからアラームが鳴る5時前までの長いことと言ったら!(苦笑
頚や脚の付け根の痛みが原因ですが、夜中眠れないとろくなことは考えないし、思考の方向性が暗い方暗い方へどんどん進んでいってしまうんですよね。
起床して動き始めれば、夜中の暗い思考パターンはどこかへ行ってしまって、あんなに深刻に考えなくてもいいのかなぁ、などと思えてくるのだから、朝の力は偉大です。

心身ともに健康であることが一番望ましいですが、これから加齢に従ってその健康は損なわれがち。
特に見た目からはおそらくそう思わない人がほとんどだとは思うけれど、神経質で根暗なのが本性の私。意識的に明るくする努力をしないと、昼間も昨晩と同じような思考パターンになってしまう可能性大。

ここは久々に、「自分にご褒美」作戦を実施するか!とたった今思いつきました。
今ほどコンスタントにバイトがなかった時は、仕事の区切りがつく度に自分へ小さなご褒美をプレゼントしていました。
ここ2年ほどは年の半分は仕事が入っているので、そのたびに何か買っていたらお金が貯まらないし物が増え過ぎてしまいます。
おいしいもののご褒美もたまにはいいでしょうけど、そのつけは確実に自分の身に帰ってくるし(笑
なのでいつしかそういうご褒美から遠ざかっていました。なので、久しぶりにいいんじゃないの?と勝手に解釈して。

今これといって個人的に欲しいものってないんですけど、時あたかもクリスマスシーズン。女心をくすぐるものは世の中にいっぱい溢れています。そんななかからひとつかふたつくらいは見つかるんじゃないかしらね。
高くても安くてもいいから、自分が心底欲しい!と思えるものを、ひとつ。
もちろん、ひとつ買ったらひとつ処分するのは言うまでもありませんが。

初冬のログ

今回のログはとりわけ寒かった!ですね。
一昨日の日中は風が強くて冷たくて、畑で作業しているうちにだんだん頭が痛くなってしまいました。寒いときにも帽子必須ですね。
そして昨日の朝はマイナス6℃。う~ん、厳しい冷え込み・・・

霜の朝

前回は夜露できらきらでしたが、今回は霜が降りて真っ白。作物も凍りついたようになっていますが、よくしたもので陽が差してくると元に戻ります。でももっと冷え込むようになると霜焼けをおこしてしまうでしょう。

寒くなったことを示す、白くなったアルプス山頂。

アルプスの頂きも雪を被って1

アルプスの頂きも雪を被って2

あれれ、あらためて写真を見たら、全然目立ちませんね(汗)。肉眼でははっきり判るのに・・・

今回は大きく育ってきた白菜をいくつかと、葉物野菜の間引き兼収穫。
前回葉っぱが青々とおいしそうだったのに、肝心の実が虫喰いやら実割れしたりで散々だった蕪もいくつか抜いてみましたが、やっぱり前回と変わらず。いやそれどころかもっとひどくなっていました。
同じく根っこを食べる大根のほうも、同じように虫喰いが発生。ただこちらは蕪と違って長さがあるので、ほとんど食用にならない蕪に比べればいくらかまし。虫喰いは地面すれすれから下5センチくらいのところに集中する傾向があるので、それより上や下はまだいくらか食べられますので。

ただ、ちゃんとできた野菜については、義弟の店に置いてもらって販売するため、今回の蕪や大根の成績は非常に残念。お客さんも大根には特に期待しているようなのでなおさらです。
今日仕事の用のついでに相方が義弟のところへ白菜と水菜などを持っていきましたが、この水菜、食べるぶんにはシャキシャキとしておいしいんだけれど、収穫や販売のための袋詰めの際には、この細い葉や茎が隣と絡み合って扱いにくいったらありゃしない!
プロの作品?ではないし、きれいに洗ったりもしないので高くは売れませんが、それでもいくらかお金になるのは成果が目に見えてうれしいです。来季の種用資金にもなるし。

うちの畑ではほとんど農薬を使わず、肥料も有機肥料を使っていますが、先日肥料が足りなくなって一番近くのホームセンターへ行ったところ、並んでいる肥料のほとんどが化成肥料。
即効性があるし早く大きく育つからなんでしょうけれど、これだけ置いてある、ということはほとんどのプロの農家はこういうのを使っている、ということなんですね。
どうしても消費者は見た目のきれいな野菜に手を伸ばしがちですが、その裏には農薬などのリスクが必ずあることをちょっとだけでも気にとめておくほうがよさそうです。

さて、畑から話題をログ暮らしへ移しまして。
丸4年も経つとあまり変わり映えしないログでの暮らしですが、今まで使ってきた食器のほとんどが、以前名古屋の自宅で使っていたものだったり、プレミアで付いてきたもので気に入ってとっておいたものばかりで、わざわざ買うということはありませんでした。

でもあるときふと気づきました。
せっかくのログでの、数少ない食事の時間。
もっとお気に入りの食器を使って、楽しみたいじゃないの。

そこでことあるごとにネットだったり、実店舗などで気に入るのがないかと物色していたところに思いだしたのが、ネットショップ「北欧 暮らしの道具店」で一度見かけたお皿。
九谷焼だということだったのに、それまで私が抱いていた九谷焼のイメージとあまりに違ったお皿だったので、記憶に残っていたんですね。
楕円の形や色、サイズ、そしてお値段ともに、私の希望に適うものだったのですが、そのときはあいにくSold out。
そこで入荷お知らせメールに登録しておいたところ、しばらくしてメールが届き、即買い決定。

お皿が届いてからずいぶん経ったのですが、今回やっと使ってみました。

新顔

手書きの青の花柄がいい感じに食べ物を惹き立ててくれるような気がしません?
手前のお皿の料理は、市販の鶏皮串を串から外してフライパンで油を出すように炒って、醤油・みりん・砂糖少々で作ったたれを絡めて、上に畑で採った春菊の葉を散らしました。
この春菊の葉は、サラダで食べるとおいしいんです。ちょっと重いドレッシングが合うような気がします。私は主に市販のシーザーサラダドレッシングをかけて食べるのが好み。
奥の皿はこれも畑で採れた大根と水菜に、オイルと酢、そして醤油をさっとかけただけのサラダ。

夜は薪ストーブを焚きましたが、夜中に薪をくべるために起きたとき外へ出て見たら、文字通り満点の星空!
畑の真ん中で寝転がって見たら、夜空独り占めの感じがするでしょうねぇ。
私はまだ名古屋市科学館の新しいプラネタリウムに行っていませんが、いくらそれが素晴らしくても天然の夜空には敵いませんよね、きっと。

明日明後日は休載します

書き忘れていましたが、明日明後日はログへ出かけるのでブログはお休みします。
今月二度目のログですが、バイトがお休みの月くらいもっと出かけられるといいのに・・・と思い、バイトのある月とない月でどれくらいログ行きに差があるか、今年だけではありますが、日記を調べてみるとほとんど差がありませんでした。なんだ、こんなかよ~!(笑

ログに行くことを考慮して、来年度のバイトのシフトをどうしよう?と相方に相談したものの、これではいつにしてもあまり変わりないという結果になってしまいますよね。
ただ、来月行われるだろう総選挙だったり、来年2月の知事選、4月の統一地方選と、3年ごとにある参院選を除くとほとんどの選挙が偶数月。
投票所の業務から開票まで行うし、バイトのあるときは翌日の月曜はなかなか休みづらいものがあって、体がかなりしんどいです。
この数日、夜中に目が覚めるとそういうことがどうも気になって、しばらく眠れなくなり、睡眠不足に輪をかけている状態。眠れないと体のあちこちの痛みが気になって、もっと眠れないという、肝っ玉の小さい人間なんですね、私。

私よりずっと年上の地域の諸先輩たちがいるのに、若い(彼女たちよりは)私がこんなこと言ってちゃいけないんですけど、フツーの有権者に戻りたいです、はい。

手作りするなら実用品を:完成したのはのれんだけ、ですが

ここ1週間ほど、頚から肩、肩甲骨のあたりの凝りと痛みが半端ない状態。
それなのに、私がやりたいことやしなければならないことと言ったら、凝りがよりひどくなることばかり(苦笑
昨日も午前中は台所の流しの下の掃除、午後からは先日ネットで買った手ぬぐいを使ったのれん作りと、空いた隙間時間の編み物。ね、こんなんじゃ悪くなることはあってもよくなることは決してない!と断言出来るでしょ?

今までかけていたのれんも、「レトロ小紋」というシリーズの手ぬぐいで、ちょっと懐かしい感じの小さな柄が何種類かある中から、色合いが涼しげで夏にかけるのによさそうと選んだ「ゆうびんやさん」を3枚使って作りました。
そして一週間ほど前のこと。
そののれんをくぐろうとして、結構汚れていることに気づいたと同時に、この色と柄は季節に合ってないことにやっと気づいたのでありました。もう冬近いっていうのに・・・(苦笑

そこで早速ネットで手ぬぐい検索。
別に手ぬぐいじゃなくても作れるんだけれど、なんていうのかしら、布の厚みとか柄がちょうどいいのよね。ちなみにレトロ小紋の手ぬぐいはお値段は手ごろなんだけれどその分布地が薄くて、ミシンで縫う時に糸が引きつれて往生しましたっけ。
楽天で検索したなかで、キッチンという柄の手ぬぐいを見つけました。
モダンな感じでもあるけれどどこか懐かしい感じもする柄。
10センチ単位で切り売りもしているということだったので、2m分購入することに。
他にどんな柄があるか見ていたら、「鳩ぽっぽ」という、鳩飼いの相方に実にぴったりな柄の手ぬぐいを発見。これも買いでしょう♪こちらは文庫本のカバーにするのに充分な50センチだけ購入し、メール便で注文から3日ほどで到着。
のれんは1時間くらいで完成。まっすぐ縫うだけ・・・なんですが、このまっすぐがきれいに縫えないんですよねぇ。糸調子を取るのが難しくて。
のれん作りでアイロンを使ったので、ついでにブックカバー用の手ぬぐいに接着芯を張りつけました。これでいつでも作り始められます。

編みかけのマフラーもそうなんだけれど、編んだり(ミシンじゃなくて、手で)縫ったりする行為は、なんだか気持ちが落ち着くんですよね。無心(私の場合、無心=睡眠、だったりする:笑)になれるからいいのかしらん。
ただ編み物の場合、気をつけないと目を落としそうになることが。かぎ針ならいいんだけれど、棒針編みなので目を落とすと大変だもの。
このマフラー、本当はマフラーにまで編むつもりではなく、当初は仕事のクリスマス用ディスプレイの一部として使うために編み始めたのですが、どうもしっくりこないなぁ・・・と仕事に使うのは取りやめに。
でもせっかく編み始めたのだから、とずるずる編み続けています。
メリノウールの、目も覚めるような真っ赤な毛糸で編んでいるのに、目が覚めるどころか途中で居眠りしそうになることがしばしば。やっぱり寝不足なのよね、慢性的に。これじゃ現実になりつつある総選挙のときが思いやられますわ。
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード