FC2ブログ

今年を象徴する?一日

だらだらとキリがない紅白、そして大晦日の晩ごはんがやっと終わってパソコンの前に移動出来ました。
今朝は4時起きして柳橋へ相方と買い出し、朝食後おせちを作り始めてしばらくした10時頃、風呂釜の取り換え工事の業者さんがやってきました。
そちらはもうすっかりお任せ出来る=出る幕がないのですが、とんでもないものがその後HEICOたちによって持ち込まれました。

それは、門松。しかも、本格的なもの。
婿殿、Aクンの実家から我が家へとやってきたのです。
前日LINEで写真つきで話は聞いていましたし、庭師の相方にはさほど問題はないのですが、完成品の状態で来たわけではなく、いわば門松キットのように、部品?がバラバラの状態で届けられたため、それを組み立てなければならなくなりました。
本当は年明けにいつもの呉服屋さんに置く松竹梅の寄せ植えを作る予定でいた相方でしたが、結局それは出来ずじまい。まぁまだ日に余裕があるのでいいんですけどね。

一間間口の大きな玄関のAクンの実家の半分しかないうちの玄関。
当然キットについてきた梅や松、南天などは我が家にはあまりに大きすぎるため、多少割愛したにもかかわらず、やはり貧弱な家に対して門松だけが豪華(苦笑
Aクンによると、去年は産直の店で6千円で売っていたとか。これから毎年届くのでしょうかねぇ。
今年は玄関の締め飾りを安いものにしちゃったので、門松とのバランスが悪くてしょうがない。ご近所さんにも言われちゃいました。
だってぇ、たかが一週間くらいでごみになっちゃうわけだし。もったいなくない?
明日旅行から帰ってくるRINGOが見たらびっくりするだろうなぁ・・・

さて、その風呂釜取り替えや門松キットの到来の前に、我が家ではまた大変な事態が持ち上がってしまったのでした。
それは、義父の粗相。
強烈な臭いに、これは「失敗」したに違いない、とトイレに行くと、案の定でした。
しかもまた床にまで被害が及んで・・・・・・(泣
床材が木なので、一見しても汚れに気がつかないのですが、拭けば必ず汚れが付着します。
もう大丈夫、となるまで、何度拭いたことでしょう。

いくら大晦日で掃除もしなくちゃならないとは言っても、便器の外にまで被害が及ぶようなものは論外!
掃除しながら、前回同様どんどん怒りがこみ上げて来て、口を開けば毒ばかり吐いてしまう状態になってしまいました。
まぁ前回に比べたらまだ量が少なめだったことと、前回は私ひとりしかその場にいなくて、生の状況を相方やRINGOは全く見ていませでしたが、今回は相方がしっかりその様子を見ていて、私がどれだけ苦労しているかは判ったはずなので、少しはましというものでしょうか。

今日も朝から晩までバタバタしながら過ごしましたけど、柳橋で買い物をしながら相方とも話していたんです。そのうちこうして買い出しに出るのもだんだん面倒くさくなり、それほどたくさん食糧を仕入れる必要もなくなるかもしれないし、いつまでこうして買い出しに来るんだろうって。
面倒だと思わないでもないのですが、あのたくさんの人でごった返すなかでお店のひととやりとりしながら買うのって、楽しいと思うしわくわくするんですよね。

今夜は柳橋で仕入れたお刺身などでの年越し。
おいしいけれど、年々食べられる量が減ってきていることを感じます。
まぁ腹八分が健康にもいいですしね。

本当はもっと違うことを書く予定だったのに、義父の事件ですっかり吹っ飛んでしまいました。まぁいいや。多分明日のネタになるでしょう。
今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もしぶとく?続けますので、よろしくお願い申し上げます。と言ってもバイト月間なので、週末くらいしか書けませんけど。
今年もあと3時間ですね。よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト



今年の大晦日は

昨日は年に1度来てもらっている、風呂釜の点検の日。
前回は今年の1月だったので、もうちょっと後にしようか、とも思ったのですが、来月はバイトだし、このところ浴室のリモコンのモニター表示がおかしかったり音量を変えていないのに小さい音しか出なかったりしていたので、こんな押し迫っていたのに来てもらったのでした。
もうかなり年数が経っているので、最悪リモコンは取り替えなくちゃならないかな、と思っていたのですが、もっと悪いことに風呂釜も取り替えたほうがいいレベルになっている、と言われてしまいました。あちゃ~(汗

数年前のように突然壊れても困るし、年内ならキャンペーンをやっているのでこのお値段で、と提示された金額は定価の6割ほど。
施工業者は点検に来たのとは別で、マージンを払ってこの値段でも利益が出る、ということは、元はいったいいくらなんだ???といろいろ思いましたが、大口スポンサーである義父が元気なうちにやっておいたほうがいいな、という打算も働きました。

で、点検に来たおにいさんいわく、
「この価格は、年内で終わるキャンペーンで」云々。
え?年内ってあと今日を入れても3日じゃないの、と思い「でももう年内に工事なんて出来ないでしょう?」というと「可能です」という返事。

どうやらキャンペーン用の在庫は残り1つで、それを片づけたいという事情もあったようですが、とにかく明日、工事ということになりました。

大晦日、だというのに(大苦笑

まぁいいや、どうせバタバタなんだし(開き直り

さて、話は変わって。
ここ数年の年末の恒例となった、柳橋卸売市場への買い出し。今年ももちろん出かけます。
去年からは相方とふたりになり、今年もその予定。
何度か足を運ぶうちに慣れてきたのか、買い物にかかる時間も短くなっているような気がします。
それでも毎回買って失敗だったものってありますね。
最近では、以前書いた柳橋お買い物ツアーやこの買い出しに関する記事を検索して読んでくださるひともいらっしゃるようですが、ここで僭越ながら、初めて行くんだけど、というひとのためにちょっとしたアドバイスを。

まず、服装。
足元は濡れてもいい靴で。なにしろ水産物を扱うところが多いので。もちろん寒さ対策も忘れずに。
複数人で行く場合、ごった返すと迷子(迷大人?)になる可能性も高いので、そうなったときに落ち合う場所を決めておくことも必要かも。初めのうちは自分がどこにいるかもわからないと思うので、建物の外で覚えやすいところがいいでしょうね。
車で来る場合は、少し離れた場所のパーキングに停めるのがおすすめ。
私は以前HEICOが住んでいたマンション近くのコインパーキングに停めて、5分ほど歩いていきますが、それくらい離れただけで駐車場探しで右往左往しなくて済んでいます。
あとは買い物でなるべく失敗しないために、これだけは買っていきたいものリストを作っていくことかな。
私はもうだいたい、どこで何を売っているかわかってきたのでいいのですが、時間に余裕があるならまず一回りしてから買った方がいい。
威勢のいいおにいさんやおねえさんの売り声につい引き込まれて買ってしまったりするのもあり、とは思いますけどね。
私はまず、普段は素人が買えない市場のほうで買い物をしてから、マルナカ食品センターへ行きます。
このサイトで事前勉強しておくのも手ですが、年末以外に一度買い物ツアーに参加するととても参考になります。ただ買わせ上手なのでついつい大量に買わされますが(笑

そんなわけで明日、今年最後の更新は朝ではなく多分夜、でしょうね。私は紅白にあまり興味がありませんので。

師走のゆったりとした数時間

昨日は午前中、タカシマヤへ行ってきました。お正月に皆が集まるときの和菓子を買うのが目的です。
10時45分くらいには地下の売り場に到着していましたが、そんな午前中から大変な混雑ぶり。
私と同様、お茶菓子や迎春のご挨拶用、帰省の手土産などを買い求める人たちだと思われます。
冬休み中とあって、子どもづれもかなり見かけました。
こんなところに長居は無用、とざっとあちこちの和菓子店を見渡して、やっぱりここが安心かなと選んだのはたねや。日持ちを確かめて2種類購入して時間を確認したら、まだ11時前でした。我ながら速攻(笑

せっかくここまで出かけてきたのだから、とエスカレーターでゆっくり上へ。
お昼をRINGOと一緒に食べる約束をしてひと足早く出てきたので、彼と連絡を取りつつ久しぶりのデパートウインドウショッピング。
久しぶりにハンズの売り場も見てみました。いいなぁと思うもの、欲しいと思うものも数々あれど、ただ今持ち物の減量中なので見るだけ。

だったのに、ひとつだけ連れ帰ったのが、絵本。
タカシマヤの上にある三省堂でRINGOと待ち合わせしていたのですが、私が売り場に着くとちょうどそこに絵本コーナーが。
本当に小さな子が読むようなものから置いてあって、甥っ子のところのUクンならもうこれくらいならわかるかな?などと思って眺めながらRINGOの到着を待ちました。
そして彼と落ち合った場所の目の前にあったのが「りんごかもしれない」という本。

RINGOと一緒にいて、りんごの本、ですか?とツッコミを入れたくなるような話ですが、中をぱらぱらと見て、りんごひとつでこんなに豊かな発想が出来る作者の柔軟な頭に感心しましたねぇ。
この作者、ヨシタケシンスケさんの別の本も何冊か置いてあったのですが、どれも面白い。子ども時代に誰でも思ったことのあることを描いてあって、多分誰でも「あるある」と思うはず。
この「りんご」の続編とも言うべき「ぼくのニセモノをつくるには」とどちらを連れ帰ろうかと散々悩んだんですが、結局は彼の絵本としての第一作の「りんご」になりました。RINGOと一緒にいて見つけた本だし。
これも図書カードがあったから買いましたけど、絵本ってそこそこ高いですからね。
図書館に行って借りるという手もありますが、なかなかそこまで足を延ばせません。
昨日はこの他にも面白いと思う本を何冊か発見してしまいましたが、買うのはもっとよく考えてからにしたいと思います。

昨日お昼を食べに入ったのは、タカシマヤの8階にあるハンバーガーのお店、ルイス。
ハンバーガーと言っても結構なお値段がするもので、味もファーストフード店のそれよりずっとグレードが高い。
RINGOはハンバーガー、私はサンドイッチをいただきました。
窓に面した席にふたりで並んで腰かけると、目の前に開業が迫ってきた大名古屋ビルヂングがそびえ立っています。
ビルヂング、はビルディングの書き間違いではありませんので、念のため。
昔から駅前にあるビルで、建て替え工事が進められていました。
私にとっては昭和レトロな雰囲気だった昔のビルが、以前の名古屋駅の駅舎とともに名古屋駅前を象徴するものだったので、建て替えは非常に残念ではありました。
でも老朽化や耐震化のことを考えると、仕方ないのでしょう。
でもビル名のロゴは昔と全く同じだし、なんとなくビルの色合いも以前のものと似ているような気がして、そのあたりはなんだかうれしく感じました。
ここには名古屋初出店の伊勢丹が、小規模ながら入ることになっていて、それも楽しみのひとつ。
たまにしか出かけない名古屋駅方面ですが、出かける度に景色が様変わりで、私はお上りさんか浦島太郎のような気分になります。

RINGOとお昼を食べながら、こんな年末に街中でゆったりした気分で過ごすのって初めてなんじゃないかなぁと思いました。たった3時間弱だったけど(笑)。ここ数年は12月にバイトが入っていましたし。
時間や気持ちに余裕を持った年末がいいのか、それとも年内はバタバタするけれど年明けはゆっくりのほうがいいのか。
それによって、もし来年も区役所で使ってもらえるのなら、シフトの希望を考えなくてはいけないな。

さてそのRINGOは先ほど東京方面へと出かけました。彼女と3泊4日で、帰ってくるのは元日の夕方かな。
平均年齢が極めて高い、初めての年末年始となります。
食糧の大量消費者である彼が不在なので、おかずを作り過ぎないようにしなくちゃね(苦笑

それぞれの一年

昨夜日記を書いたあとに今年の残りの日数を実感しました。押し迫ってきたな、という感じ。
時は大晦日も元日も変わらず粛々と流れていくのに、この年の境目の気分ってなんとも言えませんね。
たとえて言えば、年末の今は強く押されている紙鉄砲の中の空気で、年が明けると鉄砲玉が飛び出して力が抜ける、というのか、その空気が解放されたような。私はそんな気がしています。

その昨日、私は少々体調を崩しまして、というほど大げさなものではありませんが、まずお昼近くにお腹を壊しました。
朝から少々緩かった感じはあったのだけれど、お昼前に小腹が空いて、ちょうど半分残っていたりんごがあったので、それを半分だけ食べた直後に、あ、痛たたた、となりました。
ノロだったらどうしよう!!??と思ったりしましたが、その時吐き気はなかったので(小腹が空いたくらいですからね:笑)、冷えだとかそういうものがあったのでしょう。
でもそれからしばらく食欲も低下。夕方までにはなんとかほぼ平常に戻りましたけど、夜になって今度は右側の腰から脚に違和感。
夕方からHEICO夫婦が来ていて晩ごはんを食べていったのですが、畳に座っている時間が長かったからでしょうか。そっちの不調はまだ続いています。
確か明日くらいまでは整形外科もやっていたはずなので、リハビリに行こうかと思います。もう年内はいいか、と思っていたのにね。

今年は年の初めから医者通いが多かった私。
歯医者での歯の治療も半年かかったし、中性脂肪値が激悪でこちらも半年間薬を飲み続けましたし。
お伊勢さんに行って悪化した腰から来る脚などの痛みで、リハビリ通いも復活しちゃったし。
年齢的にこれからもっと医者に通うことが増えてくるのでしょう。

話変わって、一昨日平和堂へ行ったあと、買いたいものがあったので私ひとりアピタに向かいました。
ついでにATMで仕事の通帳記入をしようと向かうと、25日だったことや金曜ということもあってか、人が多め。特にゆうちょのATMに人が多く、私が使いたい地銀のATM近くまで人が並んでいました。
私がそこへ行こうとした一歩手前で、ゆうちょのATM操作を終えたひとがさっと前に入りました。割り込んだわけではないのでそのまま待っていましたが、そのひとが操作を終わって立ち去る時、知人のMさんということに気がつきました。同時に相手も私に気づいて、「あ」と互いにひと声。

しかし、私はその後二の句を口にすることがなかなか出来ませんでした。
彼女の様子があまりに変わっていたからです。

Mさんのご主人は今年5月に他界。
Mさんのご主人と相方、Mさんの義父にあたるご主人のお父さんと義母、そしてMさんのふたりの息子さんとうちの子どもたちふたりがそれぞれ同級生という、なかなか稀有な間柄。
下の子ども同士は幼稚園から高校までずっと同じで、高校のときMさんと私は3年間PTAの役員を一緒にしていました。
Mさんのご主人は床屋さんで、相方はずっとそちらでお世話になっていました。
夫婦それぞれがすごく仲が良くどこかへ遊びに行ったり・・・ということは全くありませんでしたが、買い物などで顔を合わせたりすれば「元気?」と声を掛け合う仲ではありました。

Mさんは私と違ってスタイルもよく見た目も若くて、私は羨ましく思っていましたが、昨日ぱっと顔を見た瞬間は別人かと思うほど変化していました。ご主人が亡くなった当初でもあれほどではなかったけれど・・・
痩せたせいもあるでしょうけれど、疲れてやつれたという印象。
私と判った瞬間に「元気?」とMさんのほうから声をかけてくれましたが、私は笑って「うん」というだけで精一杯でした。
それぞれが忙しい年の暮れ、そこで笑顔で別れたものの、こういうときに適切な言葉がすっと出てこない自分に残念感いっぱい。

冷静に考えれば、そこで気のきいた言葉をかけたとしても、また後で色々思うんでしょうね。かけた言葉が空々しくなかったか、とか。

時の流れはどのひとにも同じ速さで流れていくはずなのに、苦しみや悲しみのさ中にいるひとにとっては、その流れの速度はいろいろに感じられるでしょう。時が止まったまま、というひとも多いはず。Mさんもおそらくそうなんじゃないかな。
往々にしてつらく悲しいときほど時の流れは滞って感じられるような気がします。
一年が、あっという間に感じられるのは、本当はとても幸せなことなのかもしれないな、と思った次第。

視察(笑)

クリスマスも終わって、お正月準備の買い物にはまだちょっと早いかな?という昨日、先日オープンしたばかりのスーパー、平和堂へ行ってみました。
もう少し後で、とも考えていましたが、このタイミングならさほど混んでいないだろうし、アピタにちょっとしたものを物色するついでがあって、しかも大量に買わなければならないものもなかったので、ぶらぶら歩いて行くことにしましたが、RINGOにその旨を告げると「行こうかな」というので一緒に。
専門学校生だったときにはスーパーの水産部門でバイトをしていたこともあるし、家電量販店に勤めていたので、こういう流通業界にはちょっと興味があるみたいです。

ホームセンターを中心としたショッピングモールとは別棟で、平和堂と衣料品のしまむら(これも直近に出来てうれしい)などが入っています。
入口近くにはセルフサービスのカフェがありましたが、値段表を見たらごく普通の喫茶店並みの値段で、コーヒーが400円。シビアな名古屋の下町の住民がセルフでこれだけの金額を払ってコーヒーを飲もう、と思うかなぁ・・・
お昼すぎという時間帯もあってか、客数は2、3人いたかしら?というところ。
その隣にはどれでも1個108円のベーカリー。私がたまに行く新瑞橋のイオンにもありますが、そこよりは規模が小さめで品数も少ない。でも金額的にちょっと買っていこうかな、という気持ちになりますね。私も、つい(苦笑

さて、肝心の平和堂。
野菜売り場から始まる、お約束の商品配置でしたが、並べ方が少し違ってこじゃれて(苦笑)いました。
そして全体的に陳列棚が低めで見わたしやすい。この低めの陳列は私のようなおちびにはとてもありがたいところ。
商品配置の案内表示も、天井からのものだけでなく棚にもあって、ものが探しやすかったです。
一番うれしかったのは、RINGOのアナフィラキシー騒ぎの後、未だに使い続けている米粉のカレールーが売っていたこと。今まで新瑞橋のイオンか、生協でたま~に取り扱いがあるときにまとめて買っていたけれど、これで買い置きしなくて済みます。
魚売り場より肉売り場の方が少し広いとか、惣菜売り場が結構充実しているなとか、次から買い物に来るときの参考にしたいところはざっと見て、ちょっとだけ買い物して終了。

ここへ買い物に来るときのネックとしては、敷地の奥のほうにあるので駐車場を行き来する車にかなり注意を払わなければならない、というところ。それまで道路がなかったところに新たに道も出来ているので、もしかしたらスムーズに行くルートがあるかもしれませんが、しっかり確認しなかったのは失敗でした。
慣れたところが買いやすいのはもちろんですが、選択肢が近くに増えたのは消費者としてはやっぱりありがたい。ここに住んでいれば一応買い物難民にならずに済みますから。

今回はしまむらには立ち寄りませんでした。行けば余分なものを買いそうな気がしたし、そういうことを見越して賢明にも?財布のなかにお金を足して行かなかったし(笑
あそこを覗くには、安さに負けない強い心を持って臨まなくてはね。
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード