FC2ブログ

6月は休載

明日からバイト再開です。
当然のようにブログはお休みですが、週末についても来月はなかなか更新出来そうにありませんので、1カ月間は完全休載する予定です。
そういうときに限って、「ちょっと、聞いて聞いて~!」みたいな話が出るかもしれないんですが(笑)。

このところ眠りの質が悪くて、日中眠くて仕方ありません。
花粉症の薬を飲んでいるせいもありますが、それなら夜ちゃんと眠れればいいのに、昼間の眠さといったらもうどうしようもなくて。これで明日からちゃんと仕事が出来るんだろうか?と我ながら心配。

私がお世話になっている区役所では、どの課でも同じ業務内容でも季節的に忙しいときがあります。
たとえば市民課では年度末など人の移動時、保険年金もそうですね。
でも私が仕事をしている民生こども課では、様々な業務でほぼ一年中忙しい、ような気がします。
来月はそのなかでもトップクラスの忙しさになる、児童手当関係の業務。
子どもを持っている人にはもうお馴染みですが、年に一度の現況届の提出月にあたっていて、保険証のコピーとともに郵送または窓口持参で提出しないと手当の支給が滞る、というもの。
まだうちの区役所は子どものいる世帯の数はそれほど多くないのですが、それでも約1万世帯ほど。
郵送の場合は開封して中身を出し、コピーが既に貼られている場合はよしとして、そうでなければ余白を切り取って貼ったり、消し込み作業や保護者の勤務先の変更のチェックなど、単純作業に近いとはいえ、数の多さと個人情報を取り扱うということで体力気力を使います。

6月はまだ冷房が入りません。
ここ数年は冷房の入る会議室を確保してもらって作業するのとバイトの人数を増やしてもらったので、以前よりはかなり楽になった、とはいうものの、ピークが見込まれる第一月曜は多分目の回る忙しさになるでしょう。
おまけにその日あたりは、ほぼ毎月行われる民生委員の会長会の準備も重なります。
なにしろ係長が変わったばかりで手がかかる(苦笑)ので、それを考えると・・・・・・あぁ、しんど。やる前からこれじゃどうしようもないですが(笑)。

私が6月にバイトに入るのは2年ぶり、いや3年ぶり?とにかく久しぶりのこと。
前回は一番忙しかった日、帰宅後はバテバテでしたが、今回はどうかしら?当時より一人多いのでなんとかなるかな?とは思っていますけど。
少し仕事が落ち着いた時点で、中休みを一日もらえたらなぁと思います。
あとは梅仕事よねぇ・・・これをいつやるか。
最初の週末はログへ行くことがほぼ決定しています。次の週末は法事があるし、その前にヘアカットにも行かなくちゃ。
来月のログ行きはその1回くらいにしておきたいと私は考えていますけど、相方はどうでしょうねぇ。畑にはいろいろ植えてあるし。

なにかと悩ましいことだらけ、ではありますが、体に気をつけてひと月乗り切りたいと思います。7月になったらまた覗きに来てくださいね。
スポンサーサイト



カテゴリ分類に悩んでしまった(苦笑)

昨日、名古屋ボストン美術館で「ルノワールの時代」展を観に行きました。
10時からの開館に合わせて家を出たのですが、もしかしたら人の列が出来ているかも・・・なんて恐れていたのだけれど、全くの杞憂でした。チケット売り場には当日券を買う数人の列がありましたが、展示室に入ってもがらんとしていて、ちょっと拍子抜け。
13年ぶりに来日したという、ルノワールの「ブージヴァルのダンス」の前にも誰ひとりいなくて、そのおかげでしばし独り占め状態を楽しみました。

緑色の壁に掛けられた「ブージヴァルのダンス」。
壁のグリーンと絵の女性(ユトリロの母親で、自身も画家だったシュザンヌ・ヴァラドン)のドレスのピンクといい対比になっていました。
そういえば私が人生で二度目に観た展覧会は「ヴァラドンとユトリロ」展だったことを思い出しました。
この絵の他にも、以前観たことのある絵が数枚ありましたね。
印象に残っているのはドガの風景画。有名な「踊り子」のタッチと違って、外の光の描き方がうまいなぁなんて思ったり。
それから凱旋門を描いた水彩画やドーミエの諷刺画も面白かった。

でも作品数もそれほど多くなく、空いていたので観るのに時間はかかりませんでした。1300円の割にはちょっと・・・な印象。
展示室の外にあった映像コーナーで展覧会の紹介ムービーを観ても1時間足らず。
少々残念感の漂う展覧会になってしまいました。

この名古屋ボストン美術館は2018年で閉館することが決まりました。
以前からそういう話がありましたが、やはり・・・という印象です。
交通の便はよいものの、周囲の環境を考えるとやはり浮いた存在ではありました。

そのあと栄に移動して早めのお昼を済ませ(うかうかしていると展覧会を観るよりお昼を済ませる方が時間がかかってしまう)、仕事で使う造花を買いに岡本造花店へ。
ジューンブライドの6月が近いこともあって、入口近くにはブーケがたくさんディスプレイされていました。
昨日はいつも行う呉服屋さんの室内坪庭の模様替えの材料として、観葉植物を何種類か仕入れました。
以前は本物の観葉植物を使っていましたが、商店街の歩道に設置されていた屋根が撤去され(地震のときなどに危ないということで)、南向きのお店のなかにまで日差しが強く差し込むようになってしまったために、呉服屋さんのほうから提案されてほぼ毎回造花で、ということになりました。

造花と言ってもお値段はバカになりませんが、観葉ものは値段が低めのものでもあまり見劣りがしないので、高いものとうまく組み合わせて使うことに。
うまく組み合わせて、なんて偉そうに書きましたが、ちゃんとうまく行くんだろうか???と我ながら半信半疑(苦笑)。
たかが畳1枚分ほどのスペースですが、それだけに制約もあります。
でも、仕入れてきたことはいいけれど、いつ模様替えするんだろう?今月はもう難しいし、来月の平日は私はバイトで、最初の週末はログへ、次の週末はヘアカットと法事が控えています。どーすんだ???

それに明日は明日で保育園の園庭や外回りの花壇に植える花を仕入れに行くんだけれど、お金が出て行く勢いが激しいのに、入ってくる気配がないぞっ!(オ~マイガ~)
今日はクレーンつきトラックを車検に出したしなぁ・・・
美術館といい我が家といい、どちらも財政状況は非常に厳しいものがありますが、我が家は閉館ならぬ閉店、というわけにもいきませんので、なんとかやりくりしなくてはね。

これは買って正解、でした

昨夜、寝付いて1時間ほど経ったあとだったでしょうか。マメの大きな鳴き声で目が覚め飛び起きました。
よく歩き回っているうちに肢がよれよれになってごろんと横たわり、起き上がることが出来なくて鳴き叫ぶことがほとんどなのですが、昨夜の場合はちゃんと?立っていました。認知症から来るものだったかもしれません。
いずれにしても甲高くて大きな声は近所迷惑にも。
布団に戻ってしばらくするとまた鳴いて、というのを1時間ほどの間に3回繰り返しましたが、最初飛び起きたときに頭がクラクラしてしまい、それがなかなか収まらず、こんな状態でバイトが始まったらどうしよう・・・などと考えたらプチ鬱に。

いつもならマメをこよなく愛するRINGOが夜更かしをしていて、マメがこんなふうに駄々をこねたりするとすぐ傍に行ってなだめて?くれるのですが、昨夜は高校時代の友人たちとの飲み会(彼はじんましんのためアルコールは飲みませんけどね)で不在。
普段ならマメが鳴いた時間にはまだ灯りがついていますが、昨夜はそれもなく、そういうのも夜鳴きの原因のひとつだったかもしれません。

思い返すと、ペットショップから連れて帰った小さい頃から、手のかかる犬だったマメ。最後のときまで手がかかってしまいそうです。

話変わって、昨日買い物上手になりたい、という内容の記事を書きましたが、これは買って正解だった!というものがひとつありました。

それは、ガラスの一夜漬け器
ずっと気になっていたもののひとつでした。

結婚した当初、この家には、円柱形のプラスチック製の一夜漬け器がありました。
ふたをしてねじを回すと、ばねの働きで圧がかかるというものでした。
結構大きくてそれごと冷蔵庫に入れることは出来なくて、使ったこともありましたがもっとコンパクトなものはないか、と探して買ったのは高さの低い長方形の、やはりプラスチックのもの。
こちらは冷蔵庫にそのまま入れられてよかったのだけれど、長方形という形だったせいで圧のかかりに偏りが出来ることが多く、仕上がりは今ひとつ。
そのうち使うこともほとんどなくなりお蔵入り。いつだったか断捨離していたときに、処分しました。

で、今回買ったこのガラス製のもの。
たまたま生協のチラシで取り扱いがあり、思い切って買ってみました。リンク先の値段の半分以下でした。今定価?を見てびっくりしたところです(笑)。
私は電子レンジを使っての時間短縮はしませんが、予め材料を切って(今だとキュウリや新ショウガなど)ボウルに入れて塩と塩こんぶを入れてまぜ、しばらく置いたあとで一夜漬け器に入れて取っ手のついたガラスの重しをぎゅっ!と押して放置。これで出来上がります。

どうも最近買ってくるお漬物、特に浅漬けの味が気に入らなくて、最後まで食べきる前に嫌になってしまうことが多くなってきたんです。
自分のところで作れば比較的安心じゃないですか。
食事に出すときには別の容器に移し替えますが、この容器のままでもそんなに見た目は悪くありません。
冷蔵保存にちょうどよいふたがついているもの〇。

ひとつ問題があるとしたら、それほどたくさん漬けられないことくらい。
これで漬けると、相方がすごい勢いで食べるので、すぐになくなっちゃうんです(苦笑)。でも味が変わってしまう前になくなるほうがいいですもんね。

さて、今日は午前中名古屋ボストン美術館に行きルノワールなどの作品を観て、そのあと仕事の材料を仕入れに造花店へ行く予定。帰ってからは食料品の買い出しに行かなくちゃなりません。
昨夜がそんなふうだったし、たいしたこともしていないのに疲れが取れないんですが、バイト再開まであと3日。やるべきことはさっさと片付けておかなくちゃね。

買い物上手になりたい

昨夜は今月3度目のコンサートに出かけてきました。それも同じ会場(苦笑)。
今回が一番楽しみにしていたもので、チック・コリアと小曾根真のピアノデュオ。
全席同値段の9800円(学生は3000円で羨ましい・・・笑)と、行ったなかでは一番高いコンサートだった、にもかかわらず!ほとんどの席が埋まっていました。多分出かけたなかで一番の入りだったと思います。
それだけ多くの聴衆の期待を裏切らない、素晴らしい演奏でした。
知らない曲がほとんどでしたが、クラシックもあったんですよね。
なかでも、東京でN響と共演したモーツァルトの2台のピアノのためのコンチェルトを、それも全楽章、演奏したのにはびっくりでした。

時にJazzyなモーツァルトは、初めて聴きました・・・(笑)

アンコールのときはチックが聴衆に曲に合わせてハミングを要求し、もうノリノリ♪
今年75歳になろうというチックですが、年齢を感じさせない若々しさ。小曾根さんももちろん素晴らしい演奏でした。
チックが円熟した、そして小曾根さんはこれからもっと充実する伸びしろのある演奏と言えばいいのでしょうか。ふたりともこのセッションを存分に楽しんでいるのがよくわかりましたね。

先ほど書いたN響との共演は、7月にNHK(Eテレかも)で放送されるそうです。これは絶対に観ないと!と思っております。

さて、話は全く変わって。

昨日、RINGOとお昼を食べに行ったついでに、家電量販店でパソコンとプリンタを下見してきました。歩いていける範囲にお店が出来たのはとてもありがたい。
パソコンはともかくとして、えっ、と思ったのがプリンタの大きさでした。
買い替えのたびに性能はよくなるものの、それにつれてどんどん大型化し、昨日売り場で見たものは今使っているのより更に大きい。
もちろんコンパクトなものもありますが、使い勝手がどうよ?な感じ。ボタンはあっても表示パネルがないのはどうかなぁ?

一方ノートパソコンのほうは大きさは知れているので、もっぱら価格調査。
今使っているパソコンがNECなので今回もこれでいこうと決めています。
店頭に置いてあるものはその家電量販店向けに作ったもので、仕様やメモリ、オフィスのあるなしなど確認したうえで値段を憶えておき、家に帰ってネットで調べているところ。
プリンタと抱き合わせで値切れるといいかな?(笑)
今度のパソコンのOSはWindows10になるわけですが、さて、使い勝手はどうなんでしょう?
前作8はあまり評判がよろしくなかったようなんですが・・・
98、XP、7ときて、次が4台目になるパソコン。そのパソコンでやることなんですが、機能はよくなっているのに昔より使っていない部分が多くて愕然とします。
もったいない気がしますが、これがないと仕事になりませんしね。

パソコンのようにある程度高額な買い物はもちろん慎重になりますが、些細な日常的買い物もこうありたいもの。
でも慎重に考えて買っても、失敗することは多いです。
つい最近もリネンタオルと洗濯ハンガーで失敗しました・・・
こういうものって使ってみないとわからない部分がありますよね。
たとえばリネンタオルなら、シャンプー後の髪の水けをとって頭に巻きつけたかったのに、ごわごわしているのと長さが少し足りなくて巻けなかったし、洗濯ハンガーはといえば竿を掴むために握るハンドルが固くて力が無駄に必要なのと、服をかける部分が貧弱でした。
どちらもネットで買ったものです。
やっぱり文字の説明や写真だけでは全てはわからないですね。
そういう失敗があるから、これぞ求めていたものだ!というものに出会えたときの喜びはとても大きい。
買い過ぎはいけませんが、失敗を恐れてばかりでも進歩がない。少しでも買い物上手になって、身の周りにあるものが全てお気に入り、という暮らしにしていきたいな。

最適な使い道

我が家のいくつかあるアジサイも少しずつ色づいてきました。
蒸し暑い日々が増えてくる季節ですが、このアジサイの花を見ると爽やかな気分になれますね。
どちらかと言うと青系のものが多いのですが、1つだけピンクのものが色づき始めています。以前仕事で使ったもので、存在を忘れていましたが、花のほうは咲く季節を忘れませんね。
物干しに上がる階段の横にあるタイサンボクもよい香りを漂わせながら大きな花を咲かせています。そしてもうすぐ甘い香りのクチナシも。
花粉症で敏感になっている私の鼻ですが、大好きなタイサンボクやクチナシ、そしてバラの香りなどはかいでも問題ないのがうれしい。でも花の種類によってはムズムズする香りもあります。

さて先日、お金に関する本を1冊買ってみました。
毎年この時期、お金のやりくりに四苦八苦するため、もう少しなんとかならないか・・・と思って買ってみたものです。
どちらかと言えば私よりもっと若いひと向きかと思いましたが、自分のお金に対する意識を高めるには多少効果があったとは思います。

そのなかに書いてあったことに多少刺激を受けて、これはなくてもいいかもしれないと思った、2年前に始めた簡易保険を解約することにしました。
それは終身型の保険ですが、死んでからしか保険金がおりないのではなく、生存お祝金?として私が70歳になると何年かおきに一定額が支払われるもの。もちろんそれをもらうと、死んだ時の保険金はその分安くなりますが、生きているうちにもらえると掛けていても張り合いがあるし、特約をつけておけば病気の時の助けにもなるでしょう、という担当者さんの言葉に、そのときはそうね、と思って始めたわけ。

でもよくよく考えたら、その生存保険金を貰える時まで生きていたとしても、健康状態も含めてそのお金を自分の使いたいように使える状態にあるかどうか。
約12年先に貰えるお金より必要なときに使えるお金のほうが、病気などになったときにも家族もありがたいんじゃないか。
そして、どうせなら自分の好きなように使うために貯めたい。

そう考えたら、月々5千円ちょっとの掛け金を積み立て貯金にでもしたほうがまし、という結論に。
もちろんマイナス金利の今、利子はお話になりませんが。

解約すると決めて、近くの郵便局へ届け出用紙を貰いに行ったら、案の定引きとめられました。そこは新たに積立貯金を始めようと思う、とこちらが職員を説得(笑)。
用紙をもらって帰宅し、すぐに証書などの必要なものを取り揃えました。
証書とともにあった返戻金の説明にあった金額はある程度まとまったものになりそう。金利が下がったので減ることは間違いなさそうですが・・・

そのまとまったお金をどうするか。

とりあえず定期または定額貯金、というのが一番簡単。でもこの低金利時代、本当に預けているだけにしかなりませんよね。
次に思いついたのが、去年などよくCMで耳にしたNISA。
これについては全く無知だったので、それから調べてみました。始めようと思えばかなり少額からでも大丈夫みたいですね。口座の開設は少々面倒らしいけど(住民票が必要なんて全く知りませんでした)。
HEICOの婿殿、Aクンは投資信託か何かやっているらしく、よく株主優待で何か貰ったという話を聞くので、HEICOにAクンが帰ってきたらちょっと話を聞いておいて、と頼んだしばらくあとで、ふと気づく。

ある程度まとまったお金が出来るのなら、このパソコンを買い替えるべき、じゃないのか?

最近は症状が出ませんが、画面がちらついたり真っ暗になったりしたこともあったし、内臓電池が枯渇したようで、電源を完全に切る(コンセントを抜く)と、日付と時刻が2010年1月1日の0時スタートになって、ネットに接続出来なくなってしまう状態が続いています。なのでコンセントは抜けません(抜いたら日付の修正が必要)。
購入して約6年ほど経ったと思いますが、そろそろ頃あいかも。

ここでNISAはばっさりと捨て(苦笑)、HEICOにも先ほどの件はなかったことにしてもらいました。
今度こそ買い替えるときはノートにしよう、と決めていますが、一番大事な会計ソフトが快適に動いてくれるのを最優先に、そして値段もお手頃で、ついでにプリンタも買い替えたい、と願うことは本当に欲張り(笑)。
まぁ頼りになる家電の男が我が家にはひとりおりますので、買うときは彼についていってもらおうと思っております。先日も扇風機を2台買い替えたのですが、そのときももちろん彼を同行。
店員さんが「なにかお困りのことがありましたら」と声をかけてきましたが、「あ、大丈夫です~」と軽くあしらって。訊いたのは在庫の有無くらいだったかな。

あとで郵便局へ行って手続きしてこようと思っています。返戻金の額が楽しみだけど、予想よりかなり低かったら・・・と不安も同じくらいありますね。
まとまった額、とはいえ、それは私にとっての話で、そんな少額、まとまったなんて言えないというひとのほうが多分多いはず。
でもそういうのは本当にひとそれぞれ。
高額であろうと少額であろうと、大切なお金。最適な使い方や貯め方、増やし方を選びたいものです。
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード