FC2ブログ

ここ数日の私

3月19日(土)
仕事のRINGOを除く家族5人で彼岸の墓参。
往路は私の運転。
1時間ほどのドライブだけれど、助手席歴が長くよくわかった道なので、工事個所がいくつかあったものの、わりとスムーズに行くことが出来た。去年末にやはり運転して行ったけれど、そのときよりは少しは運転技術も進歩したかな?と思う。
菩提寺の境内には椿と早咲きの桜がきれいだった。
河津桜?

3月20日(日)
HEICOと熱田イオンへ出かける。
彼女は熱田さん(熱田神宮)へ参拝したいと言うので、待ち合わせ場所までは別行動。
待ち合わせたのは、名鉄神宮前駅から熱田イオンへ向かう途中にある、旅カフェ。
人柄のよさを彷彿とさせる店長ひとりで切り盛りしている、手作り感満載のこのカフェに行くのは二度め。
入口すぐの、カリモク60の椅子を使った席でしばしHEICOを待つ。
店長手書きの新聞などを読んでいると、待ち時間もさほど気にならない。

ほどなくHEICOがやってきて、彼女は旅カフェプレートを、私は焼きカレーをオーダー。
旅カフェでのお昼
いかにも高カロリーな感じ・・・おいしかったけど。
HEICOは200円プラスしてグレープフルーツジュースも。
カリモク60の椅子の前にたたずむグラス
それにしても、ひとりで注文を取って、作って・・・とよくやるなぁ、店長。
ほんわかした雰囲気なんだけれど、動きは結構?きびきびしていて無駄がない。
床の隅っこには結構埃が溜まっていたけれど、まぁ、見なかったことにしておこう(笑

熱田イオンはかなりの人出。あ、20日は5%OFFの日だったな。連休だし。
店内放送で、義援金の呼びかけをしていたが、イオンでは客からの義援金と同額を上乗せするとのこと。
と、ここでちょっと疑問。
当然、客からの義援金が多ければ多いほどイオンからの上乗せ分も増えるということだけれど、それって義援金の強制にならないのか?って思う私は心の狭い人間なんだろうか。
イオンのような大企業なら、上乗せ分とは別に独自の寄付を金額を明らかにして行うべきだと思う。
「上乗せするから、あんたたち(=客)もしっかり協力しなさい」と言われているような気分になってします。
どこかの飲食店で、メニューを20円値上げしてその分を寄付するというのもニュースで聞いたけれど、それもどこか違う気がする。

寄付とか義援金というものは、自分の意思で行うものであって、強制や強要はあってはならないというのが私の考え。私は自分の意思で義援金を出してきたし、これからもそうするつもり。

3月22日(火)
午後、携帯にメールが届き、誰からかと思ったら区役所の統計選挙係でのバイト友達のHさんからで、生ワカメと大根要らない?というものだった。
ありがたく頂戴することにして、Hさんが自転車で我が家まで来たあと、お茶をしにカフェへ。
Hさんと会うのは2年ぶりくらいだったのだけれど、おそらく10歳くらい?(定かではない:笑)年上の彼女とは何の違和感もなく会話を楽しむことが出来、あっという間に1時間くらいおしゃべりしてしまった。

3月23日(水)
相方と日帰りでログへ。
日帰りで行くのは久しぶり。
今回は畑を耕す目的なので、こちらも久しぶりにトラックで。
こういうときは少しでも通行費を浮かすため、朝ごはん前に出発。
伊勢湾岸道に乗ってから、車中でおにぎりの朝ごはん。これはこれでとても楽しくおいしい。高速に入るとギアチェンジが不要なので、運転しながらでも食べられる。
被災地の人たちには申し訳ないくらい穏やかなよい天気の下、相方は石灰をまいて畑を耕す。
耕すひと

私は窓拭き(今まで一度も拭いていなかった・・・)とお昼の支度など。
それから、去年夏に散々悩まされたスギナの生えていたあたりに、ちょこちょこと顔を出したツクシの収穫。
まだ丈が短くて、ほんの一握りしか採れなかった。次の日月に出かけるときに期待しよう。

帰り道、メールが。
見るとニナリッチ子さんからで、家に戻るとなばなと大阪のお土産が届いていた。
大阪土産と言ってもちんすこうをはじめとする沖縄菓子。
彼女は先日ご子息と大阪まで舞台「テンペスト」を観にお出かけで、そのお土産。
書店でこの「テンペスト」の文庫本を見かけたけれど、琉球王国を舞台とした壮大なお話のよう。
沖縄出身のニナ子さんとしては、どんな感想を持ったのだろう。

3月24日(木)
ヘアカットのために出かける。
寒い日の多かったこの冬は例年より長めにしていた。とは言ってもショートはショートなんだけど。
それでも、両耳はしっかり隠れるほど伸びて、くせ毛が勝手に好き放題な方向にはねて、鬱陶しいったらありゃしない!という状態が2週間ほど前から続いていた。
久しぶりに両耳がしっかり出るくらい短くカットして、う~ん、さっぱりしたっ!
蓮舫大臣と勝負できそうなくらいの短さに。知性と顔じゃ敵わないけど(苦笑

その後、チケットを買ってあったゴッホ展を観るため、地下鉄で移動。
先日会ったHさんも出かけたそうだが、「人の頭観に行ったようなもの」と言っていたけれど、はたしてその通り。
平日にもかかわらず多くの人でいっぱい。
しかも、ゴッホ以外の作家の作品や以前観たことのある作品がほとんど。
いや、別に、何度同じもの観てもいいものはいい、んだけれど、これではゴッホ展というより、ゴッホとその時代展、としたほうがしっくりくる内容だったように感じた。
ゴッホが短い間に試行錯誤しながら変容していった様子を展示構成してあったのだろうけれど、私のように、好きな作品だけじっくり観る、というタイプには向いていない。
絵画研究をするために行くわけではないので、解説も特に必要としないし。
そりゃまぁ、解説を見聞きして味わいが深まるということも否定はしないけれど・・・
会場にいたのはおそらく10~15分程度だったと思う。ちょっと残念な展覧会だった。

その後少し買いものをして、帰宅するとほどなくHさんからメール。近くまで歩いてきて、パセリを持ってきたけど疲れちゃった~、ということで受け取りに。
寒い風の吹く中立ち話をしばし。一昨日会ったばかりなのにねぇ(苦笑
短くなった襟足に風が冷たい。いつになったら冬物が片づけられるのだろう。いや、震災の被災者の皆さんのことを思えばこれくらい我慢しなくては!
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード