FC2ブログ

最適な使い道

我が家のいくつかあるアジサイも少しずつ色づいてきました。
蒸し暑い日々が増えてくる季節ですが、このアジサイの花を見ると爽やかな気分になれますね。
どちらかと言うと青系のものが多いのですが、1つだけピンクのものが色づき始めています。以前仕事で使ったもので、存在を忘れていましたが、花のほうは咲く季節を忘れませんね。
物干しに上がる階段の横にあるタイサンボクもよい香りを漂わせながら大きな花を咲かせています。そしてもうすぐ甘い香りのクチナシも。
花粉症で敏感になっている私の鼻ですが、大好きなタイサンボクやクチナシ、そしてバラの香りなどはかいでも問題ないのがうれしい。でも花の種類によってはムズムズする香りもあります。

さて先日、お金に関する本を1冊買ってみました。
毎年この時期、お金のやりくりに四苦八苦するため、もう少しなんとかならないか・・・と思って買ってみたものです。
どちらかと言えば私よりもっと若いひと向きかと思いましたが、自分のお金に対する意識を高めるには多少効果があったとは思います。

そのなかに書いてあったことに多少刺激を受けて、これはなくてもいいかもしれないと思った、2年前に始めた簡易保険を解約することにしました。
それは終身型の保険ですが、死んでからしか保険金がおりないのではなく、生存お祝金?として私が70歳になると何年かおきに一定額が支払われるもの。もちろんそれをもらうと、死んだ時の保険金はその分安くなりますが、生きているうちにもらえると掛けていても張り合いがあるし、特約をつけておけば病気の時の助けにもなるでしょう、という担当者さんの言葉に、そのときはそうね、と思って始めたわけ。

でもよくよく考えたら、その生存保険金を貰える時まで生きていたとしても、健康状態も含めてそのお金を自分の使いたいように使える状態にあるかどうか。
約12年先に貰えるお金より必要なときに使えるお金のほうが、病気などになったときにも家族もありがたいんじゃないか。
そして、どうせなら自分の好きなように使うために貯めたい。

そう考えたら、月々5千円ちょっとの掛け金を積み立て貯金にでもしたほうがまし、という結論に。
もちろんマイナス金利の今、利子はお話になりませんが。

解約すると決めて、近くの郵便局へ届け出用紙を貰いに行ったら、案の定引きとめられました。そこは新たに積立貯金を始めようと思う、とこちらが職員を説得(笑)。
用紙をもらって帰宅し、すぐに証書などの必要なものを取り揃えました。
証書とともにあった返戻金の説明にあった金額はある程度まとまったものになりそう。金利が下がったので減ることは間違いなさそうですが・・・

そのまとまったお金をどうするか。

とりあえず定期または定額貯金、というのが一番簡単。でもこの低金利時代、本当に預けているだけにしかなりませんよね。
次に思いついたのが、去年などよくCMで耳にしたNISA。
これについては全く無知だったので、それから調べてみました。始めようと思えばかなり少額からでも大丈夫みたいですね。口座の開設は少々面倒らしいけど(住民票が必要なんて全く知りませんでした)。
HEICOの婿殿、Aクンは投資信託か何かやっているらしく、よく株主優待で何か貰ったという話を聞くので、HEICOにAクンが帰ってきたらちょっと話を聞いておいて、と頼んだしばらくあとで、ふと気づく。

ある程度まとまったお金が出来るのなら、このパソコンを買い替えるべき、じゃないのか?

最近は症状が出ませんが、画面がちらついたり真っ暗になったりしたこともあったし、内臓電池が枯渇したようで、電源を完全に切る(コンセントを抜く)と、日付と時刻が2010年1月1日の0時スタートになって、ネットに接続出来なくなってしまう状態が続いています。なのでコンセントは抜けません(抜いたら日付の修正が必要)。
購入して約6年ほど経ったと思いますが、そろそろ頃あいかも。

ここでNISAはばっさりと捨て(苦笑)、HEICOにも先ほどの件はなかったことにしてもらいました。
今度こそ買い替えるときはノートにしよう、と決めていますが、一番大事な会計ソフトが快適に動いてくれるのを最優先に、そして値段もお手頃で、ついでにプリンタも買い替えたい、と願うことは本当に欲張り(笑)。
まぁ頼りになる家電の男が我が家にはひとりおりますので、買うときは彼についていってもらおうと思っております。先日も扇風機を2台買い替えたのですが、そのときももちろん彼を同行。
店員さんが「なにかお困りのことがありましたら」と声をかけてきましたが、「あ、大丈夫です~」と軽くあしらって。訊いたのは在庫の有無くらいだったかな。

あとで郵便局へ行って手続きしてこようと思っています。返戻金の額が楽しみだけど、予想よりかなり低かったら・・・と不安も同じくらいありますね。
まとまった額、とはいえ、それは私にとっての話で、そんな少額、まとまったなんて言えないというひとのほうが多分多いはず。
でもそういうのは本当にひとそれぞれ。
高額であろうと少額であろうと、大切なお金。最適な使い方や貯め方、増やし方を選びたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

+-=0

こんにちは!
強風が吹いて洗濯物が必死でハンガーにぶら下がっています(^_^;)

私は昨年簡保が終わって又、新たに始めています。
年に2回の支払いですので、保証?みたいなものはこれまでと
ほぼ変わりませんが、貯金のつもりで。

実家の父は年金をもらう年に亡くなりましたので、私は60歳になった時点で僅かでも頂く事にしました。殆ど家計の足しくらいかしら。
自分の為に自由に使えるお金があるのは有難いですね。

Re: +-=0

ニナ子さん、おはようございます。

私の年金は確か65歳まで受け取れなかったはず。相方は63歳で一部早めにもらえそうですけどね。
この前保険証券を見ていて、相方の掛けている個人年金が来年からもらえる年齢になっておりました。公的年金とは違って、個人年金はもし亡くなっても残り部分がもらえる、はず。おかげさまでまだ働けるので、その年金は貯蓄に回したいと考えています。
自営業の我が家、国民年金はもらえる額も少ないですからね。

うちの年寄りふたりが今払っているのは簡易保険の特約部分なんですが、あの歳になるともう本人が請求する、なんてことはほぼ無理。いつだったか、義母が入院したあとで請求するのにすごく手間がかかりました。もう解約すればいいのに、とも思うけれどそれも大変なわけで。
私たちの財布が痛いわけでもないので、もう放置(苦笑)。
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード