FC2ブログ

次回は「冠協賛」で?

28回目の結婚記念日の昨日、岐阜県笠松町にある笠松競馬に相方と出かけてきました。
笠松競馬と言えば、競馬ファンでなくてもその名を知っている人も多いオグリキャップが活躍した競馬場。
騎手の安藤勝己もこの競馬場所属から中央へ移籍。最近では、ラブミーチャンという馬が中央へ進出したりと話題はいろいろありますが、経営的にはかなり厳しい状況が続いています。
昨日はオグリキャップ記念のレースが行われるということもあって、私の地方競馬デビューとなりました。

我が家からは途中乗り換えて名鉄電車で40分ほどでしょうか。
そうそう、昨日朝この笠松のすぐ手前の駅で人身事故で運転見合わせがありましたが、出かけるときには電車の遅れも数分になっていてほっとしました。
木曽川=県境を越えるとすぐに競馬場が見えてきます。
コースのなかは緑だけれど・・・・・・特に整備された感はないなぁ。話によると、畑があるとか。
地方競馬なので芝コースはなくダート(砂地)コースのみ。
駅を降りて少し歩き、交通整理のオジサンが笛と旗で結構行き来する車を止めてくれるので急いで横断。そんなところが二か所。
木曽川の土手を降りるとそこが入口でした。おぉ、しょぼいなぁ。電車の自動改札のようになっていて、中京競馬場などは入場券を買うところがあるけれど、笠松はその改札?のところにお金を入れるところがあって、100円を入れて入場するようです。私は一応女性ということで、昨日は無料。あら、ラッキー♪

入るとすぐお迎えしてくれたのが、オグリキャップの銅像でした。

オグリキャップの銅像

銅像の足元にあるケースのなかには、オグリの毛が入っています。たてがみなのか尻尾なのかは不明。そうそう、「たてがみ」って「鬣」って書くんですね!難しい~!!(笑
お宮の松じゃなけれど、私のような笠松初心者は必ずここで記念撮影しているので、すぐ判る。

到着したのが11時半ごろ。少し早いけれど、空いているうちにお昼にしようということで、昨日も書いた「開運カツバーガー」のあるカフェ・イルファンティーノへ。私はカツバーガーはやめて、ランチの唐揚げ定食にしました。
待つことしばし。やってきたカツバーガーと唐揚げ定食。

開運なるか!?

唐揚げ定食

ブラックオリーブは馬蹄を表すのか、はたまた出馬表の本命などの○を表すのかは不明(笑
唐揚げ定食、私は野菜スープを選びましたけど、味噌汁もあります。トマト味で一応いろいろと野菜が入っていましたよ。味は・・・・・・競馬場のご飯としてはまぁまぁ、でしょうか。
カツバーガーなどはテイクアウトも可能です。
この後、隣のお店で串カツも一本ずつ。ああいうところで売っている串カツって、お肉もたいしたことないのだけれど、なんだか妙に魅力的なんですよねぇ。

お腹も満たされていよいよ競馬に集中したい相方。まずはパドックで馬の下見がしたい。一方私は身近で馬が見たくって、ミニチュアホースや誘導馬を探したい。
しかし、笠松初心者の私と、二十何年かぶりで笠松に来た相方。どこがどうなっているのかさっぱりわかりません。競馬場って案内図もほとんどないし。

とにかくコースの見える場所へ出てみました。

にょっきりと立つ高圧鉄塔

ここで、にょっきりとそびえ立つ高圧鉄塔にぎょっ。
こんなものがあるとは・・・・・・
とはいえ、なんとな~くのどかな雰囲気。さすがローカル競馬場。
この写真の左下のほうに、パドックの一部が写っています。えっ!?こんなところにあるの???
もっと驚いたのは、騎手がマイクロバスに乗ってやってきたことでした・・・・・・
普通、騎手は控えの場所から歩いてパドックへやってきますが、ここ笠松はその控えからパドックまではざっと数百メートルはあり、歩いてくるのは結構時間がかかりそう。
そのマイクロバスをはじめとした場内の車も、結構中途半端な年代ものだったりします(汗
建物も、いったい何年前に塗装したままなのか・・・金属部分は錆もかなり出ています。ちょっと大きな地震があったら絶対崩壊すること間違いなし、な感じ。
もう少し改修したらお客も増えるかもしれないけれど、そのためにはお金が必要だし、増収のためには客に来てもらわないと・・・という堂々巡りですものね。

競馬新聞を見ながら検討している相方を放っておいて、私はお馬さんとのふれあいを求めてしばし場内を散策。
ほどなく、お仕事一段落の誘導馬に会うことが出来ました!

お、カメラ目線

有名なおじいちゃん誘導馬、パクじぃことハクリュウボーイではなく、若手?のエクスペルテ号。
ちょっとだけカメラ目線してくれてますよね(笑)あぁ、ハンサムだわ~
誘導のお仕事が終わると、こうしてファンサービスしてくれます。

別の場所では、ミニチュアホース二頭がちびっこサービスしておりました。

ミニチュアホースは子どもたちのお接待
こちらは男の子。もう一頭女の子がいます。
最近、鞍とガウン?を新調してもらったそうです(提供は楽天競馬)。

肝心の競馬ですが、どのレースもどこか迫力に欠けるなぁ・・・頭数も少ない(昨日はマックス10頭)し。
馬体も中央の馬に比べると小ぶりで、筋肉があまりないように見えます。私が見てもそう思うのだから推して知るべし。

さて、地方競馬ならではのユニークなもの。それは、レースにタイトルをつけられるというもの。もちろん、有料ですが。
昨日は結婚にちなんだものが2つと退職記念というのがひとつの計3つありました。
他にも、会社の創立○周年記念とか、○○ちゃんお誕生日記念、みたいなものも。
RINGOに聞いた話だと、テレビゲームに出てくる女の子の誕生日記念、というものもあったらしい。ホンマかいな???(苦笑

今回、私はオグリキャップ記念とそのひとつ前のふじの花特別というレースの馬券を買いました。
昨日は競馬新聞のほぼ記号どおりに入着という、非常に固い馬券が多い日で配当はとても低く、私の買った3枚の馬券も全て当たったけれど儲かるどころか若干の損になってしまいました。

全部当り馬券です、一応

生まれて初めて三連複とったのに、100円の投資に対して130円しかつかないという結果。
これを私たち親子は「う○こ馬券」と呼んでおります。
2レースで2000円投資して返ってきたのは1540円。まぁ、これくらいの損で楽しめたからよしとしましょう。ちなみに、相方は3000円の投資で返還は1000円ちょうどでした。
帰りに場内で売っていた野菜(こんなもの売っているのも、いかにも地方)を少し買い、残った小銭を震災の募金箱に入れて、28回目の結婚記念日のイベント終了となりました。
さきほど書いた、レースにタイトルつけられる、という話。「冠協賛」といいますが、再来年の結婚30周年記念にやらない?と相方に聞いたところ、「オレ、目立つことイヤだし」だって。
目立つって言ったって、誰もあなたが当人だって知りゃあしないわよ(苦笑
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは。
ご夫婦で競馬観戦、
なんのかんの言いながら楽しそうな雰囲気(笑。
当市にも昔競馬場があって昭和49年に廃止。
今は総合体育館が建つ公園に姿を変えていますが
年配の方は今も「競馬場跡」って言いいますよ。
すぐ近くに競輪場もありこちらは運営継続中。
私は中に入ったことはないんですけど
熱い戦いが繰り広げられてるんでしょうね。

Re: No title

ちろるさん、おはようございます。
競馬場って広々としていて、結構気持ちいいんですよ♪
ただ、たばこを吸わない私たちにとって、流れてくる煙がちょっと残念賞なんですが(苦笑
そういえば、息子は自転車乗るのは好きだし自転車レース観るもの好きだけど、競輪はしないなぁ。
馬という、人間の意思だけで完全にコントロール出来ない生きものが加わる「思いがけなさ」が面白いと思うし、何よりかわいいです!さすがに馬をペットには出来ませんが(笑
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード