FC2ブログ

田舎は「学校」

全身に乳酸蓄積、の朝です。あぁあちこちが金属疲労ならぬ筋肉疲労・・・まだ私にも筋肉が残っていたんですね(苦笑
ここ数日屋外作業が続いていましたが、昨日はそれまでの疲れが取れないまま一番ハードな作業日になってしまいました。
相方の手伝いで剪定した枝葉の掃除をしたわけなんですが、狭い庭ならではの大変さでした。
広い庭なら体の動きが妨げられないので比較的簡単に作業出来ますが、狭いうえに樹木は年月を経てかなりの大きさに育っています。当然ごみは多いし幹や枝がひしめきあって、太めの私がちょっと移動しようにもしゃがんだり立ち上がったりで、「えんやこらさ」といちいち手間がかかるのですよ。
今日明日はお暇をいただいているので、その間に回復したいと思いますが・・・これがなかなか回復できないところに歳を感じるのよね。

昨日別の話になって、本来書こうとしていたことを今日は書きたいと思います。

先日ログへ行ったときのこと。
いつもと違う経路でトラックを走らせていたところ、上り坂のカーブで目の前をなにやら小さいなものが横切りました。
咄嗟に猫、と思い、いやちょっと小さいな、子猫?いや違う。それじゃネズミ?いやいや尻尾が太いぞ。あっ!

リス、でした。書くと長いですが気づくまでのこの間多分1秒ほど。

そういえばこの日、中央道の瑞浪I.C.を過ぎたところの電光表示に「○○キロ先動物侵入あり」と出ていました。初めて見ましたねぇ。よく標識にイノシシやら鹿、サルの絵が描かれたものがありますが。

で、先ほどのリス。急ぎ足で横切りましたが、走るというより跳んでいるという感じ。ウサギの走りに似ていました。栗鼠と書きますがネズミの走りとは違うなぁ。アウトドア生活だから?(苦笑

便利のよいところではありますが、ログの建っている場所は人家もまばらで自然が豊か。リスも走るわけなんですけど、別のときにはちょっと目の前をオオタカ(未確認ですが、多分)を、先日は雉のお父さん(笑)が飛んで行きました。ちょっと高い場所の利点ですね。
私も相方も野鳥観察が好きなので、こうした野鳥が来るとおおはしゃぎです♪

秋になりカエルの姿がめっきり減り、虫たちの活動も終わりに近づきつつありますが、理科の自然観察にはもってこいだな、と思いますね。

さて、私が疲れてしまうくらいの収穫だった里芋。
一昨日芋を整理しているときにやっと写真を撮りました。

一部ですよ、あくまで(笑

これで氷山の一角ならぬ芋山の一角(笑
そして、ご立派な?根っこ。

稲庭うどんかひやむぎか?

里芋はジャガイモ同様、種イモを植え付けますが、ジャガイモが種イモを切って植えつけるのに対して、里芋はそのまま植えつけます。
そしてジャガイモの種イモは腐ってなくなってしまいますが、里芋は違う。子孫をたくさん育てつつ自らも大きく成長するのであります。
この里芋の親イモを見るたび、人の親もこうでなくては・・・としみじみ思うのですよ。

それにしても、この里芋といい他の葉物野菜といい、店頭で売られている状態にするには本当に手間暇がかかるのです。根を切る、洗う、揃える、袋に入れる・・・と文字で書けばそれだけのことですが、先日たった20袋の青菜を袋詰めするだけで、本当にしんどい思いをしました。しかも洗う工程は省いたにもかかわらず。
今はよく子どもたちの体験学習で農作業をさせている学校がありますが、子どもだけでなく大人も一度体験するといいと思いますね。
高いとか農薬がどうこういうわりに見栄えを重視したりとか、消費者はとかく勝手なことばかり言いますが、一度やってみるとそういう言葉は簡単に口に出しちゃいけない、ということを身をもって知ることが出来ると思いますね。
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

ですよね

フランスのスーパーの野菜なんてみんな不揃いでした。
でも自分でいいと思うものを選べば済む事だし、
見た目なんてたいしたことじゃないと私も思います。
綺麗にする手間を省けばそれだけコストかからなくて
価格も低くできるのでは。

里芋の根っこ本当にすごい、生命力を感じますね。
私はおでんによく入れます。じゃがいもみたいに煮崩れしないので。

Re: ですよね

アイランダーさん、こんばんは。

おでんに里芋、ですか。私は入れたことないですね。ジャガイモも入れないけど。
うちの里芋は結構軟らかいのであまり煮ると崩れるかもしれません。親芋のほうがいいのかな?
なんでしたら送料着払いで送りますよ♪
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード