FC2ブログ

意外な展開

週末に外泊で帰宅していたRINGO。
検査もいよいよあと2日の予定だった昨日、診察時に主任医師からこんなふうに言われたのだそうな。

いろいろ検査してみたけれど、小麦、まあは運動+小麦ではっきりとした症状も出ないので、疲れとストレスから反応したと思うから、小麦も摂って構わない。なまものはしばらく避けて・・・

そのことをメールで知らされた私は、目が点状態。

確かに、本人も私たち家族もハラハラしながら臨んだ検査でも、特に目立った症状は出ませんでした。蕁麻疹の数がちょっと増えたくらい。
その蕁麻疹も、小麦全面禁の食事を摂っていてもなぜか出る、という・・・もちろん運動のあるなしに関わらず。

検査について私は以前から少々不満に思うことがありました。
それは、検査時に摂る小麦食がうどんやそうめんで、パンのようなグルテンをたくさん含むものでないこと。
それから、いつも食後に運動なのだけれど、食前に運動というパターンでの検査がないこと。彼が気分を悪くしたのは食前に運動していたケースばかりだったからです。

そう主治医にもお話したんですけどねぇ・・・なかなか受け入れてもらえません。
本当に食物依存性運動誘因性アナフィラキシーなら、同じ検査でも症状が出るのかもしれませんけど。
原因食物だって、小麦だけとは限らないし。

これまで散々気を遣って小麦除去食を作ってきたのに、急に小麦食べていいよ、と言われてもなんとなく怖いものがあるし。それはRINGOも同じ。

そこで昨日午後、主治医に相談して、間食にパンを食べることになりました。
それも大胆に、ただのパンではなくハンバーガー(苦笑
それもシンプルなハンバーガーではなく、彼が最初に救急車で運ばれたときに食べたのと同じもの。

いきなりこんなん食べて大丈夫かしらん・・・と内心ハラハラしながら様子を見守っていました。
さすがに最初にひと口かぶりつくときは若干の躊躇が見られましたけど(そんなんならフツーのパンにしとけばいいのにねぇ)、いざ食べ始めたらなんてことはなく。
私もふた口ほど横取り?しましたが、ぺろりと完食。
症状が出るときには食べている途中でも出るものだけれど、しばらく経っても変化なく。それこそ蕁麻疹がひとつふたつ増えたかな?くらい。
運動したわけではないので、これだけで大丈夫!とも言い切れないけれど、安心材料のひとつにはなったようです。

今日は小麦食+アスピリン+運動、という三点セットの検査。
これで特に症状が出なければ、多分明日には退院ということになるのでしょう。
今日は台風も接近するので病院には行けないかもしれませんが、無事に終わってほしい。

がしかし

また激しい症状が出ないとも限らないし、蕁麻疹がなかなか収まらないのも厄介かつ心配。
薬を替えてみようか、という話も出たようですが、退院してもまだまだ食べ物などに気を遣う生活は続きそうです。

皆さんにはご心配をいただいたのに、なんだかはっきりと結果が出なくて申し訳ないような気持ちです・・・
これに懲りずに、これからもお付き合いくださいね。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード