FC2ブログ

毎日が試作

火曜日から職場復帰したRINGOですが、翌日の二日間とも強めの蕁麻疹発症。
木曜は本来なら出勤だったのだけれど、疲れもあって金曜の勤務と交代してもらって一日休息。
まる一日休んで、金曜はしゃっきりするかと思ったら、起きてきたときから今ひとつさえない様子。気温も高めなのでいいかなぁ?なんて思っていたら、お昼過ぎに連絡もなく早退して上司に送ってきてもらってびっくりしました。今回は蕁麻疹とか呼吸苦ではなく、どうやらプチ熱中症だったみたい。
バス停まで10分ほど歩いたのと、バス停付近に日蔭がなかったことが原因ではあるだろうけれど、明らかに体力が落ちているからに他ならない。

ついこの前まで自転車でダッシュ通勤だったのにねぇ(苦笑
今日も結局休んでしまいました。いつまでたってもぐだぐだしています。
病は気から、と言いますが逆もまた真なりで。体の不調で精神的にかなりまいっている様子。心療内科にでも行った方がいいんじゃないのかな。

彼がこんな状態なので、心配で相方とふたりしてログに行くことも出来ません。なにしろ義父母とも彼の体調について正しく理解出来ていないので。
「認ちゃん」の義母などは同じ質問を何度も繰り返すので、そのうちRINGOがキレてしまわないかと心配でならない私。おぉ怖~~~!
それでなくても自分の体調がなかなか回復しないのと、勤務先に迷惑をかけていることに対するストレスが溜まっていますからねぇ。ここはある程度開き直るくらいの図々しさ?で臨んだほうがいいと思うのだけれど、私が彼の立場ならやっぱり同じように思うんだろうな。

さて、すっかり小麦恐怖症になってしまったRINGO。
退院後2、3度外で小麦食(パスタとかパン)も食べましたが、家では基本的に避けています。彼のために小麦を使わない調味料を使ってたれやドレッシングなども手作り。本来こうあるべきなんでしょうけど。
たださすがに全てを手作りすることは出来ません。そのひとつがパン。
一度アレルギー対応食品を扱うサイトで冷凍の米粉パンを買いましたが、決して安くないお値段の上配送料がかかり、そうそう買うわけにもいきません。

そこで、親より金持ち(悔しいけれど事実)の彼がぽーん!と買ってくれたのがこれ。

これが「あれ」(笑

ライスブレッドクッカー・GOPANです。

今はパナソニックに吸収されてしまった三洋電機が開発したこのGOPAN、お米からパンを作るという画期的なもの。家電の男・RINGOが言うには、発売当初は三カ月待ちだったとか。

以前からパン好きの多い我が家ではホームベーカリーが買いたいね~、なんてよく話題に上ったものの、実際買うまでには至らず。いや、至らなくてよかった!フツーのものがあったらGOPANを買うことに躊躇したかもしれないもの。
いざ買ったものの置き場所をどこにするか最初悩みました。
本来なら台所(我が家の場合、どう見てもキッチンとは言い難い:苦笑)のどこかに置きたいところですが、コンセントの数も場所も限られているし、既に目いっぱい稼働中。だいたいフロアに空きがない!!

いちいち階段を上り下りするのが面倒ではありますが、結局元HEICOの部屋に置くことに。

このGOPANとともに買ってもらったのが、多森サクミさんのレシピ本

アレルギー対策でいろいろと検索していてヒットしたのがこの本。
そしてパン作りには欠かせないデジタルスケール。今まではアナログ?な針のついた上皿秤を結婚前から使っていましたけど、これだけは自腹を切って一番目盛が細かな0.1g単位まで量れるものを選びました。自腹と言っても2千円ちょっとでしたけど。

最初は機械本体の取説とこのレシピ本の2冊を見ながら試作。
これが結構面倒で大変でした。懲りて作らなくなったらどうしよう・・・なんて内心思っていましたけど。
スイッチを入れてからしばらくは音もせず静かなもの。

ところが、30分ほど経過してからいきなり天井越しに大きな機械音が。
・・・こりゃ聞きしに勝る音量だなぁ・・・
集合住宅だと階下から苦情が来るんじゃなかろうか、と思えるほど。
GOPANで一番大きな音がこのお米をミルで挽いて粉状にするときの音。これが一回につき30秒ほど、10分程度の間隔で鳴り響きます。その他の音は思いのほか静かでした。

4時間ほど経過して焼き上がり。
窓から覗くと、本などに載っているとおりの白い頭が見えています。
この頭が要するに生焼け状態でおいしくないんですけど・・・
付属のミトンでパンケースを持って少し揺するようにしていると、出ました~!

お初の出来栄えは・・・

お、なかなかきれいなキツネ色♪

と思ったら

ありゃりゃのりゃ!勢いよく出し過ぎて、頭を強打し陥没が!!

頭陥没(爆

その後判ったのだけれど、いくら上手に出しても自重(=自分の重み)で割れたりひしゃげたようになったりするんです。でもこれはやっぱり出し損ねですね。

冷めないと本当に切りづらいので2時間ほどおいてからカット。
味は、耳の部分はカリッとしていて、白いところはもっちり!
でも小麦のパンほどのふっくら感には欠けた感じがしましたね。それでもおいしく焼けました。
それから毎日、粉の配合や種類を変えたり、中に黒ゴマやヨモギ(春にログで摘んで冷凍したもの)を混ぜ込んだり・・・と、実験&試作の繰り返し。

発芽玄米を入れてみた

黒ゴマ入り

ヨモギも入れてみた

一番上の写真は白米に発芽玄米をプラスしたもの。普通の玄米をプラスしたレシピに沿って作ったら、ちょっと水分が多かったようです。普通の炊飯器で炊けるようにしてあるんだから、白米のレシピでよかったのね。写真では判りませんが、スライスするとほんのりベージュ色でした。
そして意外なことを発見!
頭の生焼け状態のところをオーブントースターでこんがり焼いて、お醤油をたらして食べるとお餅みたいでおいしいんです!
特によもぎパンのときのはおいしかったですねぇ♪

でもどーしてもふっくら感に欠けます。もっちりもおいしいけれど、なんとかしてもっと小麦パンに近づけたい
と思うのは贅沢、ってもんかしら?
それから生地がもっちり過ぎてカットしづらいのも難点。

私にとっての理想のパンに向けて、まだまだ試作の日々は続きそうです。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード