FC2ブログ

諦めない、そして続けること

相方のインフルエンザは終息に向かっていますが、友人・ニナリッチ子さんが風邪の症状でダウンしている模様。
なにしろ相方が発症する前日の先週月曜日に、ふたりしてバイト先へ相方の運転で送迎してもらっていますからねぇ・・・
私は予防接種を受けていますが、ニナ子さんは今までインフルエンザに罹ったこともなければ、予防接種を受けたこともないという稀有なひと。ご家族が罹っても彼女はうつったことがないらしい。
微熱ということなのでただの風邪かもしれませんけど、早くよくなってもらいたいものです。

さて、昨年末から今年にかけて、整理・収納に関する本を3連発?で購入しました。
去年から続く「整」プロジェクトの参考にするためです。
ものをやたらに増やさないようにしていますが、私の場合、本は別。特にこの手の本は別腹(笑)。不要になったときにすぐ売ったりして処分が簡単だから。

買った順に、生活研究家の阿部絢子さんの「リバウンドなし!覚悟の片づけ」、ライフオーガナイザーの森下純子さんの「片づけたいけど『片づけられない』がなくなる本」、そして整理収納コンサルタント(今やこういう職業もあるんだ・・・)の本多さおりさんの「片づけたくなる部屋づくり」。

このなかで2番目の本については、2、3度読み返したものの近い将来処分対象となりそうなので省略。あとの2冊については何度も読み返して自己「洗脳」(笑

阿部さんの本はタイトルに「覚悟の」なんていう物々しい文字が入っているだけあって、中の文章もかなり力が入った感じで少々引いてしまうところもありますが、書いてあることは至極ごもっとも。
整理収納に対する哲学書のような、生き方や人生論にも通じるような内容でもあります。
私も常々思うのだけれど、こういう片づけをするのには体力気力が必要で、これは歳を取るに従ってどんどん低下する一方。なので、善は急げ!
家族間の物に対する考え方の違いも、家のなかの散らかり方に影響を及ぼします。我が家がまさしくそうなんですが、そういう場合の意見のすり合わせの仕方についても書かれています。ご自身はひとり暮らしで、そういうストレスがなくて羨ましい。私など、毎日がイライラと罵声の日々(苦笑

片や本多さんの本は、といえば、私が買った決めてが帯にあった「自分がラクできる」という大きめの文字。
今年の一文字を「楽」にしたくらいの私にとって、この文字にはビビッと来ましたねぇ~。そう、ひとは楽なほうへ流れていくもの。大変なのは続きません。
ご自身のブログなどから本になったものなので、写真が豊富。
そして2Kという狭くて古い物件に住んでいることもあって、アイデアも多種多彩。どれもが全部自分に応用できるものではありませんが、かなり参考になりました。

ここで少々、私の今現在の片付けに対する考え方を。
片づけの前にまず、清潔であること!
というのも、我が家はすぐに汚れるんです。
私は掃除好きでも、ものすごく几帳面でもありませんが、汚いのが大っ嫌い!生きていく上で、「汚くても平気♪」「埃じゃひとは死なない」という考えに迎合出来ません。埃の中にアレルゲンがある場合だってあるんだぞ!ちなみにうちのRINGOはハウスダストに反応あり。
それから、ラベルなどの文字は大きくはっきりと。
老人・中年各2人ずついる我が家では、小さい文字は書いてないのも同じ。眼鏡なしでも見られるように、マジックででかでかと書くようにしています。もっとも年寄りふたりは書いてあることもスルーする場合もありますが。

将来的には、「あれどこ?」と家族に聞かれることがないような収納にしたいところ。
でもこの前は、認知症の義母が体温計をしまう引き出しを一段間違えていて、あれどこ?状態が発生。これからどんどんこういうことが起きてきますね。
そしてそんな年寄りにとって、収納場所を変える、ということはなかなか対応できないことでもあります。
前途多難ではありますが、ぼちぼちと継続してやっていきたいですね。多分一気にやると、挫折しますから(笑
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード