FC2ブログ

「困」2題

困りごとというもののほとんどは、思いもかけず突発的に起きるような気がします。
今週の半ばに起きた困りごとも、そうでした。

まず、水曜日の朝。
私はほぼ毎日、朝6時半からのラジオ体操を、第一から頚の運動まで行っています。
場所はというとたいていの場合、お世辞にも広いと言えない台所(キッチンとも呼べない:苦笑)。
たまにこのパソコンのある部屋でやるときもありますが、流れで台所になっちゃうのですよね。

狭いながらも縮んでいく一方の体を伸ばすため、出来るだけ大きく腕などを動かしているわけなんですが、これが失敗の元でした。
腕を大きく回す運動のとき、普通に動かしたら多分届かないはずのワゴンの上にあった急須の手に指がひっかかり、賑やかな音と同時に木端微塵に。ラジオ体操どころじゃなくなってしまいました。
大急ぎで大きな破片を拾い集め、掃除機を持ち出して後始末。

このあと困ったのが、お茶をどうやって淹れようか、ということ。

割れてしまったものは多分一般家庭のものより少し大きめだったのですが、我が家でスタンバイしているものはそれよりもっと大きなもの。
大は小を兼ねると言うからいいだろう、と思って使ったら、注ぎ口へ向かう部分についていた茶葉を漉す小さなネットに、深蒸し茶の細かい茶葉が詰まって、お茶がうまく注げません。
でもそのネットをとってしまうと、今度は茶葉が全部湯のみの中へ。これじゃ口中もじゃもじゃになっちゃうので、慌てて茶漉しを使いました。
こんな使いにくいものはどもならん!ということで、バイトの帰りにいつものスーパーの食器売り場へ。
そこそこ数はあるのですが、いったいどれがいいのやら。
柄もなんだかどれも今ひとつ・・・こんなふうに必要に迫られると、品定めする余裕は全くありませんね。買い替えようと考えていたのなら、ネットで探してみるなどもう少し時間をかけて選ぶことも出来ますが。
あまり選ぶのに時間をかけると夕食の準備に差し支えるので、一番我慢が出来る柄で、全体のフォルムもずんぐり丸いものでなく、マグカップをもう少し大きくしたものにふたをつけた、という形の白いものにしました。
軽くて、ステンレスの大きなネットもついていて(今はこのタイプが多いですね)注ぎ口もキレがよさそう。
値段の表示がよくわからず、いくらするのかおどおどしながら(苦笑)レジに行くと、あら、千円ちょっとなんだ。これなら割れても惜しくない?(笑

実際使ってみると思った以上に使いやすく、なにより形がすっきりした縦型なので、ワゴンの上でかさばらなくてすっきりしてかえって好都合。怪我の功名になりました。

このひとつめの「困」はこんなふうに解決できたわけですが、もうひとつの「困」のほうは、なかなか簡単にいきそうになくて・・・・・・

急須を割った翌日の木曜日。
この日は前からヘアカットの予約をしていたので、午前中バイトを休んでいつものように出かけました。
だいたい一ヵ月半のスパンでヘアカットをしているので、次はバイトが終わった6月の初めくらいかな、と考えながら出かけたところ、担当のSさんから思わぬ話を聞かされました。

Sさんは私が行くお店を含む4店舗を経営するオーナーの奥様でもあり、彼女自身もスタイリストもしながらマネージャーとして経営に携わってきました。
そのオーナーであるご主人が、糖尿病の検査数値が悪化して、もしかすると透析を受けなくてはならないかも、というレベルに達してしまったことが発覚。
そのため仕事量を減らなければならないこと、一番新しい小牧の店舗の借入金対策など、いろいろな問題を考慮して、今までの3店舗については「独立」という形をとり、Sさんたちは小牧に集中することにしたようです。

今までも私のわがままをきいてもらって、普段はSさんが立ち寄らない金山の店舗に出向いてくださっていたのですが、今回を最後にそれも出来なくなってしまいました。
Sさんはとても楽しい方で、私はひそかにお店の天照大御神だと思っていて、カットに出かけるたび大笑いさせてもらってストレス発散、髪もさっぱりして、お会いするたびに元気をいただいていたのだけれど・・・止むを得ません。

さて今後。私の髪をどうしよう!!??急須以上に深刻な問題です。
以前の私ならヘアサロンを変えることにはあまり抵抗がありませんでしたが、今はちょっと違います。
変えるにしても、あまりチャラチャラした若いスタッフばっかりのお店もなんだし、かと言って、昔からあるような美容室的なところもちょっとねぇ。
革新的なスタイルはどうかとも思うけれど、保守的で進歩がないのもなんだし。あぁ、悩ましい。

この際だから近くで、とも思ったけれど、どうもねぇ・・・・・・
いっそSさんを追っかけて、小牧まで通おうかな?と真剣に考えたり。まずは素敵なヘアスタイルのひとを捕まえて、どこでカットしているか、聞き込みから始めましょうか。
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

ピンチはチャンス?

こんにちは!
使い勝手の良い急須に巡り会えて良かったですね♪

へカットの場合本当に悩ましい。
カットももちろん大事ですげが、スタイリストさんとの相性も
あります。
私も何度となくヘアサロンを変えようかと思いましたが、
5年以上は同じ方ですので、これから新しい場所という事になると
難しい気もします。暫くは流れに任せてみようかと。

遠くても得るものが大きければそれもご縁かな?
私と同じ所のゆっこさんのカットは好きですよ。

Re: ピンチはチャンス?

ニナ子さん、こんばんは。

急須ですが、今までのよりスッキリした分容量が少なくなったので、注ぐとき何回かお湯を足さないといけなくなりましたが、その他はほぼいいのではないかと思います。
ヘアサロンのほうは、Sさんがとてもよい方なので・・・
でもさすがに小牧は遠いです。たまに行くくらいはいいかもしれませんけどね。かといって今ニナ子さんが通っている以前のお店に行くのもちょっと。最近は女性のスタイリストさんのほうがいいんです、私。Uさん、腕はいいんですけどね。男はもういいわ(苦笑

No title

こんにちは。
私もこないだお風呂場で重曹を入れた大きなビンを落として
こっぱみじん、ほぼ満タン入っていた重曹は
すべてガラスのかけらとともに掃除機へ‥
というのをやらかしまして
かわりのビンを!と家じゅう捜索して適当なビンがなかったので
味付海苔が入っていたプラ容器(ふたはねじ式)にしたら
あ、軽くていいじゃん。落としても割れないし。
と結果オーライでした。あぁよかった。
我が家の急須も縦型、たぶん同じような形ではないかと思いますが
丸いものよりふたのところの開口部が大きくて
洗いやすいのがいいです。
ものが壊れて入れ替わったり
状況が変わってしまったことに対応するのが
若い時より下手くそになっている私ですが
そこはやはり
今の自分の納得できるカタチでいかなきゃ、と
日々模索中。
みんな同じなのかな。

Re: No title

ちろるさん、こんにちは。

今回のように、急にものが壊れた(壊した)とき、つい深く考えず今までと同じタイプのものを探していたことに、あらためて気づきました。こういうときこそ、今までのものより使いやすいものを選ばなきゃ!ですよね。
ちろるさんの重曹の容器も、湿気さえ防げればいいのだから、のりの容器はうってつけですよね。
ちろるさんでさえ状況変化の対応が苦手になっているのだから、私や義父母はなおさらで、つい新しいものの導入を躊躇しちゃいます。
それに急須じゃありませんが、このお皿使い勝手が悪いから割っちゃえ!とはいきませんし(苦笑
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード