FC2ブログ

限界近し

昨日もなんだかんだと言いながら37℃まで気温が上がりました。
現場が近くだった相方は、お昼や仕事の都合で途中家に戻ったその都度「衣装替え」するため、洗濯ものの量がものすごいことに。
おまけに先日ログから持ち帰った掛け布団カバーなんかも洗ったりしたので、いくら洗うのは洗濯機と言っても、相方の洗濯ものの下洗いや干したり取り込んだりを何度もするうち、すっかりバテバテ。

あまりクーラーが好きでない相方も、この暑さで軽い熱中症症状の頭痛が始まり、夕食時からクーラーをつけようと自分から言いだしました。もちろん大賛成!(笑

こんなに暑いというのに、義父母の着ているパジャマはまだ冬のときと同じもの、と書いたら多分ぎょっ!とするでしょう。でも事実です。
クーラーをつけたらそんな冬のパジャマでも「寒い」と義父は言いだしましたけど(笑

問題は笑いごとではなく、義母のほう。
彼女は2階でひとりで寝ていますが、窓はもちろん雨戸も閉めて、クーラーどころか扇風機もつけずに寝ています。もちろん?冬のパジャマで。(ちなみに、扇風機はカバーをかけた状態で置いてあるので、その気になればすぐ使える。でも使わない)
ニュースなどで熱中症で死亡するひとのことを伝えているときには、義父に水分を摂ってとか世話を焼いているのに、あんたのやってることは真逆でしょ!?
認知症だと暑さの感覚もおかしくなるんでしょうか。

今朝の食事のとき、そのことを言ったんです。
でもろくに聴きもしない。

暑さのせいもあって、私のイライラは最高潮。
「あんたみたいなひとが、熱中症で寝ている間に死ぬのよ」と思わず言ってしまいました。

と言っても、まるで他人事みたいな反応しかなく。

ますますいらだった私は、ついつい攻撃的な口調であーだこーだと言ったら、その口調(話の内容は多分全く理解出来ていない)で義母の頭のなかがショートしてしまって、余計にわけがわからなくなっていました。

あーもう、朝から泣きたい気分・・・・・・

今日は町内の廃品回収があってそちらへ行って戻ってから、私は義母と口をきいていません。
認知症のひとには優しく接しなければ、とわかっているけれど、いやもう、とても無理。
私絶対介護職には就けないですね(苦笑

関連記事
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード