FC2ブログ

手作りするなら実用品を:完成したのはのれんだけ、ですが

ここ1週間ほど、頚から肩、肩甲骨のあたりの凝りと痛みが半端ない状態。
それなのに、私がやりたいことやしなければならないことと言ったら、凝りがよりひどくなることばかり(苦笑
昨日も午前中は台所の流しの下の掃除、午後からは先日ネットで買った手ぬぐいを使ったのれん作りと、空いた隙間時間の編み物。ね、こんなんじゃ悪くなることはあってもよくなることは決してない!と断言出来るでしょ?

今までかけていたのれんも、「レトロ小紋」というシリーズの手ぬぐいで、ちょっと懐かしい感じの小さな柄が何種類かある中から、色合いが涼しげで夏にかけるのによさそうと選んだ「ゆうびんやさん」を3枚使って作りました。
そして一週間ほど前のこと。
そののれんをくぐろうとして、結構汚れていることに気づいたと同時に、この色と柄は季節に合ってないことにやっと気づいたのでありました。もう冬近いっていうのに・・・(苦笑

そこで早速ネットで手ぬぐい検索。
別に手ぬぐいじゃなくても作れるんだけれど、なんていうのかしら、布の厚みとか柄がちょうどいいのよね。ちなみにレトロ小紋の手ぬぐいはお値段は手ごろなんだけれどその分布地が薄くて、ミシンで縫う時に糸が引きつれて往生しましたっけ。
楽天で検索したなかで、キッチンという柄の手ぬぐいを見つけました。
モダンな感じでもあるけれどどこか懐かしい感じもする柄。
10センチ単位で切り売りもしているということだったので、2m分購入することに。
他にどんな柄があるか見ていたら、「鳩ぽっぽ」という、鳩飼いの相方に実にぴったりな柄の手ぬぐいを発見。これも買いでしょう♪こちらは文庫本のカバーにするのに充分な50センチだけ購入し、メール便で注文から3日ほどで到着。
のれんは1時間くらいで完成。まっすぐ縫うだけ・・・なんですが、このまっすぐがきれいに縫えないんですよねぇ。糸調子を取るのが難しくて。
のれん作りでアイロンを使ったので、ついでにブックカバー用の手ぬぐいに接着芯を張りつけました。これでいつでも作り始められます。

編みかけのマフラーもそうなんだけれど、編んだり(ミシンじゃなくて、手で)縫ったりする行為は、なんだか気持ちが落ち着くんですよね。無心(私の場合、無心=睡眠、だったりする:笑)になれるからいいのかしらん。
ただ編み物の場合、気をつけないと目を落としそうになることが。かぎ針ならいいんだけれど、棒針編みなので目を落とすと大変だもの。
このマフラー、本当はマフラーにまで編むつもりではなく、当初は仕事のクリスマス用ディスプレイの一部として使うために編み始めたのですが、どうもしっくりこないなぁ・・・と仕事に使うのは取りやめに。
でもせっかく編み始めたのだから、とずるずる編み続けています。
メリノウールの、目も覚めるような真っ赤な毛糸で編んでいるのに、目が覚めるどころか途中で居眠りしそうになることがしばしば。やっぱり寝不足なのよね、慢性的に。これじゃ現実になりつつある総選挙のときが思いやられますわ。
プロフィール

yucco

Author:yucco

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード